Scheduler for Silverlightを使用すると、Outlook形式のスケジュール機能をSilverlightアプリケーションに簡単に組み込むことができます。カスタマイズ可能なダイアログボックス、組み込みデータビュー、インポート/エクスポート機能などのオプションにより、スケジュールアプリケーションの設計が今までになく容易になっています。

組み込みデータビュー

Scheduler for Silverlightには、5種類の組み込みデータビューがあります。このデータビューを使用することにより、スケジュールをさまざまな方法で表示する機能をユーザーに提供できます。スケジュールは日、週、稼働日、月、タイムラインのデータビューで表示でき、独自のカスタムビューを作成することも可能です。

Outlookスタイルのスケジュール

Microsoft Outlookのように、1回だけの予定、終日の予定、定期的な予定を作成し、アラームやラベル、公開方法を設定することができます。また、それぞれの予定に分類、リソース、連絡先を割り当てて予定を管理できます。

アラーム

予定が発生する前の指定した時間にアラームダイアログを表示することができます。ユーザーは、1つまたは全てのアラームを解除、予定を開く、アラームを再通知する(スヌーズ機能)、などの処理を実行できます。

グループ化

予定を連絡先やリソース、分類でグループ化して複数列で表示し、各列に異なる項目を対応させることができます。予定をドラッグするだけで、簡単に異なるリソースに割り当てることができます。グループ化は全てのデータビューでサポートされています。

タイムラインビュー

横並びのレイアウトに予定を表示するタイムラインビューをサポートします。このビューは、複数のグループを一度に表示して会議をスケジュールする場合に便利です。このビューでは、Microsoft Outlookの「グループスケジュール」表示のように、時間が水平方向に表示され、グループが垂直方向に配置されます。

カレンダー操作

C1SchedulerをC1Calendarコントロールと同期させて、特定の日付や日付の範囲を選択することができます。スケジュールは任意の選択された日数を表示可能です。

カスタムビュー

組み込みの既定データビューに加えて、カスタムスケジュールビューを作成して使用することができます。

ダイアログのカスタマイズ

ソースXAMLファイルでレイアウト、スタイル、処理を編集して、全てのスケジュールダイアログをカスタマイズできます。独自の予定、定期的な予定、アラームなどのダイアログボックスを作成することも可能です。

データ連結

C1SchedulerをオブジェクトのコレクションやData for SilverlightのDataSetと連結して、予定、分類項目、連絡先、ラベル、リソース、および予定のステータスを保存および読み込むことができます。

データのインポート/エクスポート

組み込みデータソースを使用して、XMLまたはiCalendarの形式でデータを保存および読み込むことができます。

ローカライズのサポート

Scheduler for Silverlightでは、プロジェクトにローカライズ版リソースファイルを追加できます。組み込みのダイアログのUI文字列など、コントロールで使用されるすべてのテキストを翻訳することで、C1Schedulerを複数の言語で提供できます。

ClearStyleにより簡単に色を変更

C1SchedulerはClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。

Silverlight Toolkitテーマのサポート

Microsoft Silverlight ToolkitのExpressionDark、ExpressionLight、WhistlerBlue、RainerOrange、ShinyBlue、BureauBlackなど多くの組み込みテーマを使用して、UIスタイルを拡張できます。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション