DioDocsシリーズ

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、ドキュメントを生成・更新する開発支援APIライブラリシリーズ「DioDocs(ディオドック)」の新バージョンを2019年12月18日(水)にリリースします。DioDocsシリーズは、Excelファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for Excel」と、PDFファイルを生成・更新するためのAPIライブラリ「DioDocs for PDF」の2つの製品を提供しています。
両製品とも1年定額制のサブスクリプション方式での販売となり、イニシャル(初回)価格は、1開発ライセンスが352,000円(10%税込)、2年目以降のリニューアル(更新)価格は176,000円(10%税込)です。

DioDocsは、開発環境や運用環境で専用ソフトウェアを使うことなく、DioDocsのライブラリを介してコードを記述し、システムの出力などで利用される文書ファイルを生成または更新することができます。
「DioDocs for Excel」の新バージョンでは、お客様の要望に応え数多くの新機能を搭載しました。

例えば、Excelをテンプレートとして、簡単に帳票を設計できるテンプレート構文に対応しました。テンプレート構文を利用することで、ローコードで効率よく帳票を出力できます。また、縦棒や折れ線、円、横棒などの「チャート」や集計対象のデータを視覚的に絞り込む「スライサー」をPDFにエクスポートする機能が新たに搭載されました。さらに、Excel 2016でサポートされたツリーマップやサンバースト、ヒストグラムといった新しいチャートに対応しました。幅広い種類のチャートを利用して、柔軟なデータ表示が可能です。このほか、PDF出力時にドキュメントプロパティとセキュリティオプションの設定ができるようになり、タイトルや作者の編集に加え、文書に対して実行できる操作を制限できます。

「DioDocs for PDF」では、HTMLページをPDFおよび画像として出力できる機能を追加しました。

DioDocs for Excel V3Jの新機能

帳票を作成するテンプレート構文

帳票に埋め込むデータフィールドや変数、計算式等を設定し、データソースからデータを反映して帳票を作成するまでに一連の処理を、より少ないコードで実装することが可能です。

チャートのPDFエクスポート

ワークシートに追加された縦棒、折れ線、円、横棒、面、散布図、株価、レーダー、組み合わせの各チャートをPDFへ出力できます。

スライサーのPDFエクスポート

集計対象のデータを視覚的に絞り込むことができる「スライサー」をPDFに出力できる機能が追加されました。

Excel 2016でサポートされた新しいチャート

Excel 2016でサポートされたツリーマップ、サンバースト、ヒストグラムとパレート図、箱ひげ図などのチャートに対応しました。見栄えが良く印象に残りやすいチャートでデータを可視化できます。

ドキュメントプロパティ・セキュリティ設定

PDFに出力する際に、ドキュメントプロパティやセキュリティオプションを設定できます。タイトルやサブタイトル、作成者、キーワード、作成日といった文書の基本情報の設定が可能です。
また、PDFを閲覧するユーザーに対して「文書を開くときのパスワード」や「印刷させる/させない」、「編集させる/させない」などの権限を付けられる機能を搭載しました。

ワークブックの保護

ワークブックを保護することで、ワークシートの追加、移動、削除、非表示、リネーム、さらに非表示のシートの参照を実行できないようにします。

チャートのみのシート

チャートのみのシートを作成できます。今まではデータとチャートを同じシートにしか追加できませんでしたが、今回からそれぞれ別のシートへ追加できます。

シェイプのグループ化

複数のシェイプをグループ化することで、それぞれのシェイプの位置関係を保ったまま移動したり、サイズを変更することができます。また、削除もグループ単位で行うことができます。

DioDocs for PDF V3Jの新機能

HTMLページをPDFおよび画像として保存

HTMLページをPDFおよび画像(JPEG/PNG)として出力できます。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer