標準のウィンドウをWindows for WPFに置き換えて使用できます。パフォーマンスと使いやすさが強化されたウィンドウは、ダイアログウィンドウやフローティングウィンドウとしてコンテンツを表示します。

モーダル/モードレスダイアログウィンドウの作成

モーダルおよびモードレスダイアログウィンドウをサポートします。ダイアログウィンドウが表示されている間に、ユーザーが他のウィンドウで操作を続行できるかどうかを指定できます。

ウィンドウオブジェクトを個々のXAMLファイルに定義可能

C1Windowオブジェクトはページの子要素ではないため、C1Windowオブジェクトをルート要素として設定し、個々のXAMLファイルに定義できます。

ウィンドウのサイズの変更

ユーザーがウィンドウのサイズを変更可能かどうか簡単に設定できます。また、ウィンドウのサイズが小さくなった場合、コンテンツをすべて表示するために、スクロールバーが自動的に追加されます。

ウィンドウの表示状態の設定

ウィンドウを最小化したり、元のサイズに戻したりなど、現在の表示状態を設定できます。また、ウィンドウの最大化を無効にすることもできます。

ウィンドウへのコンテンツの追加

C1Windowを使用して、ウィンドウオブジェクトを容易に作成、管理できます。また、Microsoft Expression BlendでXAMLファイルを編集し、ウィンドウに任意の要素を追加できます。

XBAPのサポート

Windows for WPFは、Web向けに構築されたWPFアプリケーションであるXBAPをサポートします。モーダルとモードレスの両方のウィンドウを使用できます。

ClearStyleにより簡単に色を変更

C1Windowは、ClearStyle技術をサポートしており、テンプレートを変更しなくても、コントロールのブラシを用意に変更できます。Visual Studioでいくつかのブラシプロパティを設定するだけで、素早くコントロールの各パーツのスタイルを設定できます。

WPF で利用可能なコントロール

ComponentOne Studio for WPF コントロール一覧

このコンポーネントを利用可能なサブスクリプション