Sizer for WinFormsは、解像度に依存しないリサイズ機能を提供するコンテナコンポーネントです。C1SizerLightとC1Sizerの2つのコンポーネントで構成されています。C1SizerLightは非ビジュアルコンポーネントで、フォームに追加するだけで、すべてのコントロールに対して自動リサイズを行います。C1Sizerは、.NET Frameworkから提供される基本レイアウト機能(DockプロパティとAnchorプロパティ)を拡張する、強力なグリッドレイアウトマネージャを持つコンテナコントロールです。

収録コントロール

C1Sizer

グリッドレイアウトのコンテナコントロールです。コントロールがグリッド線に配置され、C1Sizerがサイズ変更するとそれに合わせて伸縮します。

C1SizerLight

フォームのサイズと位置のトラッキングを維持する非視覚的なコンポーネントです。フォームのサイズ変更されると、C1SizerLightコンポーネントがすべてのコントロールを比例的にサイズ変更するため、フォームの外観が維持されます。

自動リサイズ機能を提供

リサイズ制御のための複雑なコーディングを行わなくても、解像度に依存しないアプリケーション作成が可能になります。通常のフォームデザインと同様の感覚でリサイズ機能を実装できます。

グリッドスタイルによるレイアウト編集(C1Sizer)

C1Sizerはグリッドスタイルのコンテナコントロールです。複数の行と列で構成されるグリッドを定義し、それらのテーブル領域にコントロールをスナップすることでフォームをレイアウトします。C1Sizerのサイズが変更された場合、テーブル領域が自動的に計算され、領域上に配置されたコントロールの位置やサイズが比率を保つよう自動調整されます。

スプリッタ(C1Sizer)

行/列単位で幅や高さを固定化することができます。また、IsSplitterプロパティを設定するだけで、行/列の区切り部分はスプリッタとして動作させることができます。特定のコントロールだけリサイズ処理を無効にしたい場合や、エンドユーザーが任意のサイズに調整できるようにする場合に有用です。

角の丸み(C1Sizer)

C1Sizerパネルは丸みのある角と枠線をサポートするため、必要に応じてアプリケーションの外観をWPFに近いスタイルに設定できます。

グラデーションの背景(C1Sizer)

設計時のグラデーションエディタにより、複雑なグラデーションをC1Sizerパネルにすばやく簡単に追加できます。グラフィックファイルを描画またはロードすることなく、フォームのモダンなスタイルを作成します。

スペースとパディング(C1Sizer)

Paddingプロパティ(top、left、right、bottom)とSplitterWidthプロパティを設定して、コントロール間のスペースを調整します。

配置するだけでリサイズ機能を実現(C1SizerLight)

C1SizerLightは既存のWindowsフォームに自動リサイズ機能を付与します。フォームレイアウトの修正や追加のコード記述は必要ありません。C1SizerLightをフォームに配置しておくと、フォームサイズが変更された場合、フォーム上に配置したコントロールの位置や高さを同じ比率を保つよう調整します。解像度に依存しないフォームレイアウトを手軽に実現できます。

Windows Forms で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WinForms コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション