“業務システムの内製化”を支援する共通基盤にSpreadJSを採用~お客さまが求めるのは『どれだけExcelに近いか』

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

株式会社NTTデータ イントラマートは、短納期かつ低コストでWebシステムを構築できるシステム共通基盤『intra-mart Accel Platform(イントラマート アクセル プラットフォーム/通称:iAP)』を開発・販売しており、企業の業務改善に寄与している。
今回は、同製品のオプション機能である『IM-Spreadsheet(アイエム スプレッドシート)』の開発に採用された「SpreadJS(スプレッドJS)」について、大西さま、宮脇さまにお話を伺った。

開発概要
開発案件使用製品
IM-SpreadsheetSpreadJS

※ 開発環境で利用するアプリケーションにグレープシティ製品またはグレープシティ製品をカスタマイズしたライブラリを組み込んで、お客さまの製品やサービスとして開発する場合、特別契約ライセンスが必要となります。

キーワードは“ノンコーディング型”の“内製開発”

―はじめに、『intra-mart Accel Platform(イントラマート アクセル プラットフォーム/通称:iAP)』とはどんなシステムなのか教えてください。

大西さま
企業内のWebシステムを共通の基盤上で構築することを可能にする製品です。Webシステムによく使用されるAPIや部品などが一通り揃っているので、1からWebシステムを作るよりは安価に開発することができます。比較的メーカーさんでの採用が多いですが業種に偏りはなく、導入企業は6,000社を超えています。社内の基幹システムとして多く利用され、業務プロセスの可視化や、各部門間を横断するシステムの構築などに使われています。

≫≫ intra-martとは?

大西 直樹 さま
執行役員
開発本部 本部長

―とても多くの企業に導入されているんですね。なぜここまでiAPが導入されているのか、お客さまから見えている傾向はありますか?

大西さま
当社のパートナーはSIerが多いので受託開発での案件も多くありますが、最近は“内製化”というキーワードが強く、プログラムを書く内製ではなく“ノンコーディング型”の内製に移行していると感じています。そういう意味で製品を利用する敷居はユーザーのほうに近付いており、製品の機能強化もデジタルトランスフォーメーション(DX)やユーザー側に視点が当たっていく傾向にあります。ユーザーの使い勝手、利便性、生産性をどう上げていくか、それをユーザーに提供するための仕組み自身が、内製開発という形でノンコーディング型に切り替わってきている形かと思います。

日本企業はExcelが大好き?SpreadJS採用の背景

―今回、ExcelライクなUIを提供するJavaScriptライブラリ「SpreadJS」を、iAPのオプション機能である『IM-Spreadsheet(アイエム スプレッドシート)』に採用いただきました。これにより、iAP上でスプレッドシートを組み込んだWebシステムを構築できるようになったとのことですが、Excelの機能をオプション品として提供しよう、と決めた理由を教えてください。

宮脇さま
日本企業では業務でExcelを利用しているケースが非常に多いため、Web上でExcelとほぼ同じような入力形式や操作感を実現したい、という要望をたくさんいただいていました。また、先ほどもお話したとおり当社のパートナーはSIerが多いので、パートナーからExcelに特化した部品が欲しいという声もありました。

宮脇 駿 さま
開発本部
プロダクトディベロップメントグループ

大西さま
IM-Spreadsheetができる前は、Excelで管理する場面はExcelで管理しながらiAPと併用したり、ActiveXでExcelをまるまる表示したり、ということをやっていました。OSSのライブラリを一部組み込んだりもしたのですが、レスポンスが遅くて遅くて。そして操作感がExcelとは違うので、使いづらいとはよく言われていました。

―OSSというお話もありましたが、有償ライブラリであるSpreadJSを採用した理由は何ですか?

大西さま
正直なところOSSで良いものがあればそれで良かったのですが、この分野になるとOSSで充足できる機能が無いというのが一番の理由です。また、グレープシティは昔からコンポーネントを提供しているので長年の実績があるのと、サポートもしっかりされているだろう、という期待を込めて、SpreadJSを採用しました。

宮脇さま
OSSや他の有償ライブラリとの比較もしましたが、ここまでExcelに類似しているライブラリはSpreadJS以外に無いと思っています。見た目や操作感を出来る限りExcelに近しいものにしていきたい、という思いがありました。

大西さま
「ExcelをWebでやりたい」というお客さまは、大量のデータを大きな表として画面に表示したい、という要望が多いので、レスポンス面も重要でした。SpreadJSはCanvasを利用して高速に描画されているため、とにかく速いので助かっています。パフォーマンスのデモをお客さまに直接見ていただいて、IM-Spreadsheetを導入いただいたケースもありましたよ。

社内外の反響は?『お客さまが慣れているのは“Excel”』

―2018年6月にIM-Spreadsheetをリリースし、反響はありましたか?

宮脇さま
当社のお客さま向けに「Enterprise Web Solution(通称:EWS)」というイベントを定期的に開催しているのですが、2018年10月のイベントでブース展示を行ったところ、一番多くお客さまに来ていただけたのはIM-Spreadsheetのブースでした。当日はIM-Spreadsheetを紹介するセッションも行ったのですが、事前登録で満席になってしまったため、増席するほど人気がありました。

大西さま
EWS自体はRPAやBPMやAIなどをテーマにしたイベントだったのですが、内製化で簡単に、WebでExcelができるというのが受けたのだと思います。1つのExcelファイルをみんなでいじるのが難しい、という課題がお客さまの根底にあり、ニーズが非常にある。実際に触るお客さまが一番慣れているインターフェースや操作感といえばExcelになるので、関心は非常に大きいと感じました。

宮脇さま
社内からの反応も良いです。特に営業担当から、IM-SpreadsheetはExcelと親和性が高いので「お客さま先に持っていきやすい」「誰に話しても分かりやすい」という言葉をもらっています。

≫≫ 【ニュースリリース】NTTデータ イントラマート Excel感覚のUIをWEB上で実現し業務の効率化を促進する「IM-Spreadsheet」をリリース

IM-Spreadsheetのユースケースには、どのようなシステムがあるのでしょうか?

大西さま
よくあるのは予実管理システムです。業務の計画を一挙に管理するものが多いですね。実際にあったお客さまのユースケースでは、各拠点のExcelファイルをメールに添付してデータを集め、誰かが1つにまとめる、という作業をしていたらしいのですが、それをWebで一元化して、各拠点のメンバーに直接入力させるようなシステムを作りました。
このように、これまでExcelで管理していたデータを集約していくというシステムが多いです。予算管理、売上管理、実績管理、備品管理、KPI管理、課題管理など、ワークフローに乗せていくというケースでシステム化されています。

今後の展開

―iAPやIM-Spreadsheetについて、今後予定しているバージョンアップなどはありますか?

大西さま
iAPはこれまでSI向けの製品でしたが、今後は“内製化”というキーワードで、“ノンコーディングで作らない開発”という部分に注力していく計画になっています。その中で、IM-SpreadsheetはExcelライクなUI部品として、配置するだけでお客さまがExcelライクな画面を作ることができ、そこから他のシステムと連携したり、表示したり、編集したりということを、より使いやすくなるように改良していきたいと思っています。

―iAPのクラウド版である「Accel-Mart(アクセル マート)」でもIM-Spreadsheetが使えるようになるそうですね。

宮脇さま
はい。近い将来、「Accel-Mart」の標準機能としてIM-Spreadsheetの搭載を検討しています。IM-Spreadsheet はiAPで大変好評な機能であるため、「Accel-Mart」の目玉機能となることに期待しています。

≫≫ BPM/ワークフローをクラウドで素早く簡単に構築 「Accel-Mart」

―これからも「IM-Spreadsheetで業務改善された」という声が伺えることを楽しみにしています。本日はありがとうございました。


取材協力:2019年3月

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

所在地〒107-0052
東京都港区赤坂四丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ5階
設立2000年2月22日
事業内容・パッケージソフトウェア「intra-mart」の販売
・上記に付帯するシステム開発、保守、教育及び運用
・イントラネット/エクストラネットに関するコンサルティング
・その他付帯する事業(パッケージに付随する機器販売等)
URLhttps://www.intra-mart.jp/

ご紹介した事例内容をPDF形式でご覧いただけます。

PDF版をダウンロードする(849KB/A4・2ページ)