ActiveReports for .NET 14.0J

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる .NET開発コンポーネント「ActiveReports for .NET(アクティブレポート)」の新バージョン「14.0J」を2020年4月15日(水)に発売します。最上位エディション「ActiveReports for .NET Professional」の1開発ライセンス価格は308,000円(10%税込)です。購入から1年間、テクニカルサポートとフリーアップグレードの利用が可能となる保守サービスが付属します。

ActiveReportsは、レイアウトや書式といった外観デザインの設定からデータ接続、印刷およびPDFへの出力設定まで、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えています。
また、「セクションレポート」「ページレポート」「RDLレポート」の3つの帳票デザイン方式を採用しており、帳票タイプに合わせてレポート形式を使い分けることで、日本の帳票開発に求められる生産性と柔軟性を満たすことができます。

新バージョン「14.0J」では、Webアプリケーション開発に関連する機能を大幅に強化し、ページレポート/RDLレポートをASP.NET Coreアプリケーションで出力できるようになりました。また、JavaScriptのコンポーネントとしてブラウザ上で帳票を閲覧できる「JSビューワ(※)」、エンドユーザーがWeb上で帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できる「Webデザイナコンポーネント(※)」を新たに提供します。さらに、ASP.NET Web Forms専用の帳票ビューワコントロール「WebViewer」を刷新し、HTMLビューワ形式で出力した場合の外観や機能を強化しています。

このほか、GS1QRコードやIVS(Ideographic Variation Sequence)文字の出力をサポートするなど、日本固有の要件に対応できる多くの機能を追加し、より柔軟に帳票アプリケーションの開発が可能です。

※ ActiveReports for .NET Professional限定機能

ActiveReports for .NET 14.0J

ASP.NET Coreに対応(ページレポート/RDLレポート)
ページレポート・RDLレポートをASP.NET Coreアプリケーションで出力できます。帳票を出力、表示するには「14.0J」で新たに追加したJSビューワまたはエクスポート機能を利用できます。
また、アプリケーションの運用環境として、WindowsだけでなくLinuxやMac環境もサポートします。

JSビューワ
帳票ビューワをさまざまなWebアプリケーションに組み込むことが可能なJavaScriptコンポーネント「JSビューワ」を追加しました。従来のHTML5ビューワ(※1)と比較して、モダンな外観やズーム機能の追加といった強化が行われています。また、要件にあわせてツールバーなどの外観や機能を自由にカスタマイズすることが可能です。

※1 14.0JではHTML5ビューワは提供されません

Webデザイナコンポーネント(ページレポート/RDLレポート)
エンドユーザーがWeb上で帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できるJavaScriptコンポーネントを提供します。エンドユーザーが利用する機能を制御するなど、開発者は実装する機能を柔軟に設計できます。

WebViewerコントロールを刷新
ASP.NET Web Forms専用の帳票ビューワコントロール「WebViewer」を刷新し、3つの出力タイプ(PDF、HTMLビューワ、RawHTML)をサポートしました。HTMLビューワは新機能の「JSビューワ」をベースに、モダンな外観やズーム機能、エクスポート機能などの機能強化を行っています。

InputFieldコントロール(ページレポート/RDLレポート)
PDFフォームを作成するための新しいレポートコントロール「InputField」が追加されました。文字を入力できる「TextBox」と複数項目から1つを選択できる「CheckBox」の2つの形式を選ぶことができ、PDFエクスポートすると入力フォームとして出力されます。

新しいChartコントロール(ページレポート/RDLレポート)
ページ/RDLレポートのChartコントロール(※2)をリニューアルしました。新しいチャート形式として、線軸と半径軸を使用して2次元のデータを描画する「ポーラーチャート」、カテゴリ全体のアイテムの値を開始角度から円周に沿って表現する「スパイラルチャート」を搭載しています。

※2 従来のChartコントロールは「ChartClassic」コントロールとして引き続き提供します

ページ/RDLレポートの結合機能(ページレポート/RDLレポート)
複数のページレポート、RDLレポートを結合して出力できるようになりました。別個に作成したレイアウトを1つの帳票として出力できます。

GS1QRコードの対応
商品コード(GTIN)と、商品に関連するWebサイトのURLを2次元シンボルとして表示する「GS1QRコード」の出力に対応しました。

IVS文字の出力に対応
デザイナや各種ビューワ・PDFエクスポートでIVS文字を出力できるようになりました。

PDFエクスポートで参照する外字ファイルを指定
PDFエクスポートを実行する場合に、参照する外字ファイルをweb.configで指定できるようになりました。Azure Web AppsのようなPaaS環境など、外字を登録できない環境でも外字を埋め込むことが可能です。

LookupSet関数(ページレポート/RDLレポート)
特定のデータセットから指定した条件に該当するデータを検索し、特定のフィールドの値を複数取得する「LookupSet関数」を搭載しました。
1つのデータ領域内に複数のデータセットから値を表示したい場合に利用できます。

※ ActiveReports for .NET Professionalの限定機能となります

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer