BarCode for WinFormsを使用すると、バーコード画像をグリッドセルやレポートに追加したり、バーコード画像をWebサービスから生成することができます。QRコードを含むほとんどの2次元バーコードおよび1次元バーコードがサポートされているので、バーコードのタイプを必要に応じて選択することができます。コントロールをフォームに追加して、値とバーコード種別を設定するだけで、バーコードを使用することができます。

さまざまなタイプのバーコードに対応

C1BarCodeは、以下のバーコードタイプをサポートします。一般的なエンコーディングであるUPC-Aは、食品、生活用品、書籍など、一般的に販売されているほとんどすべての商品で採用されているバーコード種別です。UPC-Eは、UPC-Aから余分なゼロを省いてよりコンパクトにしたバーコードで、そのサイズはUPC-Aの約半分です。

コードタイプ
Ansi39
Ansi39x
Codabar
Code_128_A
Code_128_B
Code_128_C
Code_128auto
Code_2_of_5
Code93
Code25intlv
Code39
Code39x
Code49
Code93x
DataMatrix
EAN_13
EAN_8
EAN128FNC1
IntelligentMail
JapanesePostal
Matrix_2_of_5
MicroPDF417
MSI
Pdf417
PostNet
QRCode
RM4SCC
RSS14
RSS14Stacked
RSS14StackedOmnidirectional
RSS14Truncated
RSSExpanded
RSSExpandedStacked
RSSLimited
UCCEAN128
UPC_A
UPC_E0
UPC_E1

2次元バーコードのサポート

「C1QRCodeコントロール」は、2D Quick Responseバーコード(QRコード)をサポートしています。QR形式は、今日最もよく使用されている2次元バーコード形式の1つで、スマートフォンの無料リーダーがほぼ対応しています。デスクトップアプリやレポートに2次元バーコードを表示したり、Webサービスからバーコードを提供することができます。

チェックディジットを自動的に追加

バーコードが正しく読み取られるように、使用されているバーコード種別に応じて、必要な制御シンボルとチェックディジットを自動的に追加しながら値をエンコードすることができます。

エンコードエラーの詳細を提示

多くのエンコードは、描画可能なテキストのタイプに制限があります。例えば、数値のみ設定可能な場合や特定の文字数を要求する場合があります。C1BarCodeでは、EncodingExceptionプロパティを使用して、エンコードエラーの詳細をユーザーに提示することができます。

Windows Forms で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WinForms コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション