ComponentOne Studio 2017J v1

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」の新しいバージョン「2017J v1」を2017年5月17日(水)にリリースしました。ComponentOne Studioは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、最上位エディションである「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで162,000円(8%税込)、1年単位の更新費用は初回費用の40%である64,800円(8%税込)となります。

ComponentOne Studioは、デスクトップ、Web、UWPアプリ開発を総合的に支援します。新バージョン「2017J v1」では、WPFアプリ開発用エディションに、ガントチャートコントロール「GanttView(ガントビュー)」を追加します。GanttView for WPFは、プロジェクト管理ツールに必要とされる作業計画の視覚化を実現します。

さらに、ASP.NET MVC開発用エディションには、1レコード複数行表示を可能にするグリッドコントロール「MultiRow(マルチロウ)」を追加します。MultiRow for ASP.NET MVCは、フィールド数の多い業務アプリケーションにおいて、関連のある項目をまとめて縦並びにできるため、横方向へのスクロールを減らし効率の良い見やすい画面を設計できます。

また、対応環境に最新の「Visual Studio 2017」「.NET Framework 4.7」を追加しました。ASP.NET MVC用エディションでは、フル機能のASP.NETだけでなくオープンソースとなったプラットフォーム「ASP.NET Core」もサポートします。Visual Studio Codeなどの新世代エディタでコーディングを行い、Linuxサーバーで動作するASP.NETプラットフォームのWebアプリケーション開発で利用可能になっています。

ComponentOne Studioの特長

Visual Studioでの開発をより便利にする、Windowsフォーム、ASP.NET MVC、ASP.NET Web Forms、WPF、UWP、Silverlightアプリケーション用コンポーネントスイートです。プラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナやナビゲーションといった数多くのUI部品を提供しています。OSのアップデートや新フレームワークへの対応を迅速に行っており、常に最新技術をサポートしています。

2017J v1の新機能

GanttView(ガントビュー)
【収録エディション】
Studio for WPF

プロジェクトを効率的にスケジュール、実行、完了するためのプロジェクト管理コントロールです。 プロジェクト計画を見える化する「ガントチャート」を簡単に実現します。GanttViewには、工程管理に便利な以下の機能を備えています。

MultiRow(マルチロウ)
【収録エディション】
Studio for ASP.NET MVC

1レコードを複数行で表示できるグリッドコントロールです。フィールド数が多い場合でも、限られたスペースに必要な情報を効率的に表示できるため、紙伝票のような整理された使いやすい画面を提供できます。機能の特長は以下のとおりです。

※ MultiRowは、ComponentOne Studio Enterpriseをご契約のユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールです。

TreeView(ツリービュー)
【収録エディション】
Studio for WinForms

バウンド/アンバウンド両方に対応した階層データ表示コントロール「TreeView」では、列のCustomContentPresenter プロパティを使用して、TreeViewのノードをカスタマイズできるようになりました。ノードコンテンツのスタイルや書式を細かく制御できるため、画像とテキストのようなオブジェクトの組合せを使用し、デザイン性に優れた独自の定義を各ノードで設定することもできます。

OLAP(オーラップ)
【収録エディション】
Studio for ASP.NET MVC

Excelのピボットテーブルおよびピボットグラフに類似したオンライン分析処理コントロールです。コントロールにデータバインドするだけで、Excelのようなピボットテーブルをアプリケーション上で簡単に作成できます。クロス集計(多次元データ分析)に最適で、何千もの行を数秒で処理して集計します。

※ OLAPは、ComponentOne Studio Enterpriseをご契約のユーザーさまのみご利用いただける限定コントロールです。

InputPanel(インプットパネル)
【収録エディション】
Studio for WPF
Studio for UWP

データの入力フォームのように機能し、各入力コンポーネントのデザイン、レイアウト、外観および動作を管理できるコントロールです。

同日リリース!「Wijmo(ウィジモ)」「Xuni(ズーニー)」

ComponentOne Studioと同シリーズである、「Wijmo(ウィジモ:業務アプリケーション開発支援JavaScriptライブラリ)」、「Xuni(ズーニー:モバイル用業務アプリケーション開発支援コンポーネントセット)」についても、同日に新バージョン「2017J v1」をリリースしています。

ご利用形態に合わせたライセンスのご提供

ComponentOne Studioは、開発環境や運用状況に合わせて、複数ライセンスの割引や、複数年契約のご相談を受け付けています。また、プロジェクト単位、あるいは部署単位での導入を検討したいなど、ご要望に応じてご契約内容をカスタマイズすることも可能です。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/