データを3次元でグラフ化します。Chart3D for Silverlightは、本格的な3D面グラフを作成します。等高線レベルと領域区分を使用可能で、チャートを任意の角度に回転したり、チャートの凡例を表示することもできます。

面グラフ種別

Chart3D for Silverlightは、6つの面グラフ種別に対応します。グラフの作成時に、ワイヤフレーム、等高線レベル、および領域区分を含むさまざまな面グラフを選択できます。また、各軸に沿って等高線とメッシュを表示するかどうかをカスタマイズします。

凡例の表示

領域区分面グラフにチャートの凡例を表示します。凡例の正確な位置、方向、凡例ラベルの配置をカスタマイズできます。

回転と傾きの設定

回転と傾きのプロパティを設定して、チャートを任意の角度に回転させます。

床面と天井面

チャートの等高線と領域区分をプロットキューブの天井面または床面に表示できます。チャートの上部と下部に等高線とゾーンを表示することで、3Dモデルに2D表現も付加できます。

2D投影の表示

ヒートマップなどの平面3Dチャートを簡単に作成します。

軸の注釈のカスタマイズ

AnnoTemplateプロパティを使用して、軸ラベルのレイアウトと形式をカスタマイズします。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション