Wijmo 2018J v1

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利なUIコントロールを数多く収録したJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の新バージョン「2018J v1」を2018年3月28日(水)にリリースします。Wijmoは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しています。最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は、1ユーザーライセンスが129,600円(8%税込)となります。

Wijmoは、2013年発売開始以来、年3回のバージョンアップを行っています。このバージョンアップでは、最新技術への対応を追求することはもちろん、お客様からの要望に応える新機能の追加、機能強化・改善を繰り返してきました。今回の新バージョン「2018J v1」でも、ユーザーの声を反映した新機能を数多く追加しています。

例えば、画面にタブを表示するコントロール「TabPanel(タブパネル)」を追加しました。シンプルなコードで、タブ切り替えができる画面を実現できます。また、軽量で柔軟なグリッドコントロール「FlexGrid(フレックスグリッド)」には、特に日本のお客様から要望の多かった「複数行テキストの入力」、「セル内容の均等割り付け表示」、「グリッド領域の端にドラッグした場合のスクロール表示」といった新機能を追加しています。このほかにも、チャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」や、数値入力コントロール「InputNumber(インプットナンバー)」等で機能強化を行っています。

さらに、パッケージ管理ツール「npm」での利用が可能となりました。インストール操作が簡易化され、npm対応のAngularやVue.jsといった他ライブラリやフレームワークなどと同様に管理することができます。これにより、Webフロントエンド開発環境をより構築しやすくなりました。

Wijmo 2018J v1の新機能

TabPanel(タブパネル)の追加
画面にタブを表示するコントロールを追加しました。シンプルなコードで下図のようなタブが実現できます。また、コードで動的にタブ数の増減を制御できます。

グリッド表示コントロールFlexGrid(フレックスグリッド)の機能強化
【複数行テキストの入力】

Excelと同じ操作方法で、セル内に複数行のテキストを入力できるようになりました。
[Altキー]+[Enterキー]で改行を挿入し、[Enterキー]で入力内容の確定ができます。

【均等割り付け】

セル内容を均等割り付けで表示できます。

【終端にドラッグした場合にスクロール】

行または列をドラッグし、グリッド領域の端に移動させた場合に、ドラッグ動作に追随してグリッドの表示領域がスクロールするようになります。

FlexChart(フレックスチャート)の機能強化

チャートコントロールFlexChartで、最小値と最大値を設定してその範囲を表現する形のグラフ「範囲棒グラフ」を作成できます。

PopUp(ポップアップ)ウィンドウの移動

PopUpコントロールを利用し、ポップアップ表示したウィンドウをドラッグして移動できます。

InputNumber(インプットナンバー)の数値表現方法の強化

数値入力コントロールInputNumberで、マイナス記号を任意の文字(▲など)に設定できるようになりました。
また、数値の「+」「-」のボタンを長押し、連続して増減できます。

ピボットテーブルを表現するOLAP(オーラップ)の機能強化
【フィールド表示の強化】

フィールドを階層表示できるようになりました。また、フィールドの種類を表すアイコンの表示や、フィールドの移動を禁止する制御が可能になりました。

【SSASキューブへの連結】

SSAS(SQL Server Analysis Services)キューブに連結できるようになりました。SSASから取得したフィールドを表示して指示した後、サーバーで集計処理を実施した集計結果を表示できます。
集計処理をサーバーで行い、集計値のみに限定したデータを送信するため、処理全体の速度が向上します。

※ Wijmo Enterpriseのみの限定機能となります

npmに対応

Wijmoを、パッケージ管理ツール「npm」で利用可能になりました。インストール操作が簡易化され、npm対応の他ライブラリなどと同様に管理することができます。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://www.grapecity.co.jp/developer/