Excel for .NETは、Excelファイルの作成、編集、保存、読み込みをサポートする.NET用ライブラリです。Sheet、Row、Column、Cellといった直感的なオブジェクトモデルにより、Excelファイルのシートを行/列/セルで構成されたグリッドコントロールのように扱えます。作成したExcelファイルは自由に配布可能。

Excelファイルの読み込みと保存

Excel for .NETの使用方法は非常に簡単です。一つのコマンドで、.NETのコードから複数のシートで構成されるExcelファイルのセルの内容と書式を読み込んだり、保存したりできます。 メモリ上での読み書きにも対応しているため、一時ファイルを作成する必要もありません。

Excelファイルの作成・編集

複数のシートを持つExcelファイルを新規に作成できます。また、シートの行や列、セルを指定して、グリッドコントロールのような感覚で編集することができます。

Microsoft Excelが不要

Excel for .NET はXLS(Excel 97-2003)とXLSX(OpenXml形式)ファイルの2つの主な形式の読み取り/書き込みを行います。 Microsoft Excelがインストールされている必要はありません。

各セルのデータの書式設定

セルに書式を設定して、特定の形式のデータを入力可能にします。各セルに関連付けられた書式設定は簡単にアクセスできます。

数式のサポート

数式の読み込み、作成、保存が行えます。また、数式では名前付き範囲もサポートします。

グループ化と小計

行と列の小計を計算します。グループ化とアウトラインを設定して、合計と小計を最適な形で表示します。

その他の機能

画像サポート
画像をセルに追加するだけでなく、画像のサイズと位置、および画像を拡大縮小するかどうか、クリッピングするかどうか、セルに合わせて引き伸ばすかどうかも指定できます。


画像をヘッダまたはフッタに追加
XLPrintSettingsクラスのプロパティで、画像をシートのヘッダまたはフッタに追加できます。また画像の配置を左、中央、または右から選択できます。


セルのコメント(メモ)の管理
Excelファイルのセルにコメントを追加したり編集したりできます。


改良されたカラーパレットで高精度に色を整合
RGBではなくHSB(色合い、鮮やかさ、明るさ)を使用してカラーパレットにマップするため、より高精度の色整合を提供します。

ASP.NET Web Forms で利用可能なコントロール

ComponentOne for ASP.NET Web Forms コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション