【限定機能】ComponentOne OLAP for Silverlight は、詳細なビジネスインテリジェンス(BI)の機能を提供します。表やキューブデータを細分化するピボットグリッドおよびチャートを作成し、リアルタイムな情報、洞察力、秒単位の結果を提供します。この使いやすいコントロールは Microsoft Excel Pivot Table をモデルとしており、すべてのユーザーに対して強力で親しみやすさがあります。

時間を節約しユーザーへの無限のビューを提供

コードの記述や書き直しを行わずにエンドユーザーへ無限のビューを与えます。通常、ユーザーが新しいレポートを必要とするときは、開発者に作成を依頼します。OLAP によるソリューションは、ユーザー自身がレポートを構築し、アプリケーションを次に実行するまでそれを保存できます。ComponentOne OLAP は、エンドユーザーに強力な機能を提供することで、開発者の負担を軽減します。

シンプルでコードフリーなデータ解析

最もシンプルな OLAP アプリケーションを作成するには、空のアプリケーションを作成し、C1OlapPage コントロールを配置し、データソースに接続するだけです。それは非常に簡単です。アプリケーションを実行し、行、列、値リスト内にフィールドをドラッグするだけで、動的に要約されたビューを生成します。UI は Microsoft Excelをモデルに作成されており、ユーザーが使い方を理解するのは非常に容易です。

OLAP チャート

ピボットグリッドに加え、ComponentOne OLAP は同じ集計されたデータのビューごとのチャートを含みます。チャートは、6種類のチャートタイプ(縦棒、横棒、面、折れ線、散布図、円)ツールチップ、階層化、パレット、グループ化(合計)をサポートします。広大なビューでは、軸のスクロールバーが自動的に有効になり、チャート全体の可視性が保持されます。

レポートの印刷とビューの永続化

ComponentOne OLAP の真の力と有用性は、ビューを容易に読み込みおよび保存する機能です。将来の分析のために、共通のビューを保存する能力をアプリケーションに設定します。ピボットテーブル情報は、CSV、Html、およびテキストフォーマットでエクスポートできます。単一のレポート内にグリッドおよびチャートビューを直接印刷できます。ユーザーは、スケーリング、ページ余白、ヘッダーおよびフッター、タイムスタンプの挿入、ページ番号、レポートタイトルをカスタマイズできます。

Enterprise限定の機能

「OLAPコンポーネント」を利用するには、「ComponentOne Studio Enterprise」のサブスクリプションのご契約が必要です。そのため、Enterpriseのシリアルナンバーでライセンス認証をした環境でのみ製品版としてご利用いただけます。それ以外のエディションでライセンス認証をしている場合、OLAPコンポーネントはトライアル版として動作します。
Enterpriseサブスクリプションの説明を見る

その他の機能

動的なビュー

行、列、あるいは値のリストへフィールドをドラッグすることで、動的にデータビューを作成します。これはデータの集計を提供します。フィルターの変更によるデータの要約も可能です。UI は Microsoft Excel に類似しています。

小計および総計

OLAP グリッドは、データの切片ごとの総計を自動で計算します。複数の次元を計測する場合、OLAP グリッドは折り畳み可能なヘッダによる小計を計算できます。 合計、個数、平均、最大、最小、最初、最後、分散、標準偏差、母分散を含むいくつかの集合体から選択します。

複数の値フィールド

ビューに対して多くの値フィールドを追加できます。これはユーザーに対してデータセットから複数の計測の合計を求めることを可能にします。例えば、総収入とコストを並べて比較するビューを作成できます。

条件付き書式

シンプルなプロパティにて、条件付き書式を OLAP グリッドへ容易に適用できます。書式の閾値は、絶対値あるいは相対値として指定できます。注意をひきつけるために特定の値を際立たせます。例えば上位 10% と下位 10% に対してそれぞれ異なる一意のスタイルを適用できます。

フィルタリング

データプールを絞り込むため、フィルター機能を使用します。複数のフィールドをフィルターできます。フィルターしたいフィールドを上で右クリックし、フィールド設定を選択するだけです。フィールド設定ダイアログボックスから、カスタムテキストフィルターを作成できます。コーディングは必要ありません。フィルター設定は OLAP ビューとともに保存され、次回ビューが読み込まれたときに反映されます。

合計および集合体

多くの異なる集合体から合計(Value フィールド)を選択します。合計、個数、平均、最大、最小、最初、最後、分散、標準偏差、母分散を含むいくつかの集合体から選択します。

データフォーマット

フィールド設定ダイアログにて値フィールドをフォーマットします。10進数、通貨、パーセントから選択するか、カスタムの書式文字列を作成します。

基礎となるレコードの表示

いずれかのセルをダブルクリックすることで、C1OlapGrid コントロール内にそれぞれ集計された値の背後にある基礎となるレコードをドリルダウン表示できます。

履歴のアンドゥ/リドゥのサポート

OLAP ビューに対する変更を元に戻したりやり直すことができます。

ビューの読み込みおよび保存

ReadXml および WriteXmlメソッドにより、ファイルやストリームに対してビューを永続化できます。これは、定義済みビューを実装し、エンドユーザーがメニューからそれらを選択できるようにすることを容易にします。

カスタマイズ可能なユーザーインタフェース

メニューやタブコントロールに対して要素の追加、削除、変更を可能にし、C1OlapPanel、C1OlapGrid、C1OlapChart に加えてほかの要素をページに追加することもできます。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション