ポルトガル・OutSystems社がグレープシティ「Wijmo」を組み込んだ「Data Grid」をリリース

グレープシティ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:馬場 直行)は、OutSystems, Inc.(本社:ポルトガル、CEO:パウロ・ロサド、以下:OutSystems社)が開発するローコード開発プラットフォーム「OutSystems」で利用できるコンポーネント「Data Grid」に、グレープシティが提供するJavaScript UI ライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」が採用されたことを発表しました。

「OutSystems」は、大規模/エンタープライズ向けのWebアプリケーションやモバイルネイティブアプリケーションを視覚的に開発できる、ローコード開発プラットフォームです。ソースコードを書くことなくビジュアルにアプリケーション開発が可能で、開発から保守運用までをひとつのプラットフォーム上で実現し、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。日本市場では自動車製造業などの大企業を中心に、多くの導入実績があります。

ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」で利用できるコンポーネント「Data Grid」

今回リリースされた「Data Grid」は、OutSystemsで開発するWebアプリ上にMicrosoft Excel®のようなグリッドの表示、編集を可能にするためのコンポーネントです。同コンポーネントには、グレープシティが提供するJavaScript UIライブラリ「Wijmo」に収録されているグリッドコントロール「FlexGrid」が組み込まれ、高速・軽量で使いやすいグリッドUIをユーザーに提供します。「Data Grid」は、既にOutSystems社より正式リリースされています。

グレープシティは、30年以上業務アプリケーション開発者にコンポーネントを提供してきたベンダーとして、今後もOutSystemsを利用したローコード開発をより一層サポートできるよう、OutSystems社のパートナー企業としてグローバルに支援していきます。

本件に関するお問合せ

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer