ActiveReportsJS V2J

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、Webシステムに帳票機能を組み込むための帳票開発専用JavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS)」の新バージョン「V2J」を2020年12月16日(水)にリリースしました。1年定額制のサブスクリプション方式の販売です。初回費用は、1開発ライセンスが165,000円(10%税込)、1配布ライセンス(1ドメイン)が660,000円(10%税込)です。なお、開発ライセンス・配布ライセンスの2年目以降のリニューアル(更新)価格は、両ライセンスとも165,000円(10%税込)です。

新バージョン「V2J」の大きな特長は、ActiveReportsJSで開発された帳票を実際に使うエンドユーザー(システム利用者)向けの「Webデザイナ」です。本バージョンから新たに収録されたWebデザイナは、帳票システム開発者ではないエンドユーザーでも、Web上で帳票の新規作成や変更を行うことが可能となります。

システム開発会社が帳票システムを納品後、エンドユーザーから「帳票を微調整したい」と要望されるのはよくあるパターンとして知られています。このような場合にWebデザイナを利用すれば、エンドユーザー自身での帳票修正を可能とするデザイナアプリケーションを簡単に開発できるので、余計な手戻りが発生せず開発会社・エンドユーザー双方のコスト削減につながります。(※)

このほか、JSONデータソースの設定ダイアログを刷新したことにより、Web APIと連携した帳票を開発しやすくなりました。また、階層構造を持つJSONデータにも対応し、マスター詳細形式の帳票の作成がより簡単になりました。

※ Webデザイナは、エンドユーザー自身が利用するシステム内の帳票を作成・編集することを目的とした機能です。Webデザイナを組み込んだアプリケーションを、開発者が別のアプリケーションの開発目的に使用する行為は固く禁止しています。

ActiveReportsJS V2Jの新機能

Webデザイナコンポーネントの新規追加
エンドユーザー(システム利用者)がWeb上で帳票の新規作成や変更を行うためのデザイナアプリケーションを作成できる、JavaScriptのWebデザイナコンポーネントを提供します。

JSONデータソースの強化
JSONデータソースの設定ダイアログを刷新し、「式」を使った動的なエンドポイントの設定や、ヘッダ/クエリパラメータの設定機能など、よりWeb APIを使った開発がやりやすくなりました。
また、階層形式のJSONデータにも対応したので、マスター詳細形式の帳票の作成などがより簡単になりました。

レイヤー機能に対応
レポートデザイナ上に複数のレイヤーを作成し、各レイヤー上にレポートコントロールを配置できる「レイヤー機能」を追加しました。
プレ印字の用紙にデータ部分のみを印刷したり、既存の帳票をスキャンした画像をレイヤーに配置し、トレースしながらのデザインも可能です。

人気のJavaScriptフレームワーク最新バージョンに対応
JavaScript開発で利用されることの多い定番のフレームワーク「Angular」「React」「Vue.js」について、以下の最新バージョンをサポートします。
・ Angular V11
・ React V17
・ Vue.js V3

デモアプリケーションをリニューアル
業種別やレポートコントロール毎に分けられたサンプルレポート、各種データソースとのデータバインディングの方法、エクスポートやAPIの使用方法などを実際のアプリケーションの画面を見ながら体感できるようにリニューアルしました。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer