DateTime Editors for UWPを使用すると、日付と時間の表示/編集/検証を簡単に行うことができます。クラシックなデザインとモダンUIのデザインの両方に対応できるよう、6種類の基本的なエディタを収録しています。

収録コントロール

C1DateSelector
C1DateSelector
C1TimeSelector
C1TimeSelector
C1DateTimeSelector
C1DateTimeSelector
C1DatePicker
C1DatePicker
C1TimeEditor
C1TimeEditor
C1DateTimePicker
C1DateTimePicker

6種類のDateTimeエディタ

C1DateSelector、C1TimeSelector、C1DateTimeSelectorの各コントロールは、DateTime入力を収集するためのドロップダウンを提供します。これらのコントロールは、UWPアプリのコントロールに基づいています。C1DatePickerコントロールは、従来のドロップダウンカレンダーを提供します。C1TimeEditorコントロールでは、上下ボタン付きの数値入力コントロールのような時間入力が可能です。C1DateTimePickerコントロールは、C1DatePickerとC1TimeEditorを組み合わせたコントロールです。

マスクを使用した入力の検証

C1DatePickerコントロールとC1DateTimePickerコントロールは、カスタム日付形式とマスク入力をサポートします。編集マスクは必要な書式をユーザーに通知し、エンドユーザーがフィールドに無効な文字を入力できないようにします。

null値の許可

C1DateTimePickerとC1TimeEditorには、null値を入力することができます。AllowNullプロパティをfalseに設定することで、null値の入力を禁止することもできます。

UWP で利用可能なコントロール

ComponentOne for UWP コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション