ズーム、ページング、サムネイル、アウトライン等の豊富な機能を持つWebPaper 技術を使用して、ブラウザの表示を忠実に再現したレポートを出力します。ナビゲーション、検索、印刷、エクスポート等の組み込みツールバーが備えられ、操作しやすいユーザーインタフェースを提供しています。さらに、Crystal Reports、Microsoft Access、Microsoft SQL Reporting Services を含む様々なレポート形式からの統合が可能です。

ブラウザに依存しない再現性の高いレポート

C1ReportViewerは独自のWebPaper 技術を使用して、再現性の高いレポートを描画します。

Crystal Reportsとの互換性

C1ReportViewerは、Crystal Reports に対応しています。C1Reportデザイナでボタンをクリックするだけで、Access のレポート(MDBファイル)とCrystal Reports(RPTファイル)をインポートできます。

Microsoft AccessとSQL Reporting Servicesに対応

C1ReportViewerは、Microsoftのレポート技術を広範囲にサポートしています。Access、SQL Reporting Services、RDL に対応し、WebPaper 技術を使用してウェブアプリケーションに組み込まれている既存の企業レポートを利用できます。

ズーム

デフォルトでレポートをページに合わせて拡大表示できる他、実際のサイズでの表示や、幅をプレビューウィンドウに合わせての表示も可能です。また、Zoomプロパティに値を設定して独自の拡大率で表示することもできます。

エクスポート

レポートをExcel、PDF、HTMLなどのファイル形式で出力できます。

アウトラインの自動生成

グループに応じて自動的にアウトラインツリーが作成され、ビューワでレポート内の任意の場所へ移動できます。ツリー内の各ノードがレポートのグループヘッダセクションを示します。エクスポートされたPDFにもアウトラインが出力されます。

ページング/スクロールによるナビゲーション

C1ReportViewerの表示領域では、ページングとスクロールによるナビゲーションが可能です。ユーザーがボタンをクリックするだけで任意のビューに切り替えできます。

組み込み検索

C1ReportViewerコントロールは組み込みの検索領域を備え、レポートで自動生成されたインデックスを抽出します。さらに、検索結果を強調表示してメニューを作成するので、ユーザーが探している文字列を見つけるのに役立ちます。

効率的なキャッシュ操作

C1ReportViewerは効率的にレポートをキャッシュし、応答時間を大幅に削減します。レポートが描画されるたびサーバー上に圧縮保存される為、データベースへ再要求してレポートを生成する必要がありません。これにより、サーバーの負荷が軽減され、メモリや応答時間を削減できます。

組み込み印刷機能

C1ReportViewerは組み込みの印刷機能を備え、印刷ボタンのクリックでカスタム印刷ダイアログが表示されます。ユーザーはダイアログ上でレポートの印刷方法を指定できる他、プレビュー表示も可能です。

※ C1ReportViewerの印刷ボタンによる印刷結果は、ページヘッダやページフッタ等、ブラウザの書式設定に依存します。また、PDF出力後にPDFファイルから印刷を行った場合に比較すると、印刷品質が劣ることがあります。
より正確な内容を印刷したい場合には、印刷ボタンによる印刷ではなく、エクスポートボタンを使用してPDF出力を行い、PDFファイルから印刷を行ってください。

C1Reportデザイナ

C1Reportデザイナを使用すると、コードを書かずに、即座にレポートの作成、編集、プレビュー、読み込み、保存が可能です。Microsoft Access と同様のUIを実装し、Microsoft Office のようなリボンスタイルで関連するコマンドをグループ表示します。

バンド・レポート・モデル

C1Report はグループ、セクション、フィールドを元にバンド・レポート・モデルを使用し、非常に整理されたレポートレイアウトを実現します。

30以上の組み込みレポートテンプレート

C1Reportデザイナは 30 個以上のレポートテンプレートを備えます。サンプルの中からレポートを選択するだけで、専門的なスタイルのレポートを即座に生成できます。コードを記述する必要はなく、クリック一つできれいなレポートが生成されます。

柔軟なデータ連結

レポート定義にて接続文字列とSQL文を指定すると、C1ReportViewerが自動的にデータをロードします。また、XML ファイルやカスタムコレクション等の他のデータソースも使用できます。

ネスト化したレポート

C1ReportViewerでは任意のレベルまでネスト化(サブレポート)が可能です。メインレポートで詳細情報を表示し、サブレポートで各グループの先頭に概要を表示することができます。

ASP.NET Web Forms で利用可能なコントロール

ComponentOne for ASP.NET Web Forms コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション