ズーム、パン、および画面と地理座標の間のマッピングをサポートします。さまざまなソースからマップ情報を表示し、KMLファイルを描画します。マップ上に独自のカスタム要素を重ね合わせることも可能です。

3つの組み込みソース

Maps for WPFは、さまざまなソースから地理情報を表示できます。既定では、C1MapsはMicrosoft Bing Mapsサービスをソースとして利用します。3つの組み込みソース(航空写真、地図、ハイブリッド)が含まれます。

ズーム、パン

C1Mapsは、マルチタッチジェスチャーによるズームおよびパンをサポートするマップ表示コンテナを提供します。ユーザーは、ダブルタップやストレッチによるズームイン、ピンチによるズームアウト、ドラッグして自由に画面をスクロールするパン操作が可能です。また、慣性スクロールやパンもプロパティによって設定できます。

カスタム要素をマップに表示

C1MapsのC1MapItemsLayerは、画面と地理座標の間のマッピングをサポートします。項目のレイヤを使用して、カスタム要素をマップに追加することも可能です。要素は地理的な位置にリンクされます。

ベクターレイヤーのサポート

C1VectorLayerは、マップ上の地理座標による幾何学パターン、シェイプ、多角形、パスの描画を容易にするベクターレイヤーをサポートします。ベクターレイヤーは以下の要素を描画するのに有用です。

  • 政治的境界線(国、地域など)
  • 地理詳細(車や飛行機のルートなど)
  • 階級区分マップ(国別人口など統計データに基づく)

KMLのオフラインマップソース

地図のC1VectorLayerレイヤは、KML(Keyhole Markup Language)およびKMZ(圧縮されたKML)ファイルの描画をサポートします。組み込みのMicrosoft Bing Mapsソースの代わりにベクターレイヤーを使用し、KMLファイルから提供されるマップを表示することができます。C1MapsコントロールはKMLおよびKMZを直接インポートおよびエクスポートすることも可能です。

さまざまな地理情報を表示

C1Mapsは、3つの組み込みソースに加え、カスタムソースなどのさまざまなソースから、豊富な地理情報を表示できます。Open Street Mapsと公的なCloudMade Midnight Commanderを使用した製品サンプルも提供しています。

その他の機能

データバインドおよび仮想化

組み込みのデータバインディングおよびテンプレートのサポートにより、マップ上にビジネスオブジェクトのコレクションを楽々と表示できます。C1Mapsは、ローカルおよびサーバー上のデータの仮想化をサポートしています。仮想化により、C1Mapsは現在表示されている要素のみを要求し表示します。非同期リクエストのサポートにより、新規項目はビュー内に入ったときのみサーバーからダウンロードすることができます。パフォーマンスを犠牲にせず大量の要素を表示するためにこの技術を使用してください。

ジェスチャーベースのユーザー対話

C1Mapsは、マウス、キーボード―およびタッチ操作によるズームおよびパンをサポートするマップ表示コンテナを提供します。マップ内に表示されるナビゲーションツールはカスタマイズしたり非表示にすることができます。ClearStyle技術のおかげで、Visual Studio内のいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、コントロールテンプレートをカスタマイズすることなくマップ表示ツールのスタイルを素早く調整できます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション