Wijmo 2019J v2

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なUIコントロールを数多く収録したJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の新バージョン「2019J v2」を2019年8月21日(水)にリリースしました。Wijmoは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しています。最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は、1ユーザーライセンスが129,600円(8%税込)となります。

Wijmoは、チャートやグリッド、ピボットテーブル、入力コントロールなど、業務アプリケーションに必要とされる機能を数多く搭載するJavaScriptコントロールセットです。
年3回のバージョンアップを行っており、最新技術への対応はもちろん、お客様のニーズに合わせて新コントロールの追加や機能の改善を繰り返しています。

新バージョン「2019J v2」でも、たくさんの機能の強化を行っています。
まず、多くのユーザーにご利用いただいているグリッドコントロール「FlexGrid(フレックスグリッド)」では、セル編集の処理やスクロールの速度が大幅に向上しました。加えて、コード上でデータを更新した際の更新範囲のみ再描画できるようになり、高パフォーマンスを実現します。これにより、ユーザーエクスペリエンス(UX)が向上し、エンドユーザーの業務効率をより高めることができます。
また、数値情報を分かりやすくメーター表示する「Gauge(ゲージ)」で、目盛りのテキストを表示できるようになりました。指定した間隔でゲージの目盛りを表示することが可能です。

このような機能の追加や強化のほか、JavaScriptフレームワーク「Angular」の最新バージョン「V8」に対応しています。Wijmoは特定のライブラリに依存せずに単独で動作するので、ReactやVue.js、Knockoutといった最新のフレームワークとの連携も可能です。

Wijmo 2019J v2の新機能

FlexGrid(フレックスグリッド)の機能強化

【自動的に行の高さを調整】
セルに長い文字列を入力し、列幅に応じて折り返し表示されたときに、文字の行数に合わせて行の高さを自動的に調整できるようになりました。
セルの編集、列幅の変更、ソートの実行後に、コーディングしなくてもセルの内容が全て表示されるように適切な高さに自動的に調整されます。

【複数のセル範囲を選択】
Ctrlキーを押しながらセル範囲をドラッグしたり、セルをクリックすることで、複数のセル範囲を選択できます。

【パフォーマンスの改善】
●特定セルの再描画によるパフォーマンスアップ
編集されたセルのみを再描画できる機能が追加されました。
また、コード上でデータを更新する際も、更新されたセルのみ再描画できるようになり、パフォーマンスの向上に寄与します。

●スクロールの高速化
大量の行と列を設定した場合でも、水平方向、垂直方向へと高速にスクロールすることができます。
スクロール時に画面が固まることなく、スムーズなデータ表示を実現します。

FlexSheet(フレックスシート)の機能強化

セルを選択した後に、選択領域の右下をドラッグして連続データを入力できる「オートフィル」機能の有効/無効の選択に対応しました。

※ Wijmo Enterpriseのみの限定機能となります

FlexChart(フレックスチャート)の機能強化

訴求力の高いデータ表示を実現できるチャートコントロール「FlexChart」において、凡例の方向を指定できるようになりました。
棒チャートや折れ線チャートなど、チャートのタイプに合わせて水平方向または垂直方向に指定できます。

Gauge(ゲージ)の機能強化

【目盛りのテキスト】
線形・円形ゲージを使用して、1つのデータを分かりやすく可視化する「ゲージコントロール」で、目盛りのテキスト表示に対応しました。

【針型のポインタ】
現在の値を指し示す針型のポインタを表示できるようになりました。ポインタは外観のカスタマイズに対応しており、色や長さの調整が可能です。
また、シェイプに関するプロパティを設定することで、ポインタの形状を「ひし型」や「矢印型」などに変更することもできます。

ドロップダウンやダイアログを表示するPopupの機能強化

ポップアップ枠を任意の方向にドラッグすると、大きさを自由に変更することができます。

元に戻す(アンドゥ)/やり直し(リドゥ)

HTML要素やWijmoコントロールで元に戻す/やり直しの操作に対応しました。
Ctrl+Z/Ctrl+Yのショートカットキーやボタンクリックで、行った操作を簡単に元に戻したり、やり直すことができます。

Angular 8に対応

効率やメンテナンス性を重視した大規模開発で多く活用されているJavaScriptフレームワーク「Angular」の最新バージョン「V8」に対応しました。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer