ComponentOne Studio/Wijmo 2017J v3

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio(コンポーネントワン・スタジオ)」と、業務Webアプリケーション開発用JavaScript UIライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の新バージョン「2017J v3」を2017年12月13日(水)にリリースします。ComponentOne Studio/Wijmoは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しています。初回費用は、ComponentOne Studioの最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスが162,000円(8%税込)、Wijmoの最上位エディション「Wijmo Enterprise」の1ユーザーライセンスが129,600円(8%税込)となります。

ComponentOne Studio(以下、C1Studio)とWijmoは、業務アプリケーション開発に必要とされるグリッド、チャート、入力支援機能といったUIコンポーネントが1セットになったオールインワン・ソリューションです。C1StudioはWindows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーをサポートし、デスクトップからWeb、モバイルアプリまで、多様な開発が可能です。一方Wijmoは、昨今増加傾向にあるJavaScriptでの業務アプリケーション開発をサポートするJavaScript UIライブラリです。AngularやReactといった最新のフレームワークにもいち早く連携対応し、高速/軽量で保守性の高いアプリケーションを実現します。

新バージョン「2017J v3」では、C1Studio/Wijmo両製品で新コントロールの追加や機能強化を行っています。C1Studioの WinForms/WPF/UWPエディションには、グリッドコントロールと連携することで、エンドユーザーによる任意の集計機能の実装が容易となる「ExpressionEditor」コントロールが新たに追加されたほか、ASP.NET MVCエディションにはデータの階層構造と大きさを入れ子の長方形で表す「TreeMap」コントロールが追加されました。Wijmoでは、Visual Studio CodeのHTMLエディタで、Angularコンポーネントのタグや属性をインテリセンスで入力補完が可能となったほか、すべてのコントロールがReactに対応しました。

ComponentOne Studio 2017J v3の新機能

新コントロール:ExpressionEditor(エクスプレッションエディタ)
【収録エディション】
Studio for WPF

アプリケーションの実行時において、値の集計や整形を行うための式を作成・編集するためのエディタです。コードウィンドウと定義済み関数リストで構成されており、リストから関数を選択したり、直接タイプすることで式を生成できます。例えば、FlexGrid をはじめとするグリッドコントロールと連携することで、エンドユーザーによる任意の集計機能の実装が容易になります。

新コントロール:TreeMap(ツリーマップ)
対応製品:C1Studio for ASP.NET MVC

データの階層構造と大きさを入れ子の長方形で表すことができます。ヘッダとラベルはデータ名を表し、長方形の面積はデータの値を表します。

FlexChartコントロールにサンバーストチャートを追加
対応製品:C1Studio for Xamarin

階層データを表示するサンバーストチャートが追加されました。複数のカテゴリを一見でき、外側のリングが中心のリングに対してどのように関連しているかを視覚化できます。

MultiSelectコントロールですべての項目が選択可能に
対応製品:Wijmo

すべての項目を選択するためのチェックボックスを表示できるようになりました。

2017J v3で対応する新環境

[ComponentOne Studio] ASP.NET Core 2.0/Razor Pagesに対応

ASP.NET Core 2.0 および Razor Pages に対応しました。Razor Pages を利用すると、「ページ」、「ページモデル」、「モデル」から構成される MVVM パターンで ASP.NET Core アプリケーションを開発することができます。Razor Pages のページでは、HTML コードのようなタグヘルパー記法で本製品のコントロールを作成することができます。

[ComponentOne Studio] Xamarin.Forms 2.4に対応

Andoroid、iOSおよびXamarinプラットフォームの進化にあわせて常に最新環境に対応します。今バージョンでは、iOS 11とXamarin.Forms 2.4で動作を検証しています。各環境のマイナーバージョンアップにも随時対応する予定です。

[Wijmo]Angular 5/Reactに対応

2017年11月2日にリリースされたばかりのAngularの最新版「Angular 5.0.0」に対応しました。また、これまで一部のコントロールのみ対応していたReactについて、すべてのコントロールで対応しました。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/