.NET Framework 4.8をサポート

.NET Frameworkの最新バージョン「.NET Framework 4.8」をサポートします。

デスクトップ(Windows Forms・WPF・UWP)

〈Windows Forms〉新しいリボンコントロール

Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールを提供します。簡素化されたリボン(Simplified ribbon)によるコンパクトな1列表示のメニュー、ギャラリー、バックステージビュー、ベクターアイコンなどを実装できます。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供します。2019J v3で正式版として提供される予定です。

新しいリボンコントロール

〈Windows Forms〉FlexGridの強化

フッター機能を提供します。このフッターは固定行もしくは最終行として表示できます。フッター内に合計、平均、最小、最大といった集計結果や、計算式を使用して各列の合計した値を表示することができます。

FlexGridのフッター

〈Windows Forms・WPF・UWP〉FlexPieの強化

1つのプロット領域に複数の円グラフを表示できるようになりました。

FlexPieの円グラフ

〈Windows Forms〉FlexPivotの強化

フィールドのグループ範囲を設定できるようになりました。

FlexPivotのフィールド

Web(ASP.NET MVC)

FlexGridの強化

検証エラー発生時に、HTMLコンテンツやスタイルが設定されたツールチップを表示できるようになりました。

FlexGridのツールチップ

FlexPieの強化

1つのプロット領域に複数の円グラフを表示できるようになりました。

FlexPieの円グラフ

OLAPの強化

ツリービューのようなアウトライン形式で表示して、よりコンパクトなサイズで表示できるようになりました。

OLAPのアウトライン表示

スキャフォールダーの強化

ASP.NET CoreのRazorページにおいてもコントロールウィザードを使用してコントロールを追加、更新できるようになりました。

コントロールウィザード

Web APIの強化

クラウドストレージ(AWS、Azure、Google Drive、OneDrive、DropBox)に対してCRUD処理を実施するAPIを追加しました。

クラウドストレージ向けのAPI

モバイル(Xamarin)

FlexViewerの追加

Xamarin.Forms、Xamarin.Android、Xamarin.iOSでPDFの表示、ページナビゲーション、テキスト検索をサポートします。このコントロールは2019J v2ではベータ版として提供します。2019J v3で正式版として提供される予定です。

C1 Xamarin FlexViewer