データの構造や関係を示す階層図を作成できます。OrgChart for Silverlightは、Silverlightの機能豊富なデータ連結機能を活用して、柔軟で使いやすいコントロールを提供します。

柔軟なデータ連結

C1OrgChartコントロールはItemsControlの継承クラスです。このコントロールを、いくつかのサブ項目を持つ1つのエンティティに連結したり、各項目がサブ項目を持つIEnumerableコレクションに連結することができます。

多様な方向およびフロー

C1OrgChartでは、項目を水平または垂直のどちらのフロー方向にも表示できます。コントロールのOrientationおよびFlowDirectionプロパティを設定するだけで、組織図のフローを決定できます。

折りたたみ可能なノード

項目のブランチを非表示にして、コンパクトな表示が可能になります。C1OrgChartのノードには、TreeViewと同様に、各ノードを展開/折りたたむことができるIsCollapsedプロパティがあります。

接続線のカスタマイズ

C1OrgChartコントロールは、ノードの接続に使用する線をカスタマイズするためのプロパティを提供します。これらのプロパティを使用して、接続線の作成に使用するブラシ、太さ、および破線配列をカスタマイズできます。これらのプロパティをデータ項目のプロパティに連結して、関係ごとに線をカスタマイズすることもできます。

子の間隔と配置のオプション

いくつかのプロパティを設定するだけで、OrgChart内の項目の配置や間隔をカスタマイズできます。このコントロールには、項目間の間隔(ピクセル単位)を制御するChildSpacingプロパティや、垂直および水平方向の配置プロパティがあります。

複雑な階層表示

C1OrgChartコントロールは、データテンプレートや連結によって提供される柔軟性に加えて、複雑な階層表示を作成するための高度な連結シナリオもサポートします。条件付き書式設定のように、特定のデータ項目のプロパティに基づいて、一部のノードに異なるテンプレートを使用できます。たとえば、会社の組織図で役員、管理職、事務職を視覚的に区別するために、複数のテンプレートを使用できます。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション