DockControl for WPFを使用すると、WPFアプリケーションで複数のウィンドウを処理できます。Microsoft Visual Studioのドッキングシステムと同様に、DockControlも、ドッキング可能なウィンドウ、フローティングウィンドウ、タブ付きウィンドウなどを提供します。また、セクションを自動的に非表示にしたり、DockControlのスタイルを簡単に設定できます。

収録コントロール

  • C1DockControl
  • C1DockTabControl
  • C1DockTabItem
  • C1DockGroup

ひし形のドッキングガイド

DockControlを使用することで、アプリケーション内の複数のタブやウィンドウをドッキングおよびフローティング状態に設定できます。ドッキング領域上でタブをドラッグすると、ドッキングインジケータが表示され、ドッキング先を示します。DockControlは、デフォルトではVisual Studioと同様のひし形のドッキングガイドを使用します。

ドッキングのカスタマイズ

ドッキング動作をカスタマイズして、Microsoft Expression Blendのような、より自然なドッキングスタイルを実現可能です。

フローティングウィンドウ

アプリケーション内で、ウィンドウを独立したウィンドウとして浮動化できます。

タブ付きウィンドウ

エディタのインスタンス内で開かれるドキュメントは、自動的にタブ付きペインに配置されます。

自動非表示

押しピンによる自動非表示機能を使用すると、一度により多くのUIを表示できます。Visual Studioと同様にタブがスライドして自動的に非表示になり、使用していないタブを コントロールの端に最小化できます。

豊富な機能を持つプログラム API

高い柔軟性を保ちつつ動作を制限するために、ドッキング可能なウィンドウのドッキング状態は、豊富な機能を持つプログラムAPIを使ってプログラムから制御できます。

ダブルモニタのサポート

1つのモニターから別のモニターにウィンドウをドラッグするだけで、ウィンドウを表示するモニタを選択できます。

ClearStyleにより簡単に色を変更

DockControl for WPFはClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション