DioDocs for Excel/DioDocs for PDF

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズの新ブランド「DioDocs(ディオドック)」を発表します。DioDocsを利用すると、ドキュメントの生成・更新機能をアプリケーションに組み込むことが可能です。開発環境や運用環境で専用ソフトウェアを使うことなく、DioDocsのライブラリをコード記述で操作し、各種文書を生成または更新します。

DioDocsは.NET Standard 2.0に準拠しており、.NET Core、.NET Framework、Xamarinで動作するアプリケーションを開発できます。これにより、Windows、macOS、Linuxはもちろん、iOSやAndroidといったアプリケーション実行環境、クラウドでは仮想マシン、コンテナ、サーバーレスなどの配置方法で、クロスプラットフォームでの動作が可能です。

DioDocsシリーズはドキュメント形式ごとにライブラリを提供します。第一弾として、2018年10月17日(水)にExcelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for Excel」と、PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for PDF」の2つの製品を発売します。

両製品とも1年定額制のサブスクリプション方式での販売となり、イニシャル(初回)価格は、1開発ライセンスが345,600円(8%税込)、2年目以降のリニューアル(更新)価格は172,800円(8%税込)です。

なお、DioDocsを利用して開発したアプリケーションを配布する場合のライセンス費用は無償で、デスクトップ、モバイル、クラウドなどアプリケーションの形式を問わずランタイムフリーとなっています。

DioDocs(ディオドック)に込められた意味

『Dio』はスペイン語で "与えられた"という意味を持ちます。
また、“Do It Ourselves”や“Data Input Output”から頭文字を取っており、文書用ソフトウェアを必要とせずに開発者がライブラリを操作してドキュメントを提供することを目指しています。

DioDocs(ディオドック)の製品ロゴ

DioDocs 製品ラインナップ

製品名概要サブスクリプション価格(8%税込)
【1開発ライセンスあたり】
イニシャル
(初回)
リニューアル
(更新)
ランタイム
(配布)
DioDocs for Excel
(ディオドック フォー エクセル)
Excelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ¥345,600¥172,800無償
DioDocs for PDF
(ディオドック フォー PDF)
PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ¥345,600¥172,800

※ SaaSでの利用や開発環境への組み込みは別途特別契約が必要です。

DioDocs サブスクリプション サービス内容

サブスクリプション契約期間内にご利用いただけるサービスです。

  • フリーアップグレード
    新バージョン、旧バージョン、修正版を無償で提供します。
  • テクニカルサポート
    Eメールによるサポートを回数無制限で提供します。
  • 特別価格(リニューアル価格)での更新
    初回価格(イニシャル)の50% OFFの価格で更新が可能です。

DioDocs サブスクリプション契約期間

  • イニシャル…12か月(ライセンス出荷日から12か月後の月末)
  • リニューアル…12か月(契約満了日から12か月毎の更新)

DioDocs for Excelの特長

Excelファイルを生成・更新するAPIライブラリです。ExcelファイルをコードからAPIを利用することで操作できます。また、環境にExcelを導入することなく利用できます。

高いExcel互換性
ピボット、グラフ、条件付き書式、データの入力規則、数式、図形、スパークライン、およびテーブルといったExcel特有のオブジェクトをそのまま編集できます。また、Excelのオブジェクトモデルと同等なので、Excel VBAのようにオブジェクトを操作できます。

柔軟なカスタマイズ
ワークシートのテーマ(配色、フォント、効果)や、セルのスタイル(書式、罫線、保護など)、埋め込み描画オブジェクト、カスタム関数など利用者の要望にあわせてカスタマイズしたExcelファイルを生成できます。

Excelファイルの読み込みと保存
既存のExcelファイル(.xlsx)をインポートして更新し、上書き保存したり別ファイルとして保存したりできます。Excelで帳票のようにレイアウトしたシートにデータを設定して印刷用のイメージとして保存することも可能です。

DioDocs for PDFの特長

PDFファイルを生成・更新するAPIライブラリです。PDFファイルをコードからAPIを利用することで操作できます。また、環境にAdobe Acrobat等を導入することなく利用できます。

PDF用の包括的なAPI
PDFバージョン「1.7」に準拠したAPIを提供し、レイアウトや機能を損なうことなく、豊富な機能を備えたPDF文書を生成、編集、保存できます。テキストと段落の書式、特殊文字、複数の言語、縦書き、テキスト角度などが保持さるので、完全な形でテキスト描画を再現できます。

100を超えるPDF操作機能
ページの追加や削除、ページサイズ、向きの変更だけでなく、ファイルの圧縮、Webに最適化したPDFの生成など高度な機能もAPI操作で実現します。また、文書にテキストやコンボボックスなどの入力用フィールドを組み込んだPDFフォームの生成も可能です。

PDFファイルの読み込みと更新
PDFファイルを読み込み、テキストやシェイプなどのコンテンツを追加・変更できます。定型文書の加工や、スキャンで取り込んだ画像への内容追加、デジタル署名やセキュリティ設定の追加など、既存PDFファイルを操作し、更新した内容で保存可能です。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/