CollectionView for UWPを使用すると、強力なICollectionViewインターフェース機能を実装できます。C1CollectionViewクラスは、任意のコレクションのソート、フィルタ処理、グループ化、変更などの機能を提供します。

使い慣れたオブジェクトモデル

  • IC1CollectionViewインタフェースは、WPFおよびSilverlightのICollectionViewに基づいているため、新たな学習は必要ありません。
  • C1CollectionViewは、ICollectionViewインタフェースを完全に実装しているため、標準の項目コントロールのすべてでデータソースとして使用できます。

ソート、フィルタ処理、編集、グループ化

  • C1CollectionViewクラスは、CollectionViewSourceがサポートしていないソート、フィルタ処理、編集、グループ化の機能を提供しています。
  • スクロール時のパフォーマンスを最適化するインクリメンタルデータロードをサポートします。

編集可能なライブ行セット

C1CollectionViewはライブ行セットを提供します。C1CollectionView 内のデータに加えられた変更はすべて、基底のコレクションに自動的に伝えられます。C1CollectionViewは、WPFやSilverlightと同じIEditableCollectionViewインタフェースも実装するため、Escキーを押すと編集中の項目に加えられたすべての変更を取り消すことができる機能など、優れた編集エクスペリエンスを実現できます。

UWP で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for UWP コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション