DataGrid for Silverlightは、高度なデータ可視化を実現します。データに連結可能なC1DataGridを用いて、Silverlightアプリケーションにテーブル形式のデータを容易に表示/編集/解析することができます。

高機能なデータグリッド

プロパティをいくつか設定するだけでインタラクティブなデータグリッドを作成でき、エンドユーザーの使用感をすぐに向上させることができます。C1DataGridには、列のサイズ変更と並べ替え、行のサイズ変更、列のソート、Excel形式のフィルタ処理、グループ化、列の固定、マウスオーバーによる選択表示など、数多くの対話式機能が組み込まれています。

グループ化と集計

C1DataGridは、ドラッグアンドドロップによるグループ化をサポートします。列ヘッダーをグリッドの上にある領域にドラッグするだけでデータをグループ化できます。展開/折りたたみ可能なノードが自動的に生成され、グループ化したヘッダー行に集計関数の計算結果や合計を表示することもできます。

条件付きフィルタ処理

C1DataGridは、条件付きフィルタ処理をサポートします。このフィルタ機能は、Excel形式のドロップダウンメニューを備え、エンドユーザーがフィルタ条件を適用できます。

複数値フィルタ

条件付きフィルタのほかに、有効な値のリストを表示したり、複数値に基づくフィルタ処理をユーザーに提供することができます。同じドロップダウンで両方のタイプのフィルタを表示することもできます。

詳細行と階層表示

各行の展開セクション内にUI要素を挿入することができます。たとえば、一つのDataGridを挿入して、マスター詳細データを階層表示することができます。

さまざまな列種別

C1DataGridには、一般的なすべてのデータ型をカバーする数多くのエディタが組み込まれています。これらの列エディタを使用して、テキスト、チェックボックス、DateTime型、コンボボックス、数値、画像を設定できます。さらに、カスタム列エディタを使えば、複合列、Gif列、ハイパーリンク列、マスク付きテキスト列などを設定することもできます。

カスタム列

列のデータテンプレートを設定して、複数のデータフィールドを結合した複合列など、カスタマイズした列を作成できます。

複数選択モード

C1DataGridには複数の選択モードがあり、単一セル、単一行、単一列、単一範囲、複数行、複数列、複数範囲の中から、任意のセル選択方法を選択できます。

セル結合

C1DataGridはセル結合をサポートし、等しい値を持つ隣接するセル同士を結合します。自動セル結合を有効にしたり、Microsoft Excelのように任意のセルの結合を行うことができます。セルを結合すると、多くの行で同じ値が連続する場合にグリッドが読みやすくなります。

遅延スクロール

大量のデータを読み込む場合は、遅延スクロールを使用してパフォーマンスを向上できます。ユーザーがスクロールバーを下に移動するまで、データは取得されません。スクロール中にデータ行の概要を表示するプレビューツールチップを追加することもできます。遅延スクロールを有効にするには、ScrollModeプロパティを設定します。

WCF RIAサービスのサポート

C1DataGridコントロールを簡単にWCF RIAサービスのデータソースに連結して、ソート、フィルタ処理、ページング、グループ化などのC1DataGridの組み込み機能を使用できます。

行の追加と削除

C1DataGridには、行を追加および削除するための機能が組み込みでサポートされています。グリッドの上端または下端に「新規追加」行を表示できます。

Excelへのエクスポート

C1DataGridでは、Saveメソッドを実行するだけで、Excelファイル(*.xlsx)へエクスポートすることができます。

印刷のサポート

C1DataGridは、Silverlightの印刷機能をサポートします。グリッドを実際のサイズで印刷するか、ページ幅に合わせるか、1ページ全体に合わせるかを選択できます。また、C1DataGridはクリップボードをサポートするので、ユーザーは外部のExcelファイルとのコンテンツのやり取りをコピーで行うこともできます。

高パフォーマンス

C1DataGridでは、UIの仮想化に対応し、大規模なデータセットを高速に処理することができます。

豊富な機能と小さなフットプリント

このグリッドコントロールはサイズが小さいので、ダウンロード時間を気にすることなく高機能なグリッドをRIAに追加できます。

ClearStyleにより簡単に色を変更

C1DataGridはClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。

Silverlight Toolkitテーマのサポート

Microsoft Silverlight ToolkitのExpressionDark、ExpressionLight、WhistlerBlue、RainerOrange、ShinyBlue、BureauBlackなど多くの組み込みテーマを使用して、UIスタイルを拡張できます。

DataGridとC1DataGridの機能比較

Silverlight標準のDataGridとComponentOne DataGridの違いを確認できます。

機能C1DataGridDataGrid
IEnumerableのデータ連結checkcheck
WCF RIAサービスのデータ連結checkcheck
複数の列に基づくソートcheckcheck
グループ化checkcheck
階層化(グリッドの中にグリッドを表示)checkcheck
フィルタ行check
Excel形式のフィルタ機能check
セルの直接編集と検証checkcheck
カスタム検証checkcheck
詳細行テンプレートcheckcheck
ヘッダー行テンプレートcheck
フッター行テンプレートcheck
集計check
新規追加行check
行のドラッグアンドドロップcheck
テンプレート列checkcheck
非連結列checkcheck
行の仮想化checkcheck
列の仮想化check
固定列checkcheck
自由自在な選択モードcheck
列幅の自動サイズ変更checkcheck
スター形式(*)の列幅check
組み込みチェックボックス列checkcheck
組み込み日時列checkcheck
組み込みコンボボックス列check
組み込み画像列check
マスク入力列check
複数行テキスト列check
ページングのサポートcheckcheck
遅延スクロールcheckcheck
Tab/Shift+Tabによるキーボードナビゲーションcheckcheck
矢印キーによるキーボードナビゲーションcheckcheck
クリップボードのサポートcheck
印刷check
Excelへのエクスポートcheck
HTMLへのエクスポートcheck
PDFへのエクスポートcheck
設定の保存/読み込みcheck
SilverlightToolkitテーマcheckcheck
DataGridの各パーツのブラシcheck

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション