ComponentOne 2018J v3

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne(コンポーネントワン)」の新バージョン「2018J v3」を2018年11月29日(木)にリリースします。ComponentOneは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初期費用(イニシャル)は1ユーザーライセンスが162,000円(8%税込)、更新費用(リニューアル)は81,000円(8%税込)となります。

ComponentOneは、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーに対応したUIコンポーネントセットです。デスクトップからWeb、モバイルまで、多様なアプリケーションの開発をサポートします。業務アプリケーションに必要とされるグリッド、チャート、入力支援といった機能を数多く収録しており、1つの製品であらゆる開発に対応することを目指しています。

ComponentOne 2018J v3

新バージョン「2018J v3」では、デスクトップアプリケーション開発用プラットフォームである「Windowsフォーム」を中心に新コントロールの追加や機能強化を行っています。まず、アプリを扱うユーザーが直観的にデータのフィルタリング操作を行えるUIコントロール「DataFilter(データフィルター)」を収録しました。さらに、グリッドのセル内などの限られた領域に折れ線グラフや棒グラフを表示できる新コントロール「Sparkline(スパークライン)」を追加しています。また、デスクトップアプリケーション(Windows Forms、WPF)での継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)を想定した開発を、Azure DevOpsを利用して実施する方法も公開し、最新環境をサポートしています。

なお、2010年より提供していた「ComponentOne for Silverlight」について、Microsoftが発表した2021年の「Silverlight」サポート終了に伴い、2018年12月31日に販売を終了します。ComponentOneは、今後もより一層、最新のテクノロジーに迅速に対応していきます。

ComponentOne 2018J v3の新機能

新コントロール:DataFilter(データフィルター)
直観的な操作でデータのフィルタリングを行うことができるコントロールです。グリッドコントロールと組み合わせることで、データ一覧から条件に基づいたデータを抽出したり、チャートコントロールと組み合わせることで、可視化したデータをさらに絞り込んで表示することが可能となります。

新コントロール:Sparkline(スパークライン)
対応プラットフォーム:Windows Forms

グリッドのセル内などの小さな領域にデータを視覚化できる軽量なチャートコントロールです。棒グラフ、折れ線グラフ、Win/Lossチャートに対応します。

Schedular(スケジューラー)コントロールの強化
対応プラットフォーム:Windows Forms

登録済みの予定を表示する2種類のビュー機能を追加します。
(左)アジェンダビュー:予定の概要のみをシンプルに表示できます。
(右)テーブルビュー:予定の詳細を一覧表示できます。

新コントロール:Simplified Ribbon(シンプリファイド リボン)
対応プラットフォーム:WPF

Office 365の大規模アップデートで実装された新しいリボンのUIコントロールです。編集領域をより広くとれる1列表示のほか、従来の3列表示にも対応しています。

ASP.NET MVC テンプレートの強化
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

スキャフォールディング機能を強化し、MVC用各コントロールの生成、更新をウィザード形式で行うことができるようになりました。ASP.NET Core 2.0にも対応しています。

「DashboardLayout(ダッシュボードレイアウト)」の機能強化
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

グリッド、チャート、ゲージなどのデータ表示コントロールを配置するレイアウトシステム「DashboardLayout」にて、非表示コンテナを表示するコンテキストメニューのアイテムを提供します。また、Escキーによるドラッグキャンセルに対応します。

Xamarin(Android/iOS/UWP)対応の強化
対応プラットフォーム:Xamarin

グリッドコントロール「FlexGrid」では、Android 5.0から導入されたマテリアルテーマに馴染みやすい外観を提供します。また、チェックボックスによる行の選択や、ソート時のアイコンとアイコンの表示位置の変更に対応します。

チャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」では、不規則な間隔で発生した変更を表示するためのStepチャート、合計に対するカテゴリの割合などを視覚化するTreeMapチャートをサポートします。

「ComponentOne for Silverlight」の販売終了
Microsoftが発表した2021年の「Silverlight」サポート終了に伴い、2018年12月31日をもって販売を終了します。

ComponentOneについて

Visual Studioでの開発をより便利にする、アプリケーション開発用コンポーネントセットです。Windowsフォーム、ASP.NET MVC、ASP.NET Web Forms、WPF、UWPのプラットフォームごとにグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといった数多くのUI部品を提供しています。OSのアップデートや新フレームワークへの対応を迅速に行っており、常に最新技術をサポートしています。全機能を利用可能なEnterpriseサブスクリプションと、特定のプラットフォームのみに限定したサブスクリプションで利用可能です。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/