Reports for WPFは、メンテナンスモードに移行しました。
メンテナンスモード情報を見る
新しい帳票コンポーネント「FlexReport for WPF」の情報もご覧ください。

収録コントロール

C1Report

C1Reportコンポーネントは、Microsoft Access形式の水平区切りデータベースレポートを生成します。生成されたレポートは、FixedDocumentSequenceにレンダリングしたり、直接プリンタにレンダリングしたり、さまざまな移植可能な形式(XPS、HTML、PDF、テキスト)にエクスポートできます。

C1RdlReport

C1RdlReportコンポーネントは、SQLServerReportingServicesをサポートします。C1RdlReportは、完全なRDLオブジェクトモデルを公開するため、外部Microsoft Reporting Services などに依存することなく、既存のレポートを変更したり、新しいレポートを生成することができます。既存のSSRSレポート定義(RDL)をC1RdlReportにインポートして、レポートをプログラムで生成できます。

C1PrintDocument

C1PrintDocumentコンポーネントは、プレビュー、印刷、または外部形式にエクスポートできるドキュメントを表します。そのオブジェクトモデルは、特にページ区切り付きドキュメントを対象として、複雑な構造化ドキュメントに対して自動ページ区切りを適用するためのさまざまな機能を提供します。

C1MultiDocument

C1MultiDocumentは、メモリ制限のために1つのC1PrintDocumentコントロールでは処理できない大規模なドキュメントを作成しエクスポートできるように設計されています。C1MultiDocumentを使用して、複数のC1PrintDocumentを組み合わせることができます。それらは、共通のページ番号、目次、ページ数、およびドキュメント間のハイパーリンクを持つ一続きのドキュメントとしてレンダリングされます。

C1DocumentViewer

C1DocumentViewerコントロールは、C1ReportとC1PrintDocumentのFixedDocumentSequence表現を含むページ区切り付き固定ドキュメントをホストします。

収録アプリケーション

C1Reportデザイナ

C1Reportデザイナは、コードを記述しないでレポート定義を作成するためのスタンドアロンアプリケーションです。デザイナを使用して、レポート定義の作成や編集をすばやく行うことができます。また、既存のMicrosoft Access定義やCrystal Reportsの定義をインポートすることもできます。

アプリケーションの再配布

C1Reportデザイナアプリケーションは無償で再配布できます。

機能/特長

WinFormsからWPFレポートへのアップグレード

Reports for WinFormsのユーザーは、簡単にレポート作成やドキュメント作成のコードをWPFに移行することができます。Reports for WinFormsとReports for WPFは、基本構造が共通であるC1ReportおよびC1PrintDocumentコントロールを使用しています。

WPF版とWinForms版の相互運用性

レポート定義(XML)とC1Documents(C1D/C1DX)は、Reports for WinFormsと互換性があります。

レポートと印刷文書のプレビュー

C1DocumentViewerは、C1ReportとC1PrintDocumentをプレビュー表示およびXPS形式で保存することができます。優れた品質、簡単なファイル共有、強力なセキュリティといった、XPS文書の利点を享受することができます。

使い勝手のよいデザイナ

Visual Studioのアドインではなく独立したアプリケーションであるため、Visual Studioを起動しなくても帳票を作成することができます。使用方法はMicrosoft Accessに似ており、リボンインターフェイスを採用しているので、豊富な機能の中から使用する機能を見つけやすくなっています。また、SQLビルダやスクリプトエディタなどの便利な機能も提供されます。

既存帳票のインポート

C1Reportデザイナでは、Microsoft Accessレポート(*.mdb、*.adp)およびCrystal Reportsレポート(*.rpt)をC1Report形式にインポートすることが可能です。

強力な表レイアウト

表オブジェクトを使用して文書要素を配置します。表にはセルの他にも行や列単位でスタイルを適用できます。Excelのような使いやすいオブジェクトモデルをサポートし、セルにアクセスするだけで自動的に行や列が生成されるため、表のサイズを気にする必要はありません。

印刷およびエクスポート

生成した帳票をPDF/Excel/HTML/リッチテキスト/画像/圧縮されたメタファイルなどの形式で出力します。PDFでは、セキュリティ設定、外字フォントの埋め込み、しおりの設定などに対応します。また、ExcelではOpen XML形式での出力にも対応しています。

柔軟なデータ連結

ADO.NETデータプロバイダとのデータ連結に対応します。接続文字列とSQL文(テーブル名、クエリ名、ストアドプロシージャ名も指定可能)を設定すると、C1Reportが自動的にデータベースに接続してデータを読み込みます。また、他にもXMLファイル、DataTable、カスタムデータなどのデータソースに対応しています。

VBScript

帳票に埋め込まれたVBScript処理の実行に対応します。書式の設定、ページ数の取得、帳票要素へのアクセス、グループ内の合計算出、平均値などの統計データの算出などの処理を実行できます。

サブレポート

サブレポートをメインレポートに配置して、詳細データの各グループの先頭に概要データを表示したり、異なるレイアウトの帳票を1つの帳票で表示したりすることができます。

エンドユーザーによるデータ入力

データソースにパラメータクエリを定義することで、帳票描画前にエンドユーザーが帳票に関するデータを入力することができます。エンドユーザーが入力した値を表示したり、入力した値を用いてデータをフィルタリング/並び替えすることも可能です。

強力なドキュメント指向オブジェクトモデル

C1PrintDocumentコントロールは柔軟で階層的なドキュメント指向のオブジェクトモデルを提供します。コントロールに追加されたオブジェクトは左上から右下に向かって配置されて自動的にレイアウトが設定されるため、手動でレイアウトを計算したり改ページを挿入する必要はありません。

複数のページレイアウト

1つの文書に複数の異なる用紙サイズ、ページ設定、列の数、ページヘッダなどを定義して、ページによってレイアウトを変更することができます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション