Benefits

特長

DioDocs for PDFはC#およびVB.NETのコードからAPIを利用してPDFファイルを作成・編集できます。クロスプラットフォームで動作する.NETアプリケーション開発において、PDFファイルの操作を実装できるAPIライブラリです。

PDF用の包括的なAPI

PDFバージョン「1.7」に準拠したAPIを提供します。レイアウトや機能を損なうことなく、豊富な機能を備えたPDF文書を作成、編集、読み込み、保存できます。

100を超えるPDF操作機能

ページの追加や削除、ページサイズ、向きの変更だけでなく、ファイルの圧縮、Webに最適化したPDFの生成など高度な機能もAPI操作で実現します。また、署名からセキュリティ機能まで様々な機能を含んだPDFフォームを作成可能です。

完全なテキスト描画

PDF文書にテキストの描画情報が保持されます。テキストと段落の書式、特殊文字、複数の言語、縦書き、テキスト角度などが保持されるので、完全な形でテキスト描画を再現できます。

高速、軽量アーキテクチャ

軽量APIアーキテクチャでメモリと時間を節約できます。また、Adobe Acrobatなどのソフトウェアやツールに依存せずPDF文書を作成・編集可能です。

.NET Standard 2.0以上に準拠

.NET Core、.NET Framework、Xamarinで動作する.NETアプリケーションを開発できます。Windows、macOS、Linuxなどクロスプラットフォーム環境で動作可能です。

クラウドアプリケーション展開

Azure、AWS、GCPなどのパブリッククラウドに配置する.NETアプリケーションの開発で利用可能です。仮想マシン、コンテナ、サーバーレスなどの方法で配置できます。

主な機能

PDFファイルの入出力

PDFファイルの入出力

PDFファイルを読み込んでテキストやシェイプ、注釈などのコンテンツを追加できます。定型文書の加工や、スキャンで取り込んだ画像への内容追加など、既存PDFファイルを操作し、更新した内容で保存可能です。

デモを試す
ページの結合、抽出、分割、移動

ページの結合、抽出、分割、移動

複数のPDF文書を1つの文書に結合、または1つのPDF文書を複数の文書に分割できます。PDF文書内またはPDF文書をまたいでページをコピーしたり移動する事も可能です。

デモを試す
テキストのレイアウト

テキストのレイアウト

余白、マージン、段組み、ワードラップ、画像の周囲にテキストを回り込ませるなど、さまざまなレイアウト表現が可能です。

デモを試す
日本語の縦書きに対応

日本語の縦書きに対応

日本語のPDF文書には縦書き対応が欠かせません。縦書きテキストを描画する機能はもちろん、縦書きに横書き文字が混在した場合にも適切に処理する「縦中横 (Tate Chu Yoko)」にも対応しています。

デモを試す
デジタル署名

デジタル署名

デジタル署名を適用するセキュアなPDF文書を生成できます。認証機関から取得したデジタルIDで署名したPDF文書を作成することで、企業間の機密取引などでも利用できます。また、サインや印影などの画像に結び付けて表現することも可能です。

デモを試す
PDFフォーム

PDFフォーム

PDF文書を入力フォームとして利用するための各種フィールドを配置できます。テキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタン、リストやコンボボックスそしてボタンなどのUI要素を利用したPDFフォームの作成に利用可能です。

デモを試す

DioDocs for PDFで操作可能なPDFの機能

各機能をデモで確認できます。機能概要とC#、VB.NETのコードで解説しPDFファイルを作成、編集するサンプルです。

無料ですべての機能をお試しいただけます

今すぐダウンロードして試す

安心と信頼のサポート体制

安心の充実サポート
サポートサービス満足度

技術サポート利用者アンケートより(2016年1月〜2018年12月実施分)

  • 選ばれ続けて30年

    コンポーネントベンダーとして培われた30年の販売実績とサポート経験をもとに、高品質なサービスをご提供します。

  • 豊富なドキュメント

    ヘルプやデモに加え、ナレッジベースでは最新の製品情報をご確認いただけます。

  • E-mailサポート

    開発時に課題が発生した際もご安心ください。
    サブスクリプションをご契約中のお客様は、E-mailによる技術サポートをご利用いただけます。

カスタマーサービス部のインタビュー記事を見る

導入事例

株式会社三井住友銀行

株式会社三井住友銀行

DioDocsの導入でExcel帳票の作成を自動化。業務効率化とリスク軽減を実現

詳しく見る