Benefits

特長

ActiveReports for .NETは、Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる .NET開発コンポーネントです。Windowsフォーム、WPF、ASP.NET、JavaScriptの4つのプラットフォームをサポートし、レイアウトや書式といった外観デザインの設定からデータ接続、印刷およびPDFへの出力設定まで、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えています。エンドユーザーから厳格な要求が突きつけられる日本の帳票開発において、プログラマの負担軽減と生産性向上を目指し、1998年の発売以来開発の現場から圧倒的な支持を得ています。

優れたレポートデザイナ

デザイナがVisual Studioに統合されているため、アプリケーション本体とシームレスに帳票デザインを行えます。操作も直感的にできるので、外観設計にかかる時間を大幅に短縮できます。

豊富なレポートコントロール

ActiveReportsでは、様々な要件の帳票をデザインするための豊富なレポートコントロールを用意。ラベルや振込伝票に埋め込むバーコードや、グラフィカルな帳票に欠かせないチャートも多種類提供しています。

マルチプラットフォーム対応ビューワ

ActiveReportsはWindowsフォーム、ASP.NET、WPF、JavaScriptの4つの開発プラットフォームをサポートしているため、ActiveReports1つでマルチプラットフォーム開発が可能です。

動的なレイアウトの制御

ページレポート/RDLレポートでは「式」を設定して、帳票のレイアウトを動的に制御することができます。また、セクションレポートでは開発者が慣れ親しんだVB.NETやC#でイベントを利用した制御ができます。

様々なフォーマットへの出力

ActiveReportsで作成した帳票は、PDF、Excel、TIFF、HTMLといったさまざまな形式にエクスポートすることができます。

エンドユーザーが帳票の外観を編集可能

Visual Studioがインストールされていない環境でも、帳票テンプレートを編集できる「エンドユーザーデザイナ」を提供しています。顧客の要望や業務ロジックに合わせ、柔軟にカスタマイズ可能です。

3つのデザイン方式を帳票タイプにあわせて選択

ActiveReportsは、「セクションレポート」、「ページレポート」、「RDLレポート」の3種類のレポートデザイン方式を採用しています。帳票タイプに合わせ3つのレポート形式を使い分けることで、日本の帳票開発に求められる生産性と柔軟性を満たすことが可能です。

セクションレポート

DetailやGroupHeader/Footerといった「セクション」ごとにレイアウトをデザインし、データ(レコード)の数だけこれらのセクションが繰り返し表示されることで1つのページを構築するレポート形式です。
大量データの一覧として出力する帳票、データを繰り返し表示する帳票に最適です。
また、Windowsフォームのようなイベントモデルを提供しており、開発者が使い慣れているVB.NETやC#のコードで帳票のレイアウトを柔軟に制御できます。

※ セクションレポートは.NET Coreアプリケーションでは利用できません。

ページレポート

帳票のレイアウトを1ページまるごとデザインするレポート形式です。
印刷結果とまったく同じレイアウトで帳票をデザインできるため、項目の配置が複雑な帳票も簡単に作成できます。
データを繰り返し表示する部分は、ListコントロールやTableコントロールといったデータ領域が利用できます。WYSIWYGデザイナにより直感的にデザインできます。
日本に多い定型のレイアウトの帳票を作成するのに最適なレポート形式です。

RDLレポート

セクションの出力位置やページの用紙サイズといったレイアウト上の制約を意識することなく、自由にレポートコントロールをレイアウトできるレポート形式です。
データを繰り返し表示する部分は、ページレポート同様、ListコントロールやTableコントロールといったデータ領域が利用できますが、データ数に応じてこれらのコントロールは伸長していくので、実行結果はデータ数に依存します。
定型の様式をもった帳票ではなく、データ件数が変化するレポートを柔軟に表示したい場合や、データソースの異なるテーブルやグラフを自由に配置したい場合に最適です。

使いやすいレポートデザイナ

ActiveReportsのレポートデザイナはVisual Studio上で起動し、帳票設計用コントロールをドラッグ&ドロップで自由に配置して直感的にデザインできるので、外観設計にかかる時間を大幅に短縮できます。

Visual Studioに統合されたデザイナ

デザイナがVisual Studioに統合されているため、アプリケーション本体とシームレスに帳票デザインを行えます。
また、プレビュー機能により、最終的な出力を確認しながらのデザインができるので、開発効率が格段に向上します。

豊富なデザイン支援機能

スナップライン、ガイドライン、均等割付、パディング、デザイナの拡大/縮小、パンモードを使って、よりきめ細かなレイアウトを作成できます。
また、レポートパーツ機能により、既存レポートのデザインの一部を簡単に再利用できます。
さらに、ページレポート/RDLレポートでは、レイヤーを使用して、既存のレポートをスキャンした画像を背景に配置し、トレースしながらのデザインも可能です。

マルチプラットフォームに対応した高機能ビューワ

ActiveReportsはWindowsフォーム、ASP.NET、WPF、JavaScriptの4つの開発プラットフォームをサポートしているため、ActiveReports 1つでマルチプラットフォーム開発が可能です。実行時に帳票を表示するレポートビューワについてもそれぞれのプラットフォームに応じたものを収録しています。

Windowsフォーム/WPF用ビューワ

WindowsフォームとWPF、それぞれ専用の帳票ビューワコンポーネントを提供します。
アプリケーションに組み込んで、作成した帳票の閲覧ができるほか、印刷、検索、表示ページ数の切り替え、ページ移動、拡大/縮小、ページ設定ダイアログなど、豊富な機能が標準で使用できます。
また、ツールバーはエンドユーザーの要望に合わせてカスタマイズできるので、不要なボタンの削除や、独自のカスタムのボタンの追加なども可能です。

WebViewer〈Professional限定機能〉

ブラウザで帳票閲覧を可能にするASP.NET Webフォーム専用のコンポーネントです。3つの出力タイプ(PDF、HTMLビューワ、Raw HTML)をサポートします。
レポートをWebViewerコントロールに設定し出力形式を指定するだけで、複雑な処理コードを記述することなく、簡単にWeb帳票を実現できます。

WebViewer基本機能デモを見る

JSビューワ〈Professional限定機能〉

JavaScriptライブラリとして様々なWebアプリケーションに組み込めるビューワです。帳票データを作成するバックエンドの環境には、.NET Frameworkだけでなく、.NET Coreを使用することも可能です。
Angular、React、Vue.jsといった人気のJavaScriptフレームワークにも対応し、iPadやiPhoneでの閲覧もサポートします。また、要件にあわせてツールバーなどの外観や機能をカスタマイズすることもできます。

ExcelやAccessなどの既存資産を活用

インポートツール

Microsoft AccessやExcel,Crystal Reportsで作成したレポートデザインからActiveReports形式へと変換する専用ツールが付属しています。ウィザードにしたがってファイルを読み込み、オプションを選択するだけで簡単にレイアウト情報を移行できるので、既存資産を活用した帳票開発が可能です。
またExcelの場合は、メタ情報をシートに埋め込むことで、Excel上の表をページレポート/RDLレポートのTableコントロールとして取り込むこともできます。

外字出力や電子署名など充実のPDF出力機能

ActiveReportsではPDFを出力する際に、外字出力、電子署名、タイムスタンプ、日本語フォントの埋め込み・非埋め込みの選択、印刷プリセットの設定、入力フォームの出力など、様々なオプション機能が利用可能です。

※ 上記のオプション機能はStandardエディションでは使用できません。

PDF外字〈Professional限定機能〉

外字フォントをPDFファイル内に埋め込んで出力できます。外字はファイル方式とリンク方式の両方に対応しており、Windowsの外字エディタで作成したものから市販のものまで、さまざまな外字を使用できます。また、外字フォントに限らず、任意のフォントセットごとにフォントデータをPDFファイル内に埋め込むか埋め込まないかを選択できます。

PDF電子署名〈Professional限定機能〉

PDFに電子署名とタイムスタンプを付与できます。認証機関から取得した電子IDで署名したPDF文書を作成することで、 文書の改ざんを防ぎドキュメントの真正性と完全性を保証します。

動的なレイアウトの制御にも対応

〈セクションレポート〉コーディングで柔軟なレイアウト制御

セクションレポートはWindowsフォームライクなイベントモデルを提供しています。プロパティの設定だけでは表現できない複雑な制御が必要な場合も、Format/BeforePrint/AfterPrintというイベントを利用して、開発者が使い慣れているVB.NETやC#で帳票を柔軟に設計できます。Visual Studioが持っているコードスニペットやデバッグ機能を活用できるので、アプリケーション本体とのシームレスなコーディング作業が可能です。

〈ページレポート/RDLレポート〉「式」を使ってプロパティを動的に制御

変更したいコントロールのプロパティに「式」を設定することで、動的な変更を実現できます。特定条件の時に出力する値を別の文字列に変換する、明細行を隔行で色分け、といった要望にも対応可能です。

エンドユーザーに帳票の編集環境を提供可能

レポートデザイナ機能を作成できるコントロールが製品に付属しているため、エンドユーザー環境(ActiveReports やVisual Studioのない環境)でも帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できます。実装する機能は開発者が自由に選択できるので、エンドユーザーに変更させたくない部分は利用不可にするといった安全対策もとれます。

Windowsフォーム用デザイナコントロール〈Professional限定機能〉

Windowsフォームでデザイナアプリケーションを作成するためのコントロールを提供します。以下のコントロールを組み合わせてエンドユーザーの要件にあわせたデザイナアプリケーションを作成できます。

  • Designer
  • ReportExplorer
  • Toolbox
  • LayerList
  • GroupEditor
  • ReportsLibrary

Windowsフォームのエンドユーザーデザイナは無償配布可能で追加コストは不要です。

Webデザイナコンポーネント〈Professional限定機能〉

エンドユーザーがWeb上で帳票の新規作成や変更を行えるデザイナアプリケーションを作成できる、JavaScriptのWebデザイナコンポーネントを提供します。
バックエンドの環境には、.NET Frameworkだけでなく、.NET Coreを使用することも可能です。Angular、React、Vue.jsといった人気のJavaScriptフレームワークにも対応しています。

Webデザイナデモを見る

その他の機能/特長

Webアプリケーションでプレビューなし印刷〈Professional限定機能〉

WebアプリケーションでもJSビューワ、またはWebViewer(PDF)を使用して、クライアントマシンに接続されたプリンタへの プレビューなし印刷が可能です。


より使いやすく長期的な運用支援

開発ライセンスは、1ライセンスで3台のマシンに製品をインストールできます。異なるOSでの動作確認や設計作業のたびに、ライセンスの入れ替えを行うといった手間が省けます。

また、開発したアプリケーションを長く運用していただくために、有償による「保守サービス」を提供します。保守サービスの契約期間中は、テクニカルサポート、フリーアップグレードのサービスをご利用いただけます。

保守サービスについて確認する


豊富なサンプルコード付き

製品の基本操作を確認できるVisual BasicとC#両方のサンプルプロジェクトを付属しています。また、製品ヘルプやサンプルコード集、ナレッジベースに多数のサンプルコードを公開しています。

ナレッジベースを見る

基本機能で構成されたStandardエディション

ActiveReports for .NETでは、すべての機能が利用できるProfessionalエディションのほかに、帳票の作成、デスクトップアプリケーション向けのビューワ、各種ファイル形式への保存など、基本機能のみで構成されたStandardエディションをご用意しています。

無料ですべての機能をお試しいただけます

今すぐダウンロードして試す

保守サービス

開発ライセンスのご購入から1年間は無償で保守サービスが付属いたします。2年目以降も保守サービスをご利用いただく場合は、12か月ごとの契約更新が必要となります。

安心と信頼のサポート体制

安心の充実サポート
サポートサービス満足度

技術サポート利用者アンケートより(2016年1月〜2018年12月実施分)

  • 選ばれ続けて30年

    コンポーネントベンダーとして培われた30年の販売実績とサポート経験をもとに、高品質なサービスをご提供します。

  • 豊富なドキュメント

    ヘルプやデモに加え、ナレッジベースでは最新の製品情報をご確認いただけます。

  • E-mailサポート

    開発時に課題が発生した際もご安心ください。
    サブスクリプションをご契約中のお客様は、E-mailによる技術サポートをご利用いただけます。

カスタマーサービス部のインタビュー記事を見る

お得に新バージョンを入手

保守サービス契約期間中にバージョンアップ製品が発売された場合、新たに製品を買いなおさずに最新バージョンをお使いいただける「フリーアップグレード」をご利用いただけます。新しい環境やテクノロジーが登場しても安心です。

保守サービスの詳細については、以下をご確認ください。

保守サービスについて確認する

必要システム

Windowsフォーム/WPFアプリケーション

開発環境

開発ツールVisual Studio 2013/2015/2017/2019
※ Express Editionでは使用できません
開発言語Visual Basic/C#
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019

運用環境

フレームワーク.NET Framework 4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2/4.8
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019

ASP.NETアプリケーション

開発環境

開発ツールVisual Studio 2013/2015/2017/2019
※ Express Editionでは使用できません
開発言語Visual Basic/C#
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019

運用環境

フレームワーク.NET Framework 4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2/4.8
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019
WebサーバーInternet Information Services
ブラウザMicrosoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome

ASP.NET Coreアプリケーション

開発環境

開発ツールVisual Studio 2019
※ Express Editionでは使用できません
開発言語Visual Basic/C#
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019

運用環境

フレームワーク.NET Core 3.1
OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019、Linux、macOS
ブラウザMicrosoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、Safari

JSビューワ/Webデザイナ用JavaScriptライブラリ〈Professional限定機能〉

開発環境

JSフレームワークAngular(V7~V9)、React(V16)、Vue.js(V2)

運用環境

ブラウザMicrosoft Edge、Internet Explorer 11、Chrome、Firefox、Safari
iPad/iPhoneSafari for iPadOS 13以上/iOS 10以上

  • JSビューワ/Webデザイナに表示するレポートは、サーバーサイドで生成する必要があります。サーバーサイドの必要システムは、開発・運用環境ともに「ASP.NETアプリケーション」または「ASP.NET Coreアプリケーション」に準拠します。「ASP.NETアプリケーション」および「ASP.NET Coreアプリケーション」の欄をご覧ください。
  • クラウド環境、並びに仮想環境における製品の対応状況についてはこちらのページをご覧ください。
  • ASP.NET Webアプリケーションの運用環境として、以下のOSのServer Coreオプションをサポートします。
    ・ Windows Server 2016
    ・ Windows Server 2019
  • 対応ソフトウェアはすべて日本語版のみです。日本語版以外の環境での動作は保証していません。ただしMicrosoft Azure Web Appsについては英語環境もサポートします。
  • Visual Studio 2017以降で本製品を使用する場合は、事前に「.NET デスクトップ開発」および「ASP.NET Web開発」ワークロードのインストールが必要です。後からワークロードをインストールした場合は、製品の再インストールを行ってください。
  • 32ビット(x86)および64ビット(x64)の両環境に対応しています。

ライセンス体系

利用範囲ライセンス種別ライセンスの数え方ライセンス価格
開発-ユーザーライセンス本製品の機能を組み込んだアプリケーションを開発できます。1人の開発者(製品の利用者)につき1ライセンス必要です。価格表を見る
-配布コアサーバーライセンス本製品の機能を組み込んで開発したサーバーサイドアプリケーションを運用環境へ配布できます。サーバー1台に対し、プロセッサーのコア数(2コア単位)に応じたライセンスが1つ必要です。
-配布ランタイムライセンス本製品の機能を組み込んで開発したクライアントサイドアプリケーションを配布できます。ランタイムフリーです。

ユーザーライセンス

  • 1つのユーザーライセンスで、同一の開発者が利用するコンピュータ3台までインストールが可能です。
  • 特定の旧バージョン製品をお持ちの方を対象とした、通常よりも安価なバージョンアップライセンスをご用意しています。詳細については以下のページを参照してください。
    バージョンアップライセンスについて詳しく見る

コアサーバーライセンス

なお、製品を以下の用途以外のために利用する場合、特別契約ライセンスとして固定料金やロイヤリティベース等の契約が必要です。

  • 同一法人内で利用するアプリケーションの開発に製品を使用する/社内システム開発を内製化する目的で製品を使用する
    ※ 同一法人内:使用許諾契約を締結された企業内
    ※ 内製化:使用許諾契約を締結された企業が自社向けにシステムを開発する
  • 特定の法人向けのアプリケーション開発に製品を使用する
    特別契約ライセンスについて詳しく見る

保守サービス

  • 開発ライセンスのご購入から1年間は無償で保守サービスが付属いたします。2年目以降も保守サービスをご利用いただく場合は、12か月ごとの契約更新が必要となります。
  • 保守サービスの詳細については、以下をご確認ください。
    保守サービスについて確認する

導入事例

サッポロウエシマコーヒー株式会社

サッポロウエシマコーヒー株式会社

短期開発、運用しながらのメンテナンスにSPREADをはじめとした開発ツールは欠かせません

詳しく見る
西鉄情報システム株式会社

西鉄情報システム株式会社

資産継承がしやすいこともミドルソフトウェアを使用する理由

詳しく見る
一般社団法人日本舞台音響家協会

一般社団法人日本舞台音響家協会

これは便利!という機能が製品に追加されていくので、バージョンアップし続けています

詳しく見る
株式会社富士通九州システムズ

株式会社富士通九州システムズ

誰もが使いやすい“コンシェルジュ・インタフェース”

詳しく見る
みずほ情報総研株式会社

みずほ情報総研株式会社

日本で求められる細やかな帳票もActiveReportsがあれば作成可能

詳しく見る
株式会社ミノス

株式会社ミノス

日本のエネルギー業界で多くの実績を持つ基幹業務システムでActiveReports帳票を活用

詳しく見る
株式会社ミロク情報サービス

株式会社ミロク情報サービス

会計パッケージをクラウド化。サポート体制が充実したActiveReportsを採用

詳しく見る

お客様の声

ミーズシステム株式会社 目面 秀信様

  • ActiveReports 1.5Jの頃から愛用しています。 弊社では大量の伝票印字をすることが多いのですが、処理速度も早く、デザイン編集も拡大して細かい点まで編集できるのでお客様が望んでいるとおりの伝票や帳票が比較的簡単に実現できました。
  • 他には、PDF出力が標準で対応していることや、バーコードも十分すぎる種類が対応できていて、流通や生産管理、在庫管理などでは困ったことがありません。ドットインパクトプリンターへの出力も問題なく行えることも弊社のソフトでは必須な条件ですが問題は今までありません。
  • ビューアも使いやすく、検索などの十分な機能もあり、ペーパーレスにしたいお客様の要望にも十分答えられるものになっており、今後も手放せません。

NDKイッツ株式会社 開発ご担当者様

  • サンプルが用意されていることで、使用方法の理解が早く、初めてでも短期間で帳票を作成できます。デザインの調整が簡単に出来るため、複雑なレイアウトも作りやすいです。
  • レポートビューワも用意されているため、帳票の作成から表示までの全てを行えます。また、ビューワのツールバーをカスタマイズすれば、さまざまな要件に対応できます。
  • 旧バージョンからの移行も専用の移行ツールと移行ガイドが用意されているため、バージョンアップ時の作業負荷が軽減される。

株式会社システムワークス 高橋 明様

  • Accessを使っていたので割合簡単に移行できました。VBでこれまで使っていた他社の帳票製品で泣かされていたので、ActiveReportsではVBでAccess風のレポートライタが使え助かりました。特に細かい挙動をコードで制御できる点は大変ありがたいです。
  • コードでの制御もページレポートが実装されてからは使用することがめっきり減りましたが、改ページ周辺での挙動(イベントの発生順序など)は少し難ですかね。

酒井医療株式会社 野澤 和之様

  • ページレポート機能は出力イメージそのままにレポート作成が出来るし、プレビューで都度データ出力内容も確認出来る点が便利です。

製造業(IT関連以外) 購入ご担当者様

  • プログラムを少し変更するだけで PDF、Excelに簡単に出力できるのは大変便利です。

パッケージソフトウェア製造企業 開発ご担当者様

  • エンドユーザーで帳票レイアウトの変更が行えるデザイナの配布が可能なのでActiveReportsを採用しました。

国内SI企業 購入ご担当者様

  • 当初は、コードで出力していたが、デザイナでAccessライクに作成できるようになり、開発効率が上がりました。
  • Ver7.0では、テキストボックスの文字の大きさを自動で調整できる機能は、非常に便利です。
  • サポートもレスポンスがよく、頼りにしています。

株式会社IJC 購入ご担当者様

  • 主にセクションレポートを使用しています。デザイナが操作し易く帳票の生産性が高いです。Webアプリケーションに対応しているのでWebシステムでネックとなる帳票出力機能を容易に実装できて助かります。

国内SI企業 開発ご担当者様

  • 色々と調整が大変な面もありますが、グラフを作成したり、明細のある帳表を作成したりする場合は他の帳表ソフトに比べて作成しやすいと感じています。
  • また、社内でも複数のプロジェクトで使用していること、使用年数が長いことから、ノウハウも蓄積されているため開発しやすいというメリットもあります。