Zip for Silverlightは、標準的なZip圧縮を実装する方法を提供します。転送されるデータを圧縮することで、Silverlightアプリケーションのパフォーマンスを向上させながら、データ圧縮/暗号化により分離ストレージを効率よくセキュアに利用できます。

標準のZip形式に対応

既存のZipファイルのデータをロードしたり、外部アプリケーションで読み込めるZipファイルを作成/編集したりすることができます。

ファイルとストリームの圧縮

Zipファイルに圧縮されたリソースを効率良くダウンロードし、クライアント側にロードできます。また、ファイルの代わりに、ストリームを圧縮することも可能です。

データの暗号化

C1Zipはデータの暗号化をサポートしており、パスワードを入力しないと展開できない安全なアーカイブを作成できます。Zipの作成時に使用された元のパスワードを使用すれば、暗号化されているアーカイブを展開することもできます。

XMLデータの圧縮

XMLはWebアプリケーションで最もよく使用される形式の1つです。一般的に、XMLデータは元のサイズの約10% に圧縮されます。

分離ストレージの有効活用

Silverlightアプリケーションはファイルシステムにアクセスできません。限られた容量の分離ストレージにのみアクセスできます。 データを圧縮することで、この分離ストレージを効率的に使用できます。

Silverlight で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for Silverlight コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション