• 公式アカウント

FlexPivot for WinFormsは、Windows FormsアプリケーションでExcelのようなピボットテーブルを可能にします。数百万行のデータをミリ秒単位で処理します。フィールドをドラッグ&ドロップして動的に分析ビューを作成するUIを実装し、データをグリッドやチャートへ出力します。

データ分析コンポーネント

  • フィールドをドラッグ&ドロップして動的に集計・分析ビューを作成します。
  • インタラクティブなグリッドやグラフ、レポートがさまざまなビジネスニーズにお応えします。
  • 高速なパフォーマンスと最小限のメモリ使用を備えたコントロールがパワフルなBIツールを生成します。

データを瞬時にグループ化および集約

  • FlexPivotを使用すると、ユーザーはグリッドの上部または下部でデータをグループ化および集約できます。
  • 実行時またはコードで、合計、カウント、平均などのデータの集計方法を指定します。
  • 高度なグループ化シナリオのために、数値、日付、文字列ベースの範囲を作成します。

データの動的なフィルタリングとスライス

  • FlexPivotを使用すると、値と範囲ベースのフィルターを使用して、いくつかの条件に基づいてデータをフィルターできます。
  • C1FlexPivotSlicerコントロールは、実行時にフィルターをすばやく編集する方法を提供します。
  • 値に基づいてデータをフィルタリングすると同時に、現在のフィルタリング状態を示します。
  • TopNフィルターを使用して、上位または下位のデータレコードを検索します。

エンドユーザーが構成するセルのフォーマット

  • 条件付き書式を使用して、特定のしきい値に該当する合計を強調表示します。
  • 条件付きセルのフォーマットは、ダイアログを介してエンドユーザーが実行時に構成できます。

ピボットグラフでトレンドを視覚化する

  • チャートで同じピボットテーブルビューを伝達して、新しいインサイトとトレンドを発見します。
  • 列、棒、面、線、散布図、円グラフなど、複数の種類のグラフにデータを要約します
  • ユーザーは、ツールチップ、積み重ね、カラーパレットの選択を使用してグラフをカスタマイズできます。

セル内のKPIトレンド、目標、およびステータスを表示する

  • FlexPivotは、キューブソースからのトレンド、目標、ステータスなどのKPI情報の表示をサポートしています。
  • KPIフィールドが識別されると、ピボットパネル内の値フィールドに追加できます。
  • FlexPivotには、Cylinder、Gauge、StandardArrow、VarianceArrow、RoadSigns、TrafficLightなどのこれらのKPIを表示するためのグラフィックが組み込まれています。
  • FlexChartに基づくピボットグラフは、パフォーマンスを考慮したモダンな外観をサポートします。

印刷とExcel出力

  • ピボットテーブルとグラフ全体は、組み込みの印刷プレビューダイアログから直接印刷できます。
  • 追加の分析またはレポートをさらにカスタマイズするために、データをコピーしてMicrosoft Excelに貼り付けることができます。

Enterprise限定の機能

「FlexPivot for WinForms」を利用するには、「ComponentOne Enterprise」のサブスクリプションのご契約が必要です。そのため、Enterpriseのシリアルナンバーでライセンス認証をした環境でのみ製品版としてご利用いただけます。それ以外のエディションでライセンス認証をしている場合、トライアル版として動作します。

ComponentOne Enterpriseの説明を見る