DragDropManager for WPFを用いて、WPFアプリケーションの任意の場所にドラッグ&ドロップ操作を簡単に追加できます。C1DragDropManagerクラスは、カスタムドラッグソースとドロップターゲットを提供し、さらに視覚的に魅力的なドラッグ&ドロップUIを提供します。

ドラッグ&ドロップ操作の管理

DragDropManager for WPFは、アプリケーションにドラッグ&ドロップ操作を簡単に追加するためのヘルパーメソッドを提供します。いくつかの要素をドラッグソースおよびドロップターゲットとして指定し、要素を新しい位置に移動およびコピーするためのDragDropイベントを操作するだけで、ドラッグ&ドロップ操作を追加できます。

ドラッグ&ドロップ操作のカスタマイズ

C1DragDropManagerのプロパティを使用して、ドラッグ&ドロップの外観や動作を完全にカスタマイズできます。

スクロール操作のサポート

オブジェクトをスクロール可能なターゲットの端に移動するだけでスクロールが自動的に行われ、エンドユーザーは一つの操作で任意の位置に要素をドロップできます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション