ComponentOne 2020J v1

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne(コンポーネントワン)」の新バージョン「2020J v1」を2020年4月22日(水)にリリースします。1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初期費用(イニシャル)は1ユーザーライセンスが165,000円(10%税込)、更新費用(リニューアル)は82,500円(10%税込)となります。

ComponentOneは、業務アプリケーションに必要とされるグリッド、チャート、入力支援といった機能を数多く収録しており、1つの製品であらゆる開発に対応することができます。Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーをサポートし、デスクトップからWeb、モバイルアプリまで、多様な開発が可能です。

新バージョン「2020J v1」では、各エディションで新コントロールの追加や多数の機能強化を行っています。
Windows Forms/ASP.NET MVC/Xamarinのエディションで、多彩な表現力と柔軟性を兼ね備えるグリッドコントロール「FlexGrid」を強化したほか、Windows Forms用エディションには、グリッドやリスト、ツリービューなどに対してフィルタリング操作を提供する「FilterEditor」コントロールが追加されました。
また、WPF 用エディションでは、特定のデータのみが表示されるようにフィルタの条件を設定できる「DataFilter」コントロールを新たに提供します。グリッドコントロールやチャートコントロールと組み合わせることで、データ一覧から条件に基づいたデータの抽出や、可視化したデータをさらに絞り込んで表示することが可能となります。
さらに、ASP.NET MVC用エディションでは、一覧表示や移動などクラウドストレージ上のファイル操作を行うことができるコントロールが搭載され、ファイルを簡単に管理できるようになりました。

ComponentOne 2020J v1の新機能

グリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化
●データ検証の強化
対応プラットフォーム:Windows Forms

データ検証属性のサポートや検証ルールクラスなど、データの検証に関する機能を強化しました。入力エラーを減らすためにかかる実装の手間を軽減できます。

●UIオートメーションのサポート
対応プラットフォーム:Windows Forms

UIオートメーションのGridおよびTableコントロールパターンをサポートしました。これにより、グリッド内の要素へのアクセスが容易になり、より直感的でスマートな形でテストスクリプトを構築することができます。

●複数列のソート
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC

表の中にある複数の列ヘッダを続けてクリックすると、クリックした順にソートができます。列ヘッダにはソートされる順番を示す数字が表示されます。

●フィルター行のサポート
対応プラットフォーム:Xamarin

フィルター行は各セルに入力用のテキストボックスが配置されている固定行で、テキストを入力することでその列内で入力された値が含まれるデータをフィルタリングすることができます。

「FlexPivot」の機能強化
●Top Nフィルタの追加
対応プラットフォーム:Windows Forms

データから上位N件を表示できる機能を搭載しました。Top Nフィルタを利用してデータ分析を簡単に行うことができます。

●FlexChartスタイルの適用
対応プラットフォーム:Windows Forms

データの動的な視覚化や分析を可能にする「FlexPivot」で、「FlexChart」のパレットやスクロールバーなどが利用できるようになりました。

新コントロール:FilterEditor
対応プラットフォーム:Windows Forms
グリッドやリスト、ツリービュー、チャート、マップなどに対してフィルタリング操作を提供するコントロールです。ANDやORによる条件項目をツリー階層表示で設定することができます。

新コントロール:DataFilter
対応プラットフォーム:WPF
直観的な操作でデータのフィルタリングを行うことができるコントロールを提供します。アコーディオンレイアウトを使用したグループの管理や、フィールドのデータ形式に基づいたフィルタ処理が可能です。また、グリッド、リスト、ツリービュー、チャート、マップなどのデータ視覚化コントロールと組み合わせた使用も可能です。

新コントロール:FileManager
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC
クラウドストレージ上のファイル操作(一覧表示、移動、ダウンロード、アップロード、削除)が可能なコントロールを搭載しました。

新コントロール:TransposedGrid(転置グリッド)
対応プラットフォーム:ASP.NET MVC
データグリッドの行と列を入れ替えて(転置して)表示できるコントロールです。行が縦方向に/列が横方向に並んだ表示の並べ方を逆にして、行を横方向に/列を縦方向に並べて表示できます。

※ ComponentOne Enterpriseのみの限定機能となります

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer