Visual Studioで利用するUIコンポーネントスイートのブランド名を変更、さらに配布ライセンスフリーに

「ComponentOne(コンポーネントワン)」

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なUIコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio(コンポーネントワンスタジオ)」について、「ComponentOne(コンポーネントワン)」にブランド名を変更することを発表します。同ブランドの製品は、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、最上位エディション「Enterprise」の1ユーザーライセンスが162,000円(8%税込)となります。

“コンポーネントがひとつに”を意味する新しいブランド名「ComponentOne(コンポーネントワン)」は2018年5月1日(火)より適用されます。

また、これまで同ブランドの製品を使用しWebアプリケーションを開発した場合、サーバーで配布する際に必要となっていた「コアサーバーライセンス(配布ライセンス)」について、同日5月1日(火)から廃止となります。これにより配布ライセンスが無償化され、ユーザーにより利用しやすい仕組みとなります。

※ 対象となるのはバージョン2013J以降のComponentOne Studioです。バージョン2012J以前のComponentOne Studioについては、従来通り配布ライセンスが必要です。

旧ブランド名新ブランド名
ComponentOne StudioComponentOne(コンポーネントワン)

配布ライセンス
旧製品名新製品名
(5/1~)
旧ライセンス体系新ライセンス体系
(5/1~)
最上位ComponentOne Studio EnterpriseComponentOne Enterprise要 ※配布ライセンス
フリー
機能限定
エディション
ComponentOne Studio
for WinForms
ComponentOne
for WinForms
-
ComponentOne Studio
for WPF
ComponentOne
for WPF
-
ComponentOne Studio
for ASP.NET Web Forms
ComponentOne
for ASP.NET Web Forms
ComponentOne Studio
for ASP.NET MVC
ComponentOne
for ASP.NET MVC
ComponentOne Studio
for UWP
ComponentOne
for UWP
-
ComponentOne Studio
for Silverlight
ComponentOne
for Silverlight
-
ComponentOne Studio
for Xamarin
ComponentOne
for Xamarin
-
※ ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVCエディションを利用した場合

同製品は、Visual Studioで利用するための業務アプリケーション開発に特化したUIコンポーネントを数多く収録しています。Windows Forms、WPF、ASP.NET MVC、ASP.NET Web Forms、UWP、Silverlight、Xamarinといったプラットフォームに対応しており、米国をはじめ、日本、中国、韓国でユーザー数を伸ばしています。日本では2013年より定額制のサブスクリプション方式での販売を開始し、2018年で5年を迎えます。各国で愛称として使用されていた「ComponentOne(コンポーネントワン)」にブランド名を変更することにより、読みやすさ、呼びやすさ、親しみやすさをユーザーに提供します。

また、同製品の「ASP.NET MVC」「ASP.NET Web Forms」エディションを利用して開発したWebアプリケーションをサーバーで配布する場合、これまでは開発ライセンスのほかに「コアサーバーライセンス(配布ライセンス)」を別途購入する必要がありました。この制度を見直し、ブランド名が変更となる2018年5月1日(火)より、同製品を利用し開発したアプリケーションについては、すべて「配布ライセンスフリー」となります。今後もお客様の利用しやすさを第一に、お客様の意見を反映しながら製品をリリースしていきます。

なお、Webサイトの製品名や契約書などは、2018年5月1日(火)以降順次変更予定です。次回のバージョンアップとなる「2018J v2」は、2018年7月にリリースを予定しています。