ComponentOne 2018J v2

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne(コンポーネントワン)」の新バージョン「2018J v2」を2018年7月25日(水)にリリースしました。ComponentOneは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しています。「ComponentOne Enterprise」サブスクリプションの初期費用は1ユーザーライセンスが162,000円(8%税込)となります。

ComponentOneは、業務アプリケーション開発に必要とされるグリッド、チャート、入力支援機能といったUIコンポーネントが1セットになっています。Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーをサポートし、デスクトップからWeb、モバイルアプリまで、多様な開発が可能です。

新バージョン「2018J v2」では、ASP.NET Core 2.1をはじめ、Google Compute Engine、 Xamarin.Forms 3.0といった最新環境に対応しました。ASP.NET Core は、Windows、macOS、Linuxなど多くのOSに対応した、クラウドアプリケーションを構築するためのクロスプラットフォームです。この技術に対応していくことにより、ComponentOneもOSにこだわらないクロスプラットフォーム開発を支援します。

最新環境への対応のほか、ダッシュボード用のUIを構築するためのレイアウトシステム「DashboardLayout(ダッシュボードレイアウト)」や、画面にタブを表示するコントロール「TabPanel(タブパネル)」、チャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」に「ヒートマップチャート」を追加するなど、お客様のニーズに合わせ、新コントロールの追加や機能強化を行っています。

ComponentOne 2018J v2で対応する新環境

.NET Framework 4.7.2
対応プラットフォーム:Windows Forms/WPF/ASP.NET MVC/ASP.NET Web Forms

Windowsアプリケーションだけでなく、XML WebサービスやWebアプリケーションなどWebベースのアプリケーションを最新の環境で開発できます。また、AzureやAWSなど .NET Frameworkをサポートするクラウドサービスでも利用できます。

ASP.NET Core 2.1
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

2018年5月30日にリリースされたばかりの.NET用のオープンソースフレームワーク「ASP.NET Core 2.1」に対応しました。ASP.NET Core MVC用のUIコントロールは、ASP.NET Core 2.1で開発するアプリケーションで利用できます。プロジェクトテンプレートも選択できるようになりました。

Google Compute Engine
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC/ASP.NET Web Forms

Google Compute Engineは、Googleのデータセンターとファイバーネットワークで運用される仮想マシンを提供します。1つのインスタンスからグローバルに負荷分散されたクラウドコンピューティングまでスケール可能です。

Xamarin.Forms 3.0
対応プラットフォーム:Xamarin

Andoroid、iOSおよびXamarinプラットフォームの進化にあわせて常に最新環境に対応します。Xamarin.Forms を使用すると、Android、iOS、UWP間で共有可能なUIを素早く簡単に作成できます。

ComponentOne 2018J v2の新機能

新コントロール:DashboardLayout(ダッシュボードレイアウト)
対応プラットフォーム:Windows Forms/ASP.NET MVC

ダッシュボード用のユーザーインタフェースを構築するためのレイアウトシステムです。データを可視化した画面を要件に合ったレイアウトを選択して配置できます。また、各画面はドラッグ&ドロップで配置を変更したり、最大化/最小化したり自由にレイアウトを変更できます。またレイアウト情報はファイルへの保存と読み込みが可能です。

新コントロール:TabPanel(タブパネル)
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

画面にタブを表示するTabPanel(タブパネル)コントロールを追加しました。シンプルなコードで右図のようなタブが実現できます。縦/横の方向やタブコンテンツ内に他コントロールを表示、タブ部分のスタイル設定が可能です。また、コードで動的にタブ数の増減を制御できます。

FlexChartコントロールの機能強化
対応プラットフォーム:Windows Forms/WPF/UWP

【ヒートマップチャートの追加】
ヒートマップチャートは色を使用してデータ値を表し、大規模で複雑なデータをプロットする場合に適した表現です。前景色はグラデーションカラースケール、グラデーションカラー軸、および個別カラースケールでカスタマイズできます。

Visual Studio for Mac用テンプレート
対応プラットフォーム:Xamarin

WindowsのVisual Studio 用と同様のプロジェクトテンプレートを、Visual Studio for Mac用でも提供開始しました。また、新たにEntity Framework用テンプレートも追加し、いずれの開発環境からも利用できます。

ComponentOneについて

Visual Studioでの開発をより便利にする、アプリケーション開発用コンポーネントセットです。
Windowsフォーム、ASP.NET MVC、ASP.NET Web Forms、WPF、UWP、Silverlightのプラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといった数多くのUI部品を提供しています。OSのアップデートや新フレームワークへの対応を迅速に行っており、常に最新技術をサポートしています。
全機能を利用可能なEnterpriseサブスクリプションと、特定のプラットフォームのみに限定したサブスクリプションで利用可能です。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/