WPFで利用可能な非常に高機能なリッチテキストエディタです。ComponentOne RichTextBoxでは、書式付テキストを読み込み、編集、保存することができます。C1RichTextBoxコントロールは、豊富な書式、自動的な行の折り返し、HTMLとRTFのインポート/エクスポート、表、画像、コメントなどに対応します。

書式付テキストのインポートとエクスポート

RichTextBoxはRTF、HTML、プレーンテキストのインポートとエクスポートをサポートします。既存のRTFやHTMLをC1RichTextBoxコントロールに読み込んで、ドキュメントを編集し、RTFやHTMLにエクスポートすることができます。

電光石火のパフォーマンス

RichTextBoxはドキュメントの読み込みと編集を非常に高速に行うことができます。

豊富な書式

複数のフォント、装飾、色を含むテキストや、表、画像、リストなどに対応しています。

ツールバー

C1RichTextBoxToolbarコントロールを使用して、完全な機能を備えるツールバーをすぐに表示したり、カスタマイズしたツールバーを実装することができます。C1RichTextBoxToolbarは豊富なコマンドを含み、C1Toolbarコントロールを使用して完全にカスタマイズすることができます。

表の挿入と編集

RichTextBoxは、高度でデザインしやすいHTMLドキュメント用の表の機能を数多く搭載しています。ボタンをクリックするだけで、表や行、列を挿入できます。また、個別のセル境界線、サイズ、テキスト配置の設定や、セルの結合、表からプレーンテキストへの変換なども可能です。

画像の挿入と編集

C1RichTextBoxは画像の挿入と編集に対応します。ユーザーは簡単に画像をエディタへアップロードしたり、Web上の画像URLを参照することができます。また、ユーザーはドキュメント画面上で画像を選択、リサイズ、移動することができます。

ページングと印刷

RichTextBoxはページングと印刷を完全にサポートします。Microsoft Wordのように、印刷レイアウトと下書き表示のどちらでもドキュメントを編集することができます。印刷レイアウトでは、連続ページフローや水平方向に複数のページを表示する見開きページをサポートします。

ページのズーム

RichTextBoxは、印刷レイアウトと下書き表示の両方でページのズームをサポートします。

テキストのスペルチェック

C1RichTextBoxはC1SpellCheckerコンポーネントを使用した2つの種類のスペルチェックをサポートします。

  • モーダルスペルチェック: スペルチェックダイアログを表示してドキュメントのスペルミスを1つずつ選択します。エンドユーザーはミスを無視するか、入力したり修正候補一覧から選択したりして修正するか、ユーザー辞書へ単語を追加するかを選択できます。
  • 入力時チェック: エンドユーザーの入力時に、スペルミスに赤い波線を表示して強調表示します。エンドユーザーはスペルミスを右クリックしてメニューを表示し、無視するか、辞書へ追加するか、修正候補を選択してスペルミスを自動修正するかを選択します。

元に戻す/やり直しのサポート

RichTextBoxで変更した内容を、ボタンクリックで簡単に元に戻したりやり直したりすることができます。

クリップボードのサポート

C1RichTextBoxはクリップボードの切り取り、コピー、貼り付けを完全にサポートします。

リッチなDOM

RichTextBoxのリッチなドキュメントオブジェクトモデル(DOM)は、WPFのDocumentクラスにならって作られ、画像、リスト、ハイパーリンク、境界線、背景色と前景色などをサポートします。リッチなDOMを使用して、コードビハインドでドキュメントを作成および編集することができます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション