Excel for Silverlightは、Microsoft ExcelをインストールすることなくExcelファイルを作成/編集することが可能です。行、列、セルで構成される単純なグリッドを使用するように、各シートのデータを容易に編集できます。

Excelファイルの保存と読み込み

1つのメソッドを実行するだけで、C#/Visual BasicコードでExcelファイルを読み込み/保存することができます。複数のシートを含むExcelファイルを、メモリストリームから直接読み込み/保存することも可能であり、分離ストレージファイルを使用する必要はありません。

セルデータの編集

行、列、セルで構成される単純なグリッドを使用するように、各シートのデータを容易に編集できます。既存のシートを編集して保存することも可能です。

Excelのインストール不要

Microsoft Excelをインストールすることなく、Excelファイルを作成/編集することが可能です。ファイル形式はXLSXのみに対応します。

セルデータの書式

エンドユーザーが正しい形式でデータを入力することを保証するために、セルの書式を設定することができます。書式は個別のセルに対して割り当て可能です。

数式のサポート

セルに対して数式を設定することができます。

グループ化と集計

行と列に対してグループ化を設定して集計を計算します。グループ化のアウトラインレベルの設定にも対応します。

セルのコメント

Excelファイルにコメントを追加/編集します。コメントを使用することで、セルおよびセル範囲に情報、備忘録、説明を割り当てることができます。

カラーパレット

より正確な色を設定するために、RGBの他にHSB(色相、彩度、輝度)をサポートします。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション