Benefits

特長

ComponentOneのうち、WPFアプリケーション開発用の機能に限定したコンポーネントセットです。
チャートやゲージといったデータ視覚化、スプレッドシート、帳票作成、PDFやMS Wordのファイル出力、さらにはUI仮想化による優れたパフォーマンスを実現するグリッド、コントロールの外観を簡単に設定するClearStyleなど、標準コントロールにない数々の機能を提供します。

多種多様なWPFコントロール

グリッド、グラフ、スケジューラ、ゲージ、マップ、ドッキング、ツールバー、データ入力など50以上のコントロールとライブラリが収録されています。これらのコントロールは、標準コントロールにない機能をサポートし、さらに高いパフォーマンスを提供します。

最強のデータグリッド

軽量で高速に動作するデータグリッド「FlexGrid」「DataGrid」は、カスタマイズ性が高く数多くのWindowsデスクトップアプリケーションで採用されています。

Microsoft Office テーマをサポート

15種類以上のMicrosoft Officeテーマ提供しているので、Officeアプリケーションと同様のモダンで統一された外観のアプリケーションを簡単に開発できます。

50種類以上のグラフ・チャート

FlexChart は50種類以上のチャート種をカスタマイズしやすい形で提供します。

タッチサポート

UIコントロールはタッチやドラッグ&ドロップに対応しています。

最新の開発環境で利用

常に最新のOSや .NET Framework、Visual Studioに対応します。

そのほかの機能・特長

よりスマートな設計機能

ClearStyleは、コントロールのスタイル設定をすばやく簡単に実行するための新技術です。ClearStyle技術を使用すると、XAMLテンプレートやスタイルリソースの面倒な操作をすることなく、プロパティ1つで特定要素のスタイルのカスタマイズが行えます。ClearStyle技術は、直接Visual Studioのデザイン画面でコントロールのスタイルを設定できるため、Expression Blendは必要ありません。

テーマ

アプリケーションの外観を全体的に統一、変更する場合は、Office 2016を含む、17種類のテーマを利用できます。これらのテーマはComponentOne for WPFのコンポーネントだけでなく、Visual Studio標準のコントロールにも適用できるため、わずかなステップでアプリケーション全体の外観を変更できます。複雑なテンプレートを変更しなくても簡単に任意のコントロールの色を変更することができます。Visual StudioのIDE上でいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、プロのデザイナがExpression Blendで設計するように、独自の外観をすばやく設定できます。

MVVMとUIオートメーションのサポート

ComponentOne for WPF のコンポーネントを含むアプリケーションでは、使い慣れたプレゼンテーションモデルであるMVVM(Model-View-ViewModel)デザインパターンをそのまま使用できます。どのコンポーネントも、依存プロパティ、XAML構文、データ連結といったベストプラクティスをサポートし、最先端を行くMVVM開発をバックアップします。また、UIオートメーションによる自動テストにも対応しています。

UI オートメーションのサポートを見る

サンプルとドキュメント

ComponentOne for WPF には数多くのサンプルが収録されています。またWebサイトでも各種ドキュメントを公開しています。サンプルとドキュメントは各コンポーネントの主要機能を網羅しているため、学習時間の短縮に貢献し、初期導入コストを抑えて開発をスタートすることができます。

ユーザーライセンスで柔軟な開発環境を

ユーザーライセンス体系を採用しており、製品の使用は「ユーザー登録」を行った1人の開発者(製品の利用者)に限定されます。1ユーザーライセンスにつき上限3台のPCにインストールができるので、さまざまな環境での開発やメンテナンスが柔軟に行えます。

*印は「ComponentOne Enterprise」サブスクリプションで使用可能な限定機能です。
ComponentOne Enterprise サブスクリプションをご契約いただいただくと、他プラットフォームを含めすべてのコントロールををご利用いただけます。

ComponentOne コントロール一覧 他の対応プラットフォームを見る

無料ですべての機能をお試しいただけます

今すぐダウンロードして試す