RadialMenu for UWPは、UWPアプリに魅力的な円形のメニューシステムを追加します。C1RadialMenuコントロールは、ユニークでタッチ操作しやすいコンテキストメニューを提供します。

メニューのネスト

ラジアルメニューは必要な任意の深さにネストでき、必要な数だけメニューに項目を追加できます。C1RadialMenuコントロールは、含まれている項目の数に基づいて、自動的にセクターを作成します。

色の選択

C1RadialMenuをカラーピッカーのように使用することもできます。メニュー項目は単色として表示することができ、ユーザーが色オプションを選択することができます。

柔軟な位置決め

C1RadialMenuコントロール内の各項目の正確な位置を指定でき、項目の開始角度を指定することもできます。

自動選択

C1RadialMenuコントロールでは、各メニュー項目に任意の数のサブメニュー項目を入れることができ、各サブメニューには選択された項目が1つ表示されます。選択されたサブメニュー項目を指定することも、それまでのユーザーのアクションに基づいてコントロールに自動的に項目の選択を任せることもできます。このように、デフォルトではないがよく使用されるメニュー項目がメインメニューに表示されるため、これまでよりすばやい選択が可能です。

自動折りたたみ

デフォルトでは、ユーザーがラジアルメニューの外部をクリックしても、C1RadialMenuコントロールはサブメニューと共に開いたままです。ただし、自動折りたたみ機能を有効にして、この動作を変更できます。その場合は、コントロールの境界の外側をクリックして、ラジアルメニューを閉じることができます。

チェック可能なメニュー項目

IsCheckableを設定することで、C1RadialMenuItemをチェック可能なメニュー項目にすることができます。チェックされた項目は、通常のチェックマークではなく、強調表示された項目としてマークされます。

UWP で利用可能なコントロール

ComponentOne for UWP コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション