ComponentOne 2019J v3

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne(コンポーネントワン)」の新バージョン「2019J v3」を2019年12月4日(水)にリリースします。1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初期費用(イニシャル)は1ユーザーライセンスが165,000円(10%税込)、更新費用(リニューアル)は82,500円(10%税込)となります。

ComponentOneは、Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーに対応したUIコンポーネントセットです。デスクトップからWeb、モバイルまで、多様なアプリケーションの開発をサポートします。業務アプリケーションに必要とされるグリッド、チャート、入力支援といった機能を数多く収録しており、1つの製品であらゆる開発に対応することを目指しています。

新バージョン「2019J v3」では、Windows Forms、WPF、ASP.NET MVCの各エディションで.「.NET Core 3.0」に対応しました。
また、デスクトップアプリケーション開発用プラットフォームである「Windowsフォーム」を中心に新コントロールの追加や機能強化を行っています。Windowsフォーム用エディションでは、グリッドコントロール「FlexGrid」や入力コントロール「Input」、チャートコンポーネント「FlexChart」などで多数の機能強化を行っています。加えて、Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールを搭載します。メニューやアイコンのカスタマイズが可能なので、お客様の要望に合わせた外観を実現できます。

このほか、ASP.NET MVC用エディションでは、「FlexChart」においてステップチャートの表示に対応しました。また、目盛りのテキストや針型のポインタを表示できる機能が「Gauge」に追加され、より視覚的に情報を得やすくなりました。

ComponentOne 2019J v3の新機能

.NET Core 3.0をサポート
「.NET Core 3.0」に対応しました。
Windows Forms、WPF、ASP.NET MVCの各エディションでNugetパッケージの提供を開始します。

グリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化
●詳細行のサポート
対応プラットフォーム:Windows Forms

「FlexGrid」や「InputPanel」を詳細行として設定できます。選択した行に紐づく詳細なデータを詳細行の「FlexGrid」で表示したり、「InputPanel」でデータの編集が可能です。

●固定する範囲のカスタマイズ
対応プラットフォーム:WPF、UWP

固定する列数および行数をマウス&タッチ操作でインタラクティブに変更できる機能が追加されました。固定する範囲を、行のみ、列のみ、両方、無しのいずれかで設定できます。

●特定セルの再描画によるパフォーマンスアップ
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

編集されたセルのみを再描画できる機能を提供します。更新されたセルのみ再描画することで、パフォーマンス向上に大きく貢献します。

入力コントロール「Input」の機能強化
対応プラットフォーム:Windows Forms

分割ボタンコントロール「C1SplitButton」において、多くのドロップダウン項目があり、リストの領域内にすべてを表示できない場合に、上下に矢印ボタンが表示されるようになりました。矢印ボタンをクリックすることで、リスト項目をスクロールできます。

新コントロール:Ribbon(リボン)
対応プラットフォーム:Windows Forms
Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールです。コンパクトな1列表示のメニュー、ギャラリー、バックステージビュー、ベクターアイコンなどを実装できます。

チャートコンポーネント「FlexChart」の機能強化
●ランタイムデザイナーの統合
対応プラットフォーム:Windows Forms

デザイナーを使用してアプリケーション実行時にチャート要素をカスタマイズできる機能を提供します。この機能を利用することで、データをより視覚的に表現することが可能です。

●ステップチャートの表示
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

訴求力の高いデータ表示を実現できるチャートコントロール「FlexChart」において、「ステップチャート」に対応しました。マーカー付きチャートと面チャートの表示もできます。

「Gauge」の機能強化
●目盛りのテキスト
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

線形・円形ゲージを使用して、1つのデータを分かりやすく可視化する「ゲージコントロール」に目盛りのテキストを表示できます。

●針型のポインタを表示
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

現在の値を指し示す針型のポインタの表示が可能です。

新コントロール:FlexViewer(フレックスビューワ)
対応プラットフォーム:Xamarin

Xamarin.Forms、Xamarin.Android、Xamarin.iOSでPDFの表示、ページナビゲーション、テキスト検索できる機能を搭載しました。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer