NuGetパッケージ/リリースノート

更新履歴はNuGetパッケージのページを参照してください。

SP1(2020/5/20)

DioDocs for Excel

図形のテキストの位置

図形の内部に表示されるテキストの位置をITextFrame.HorizontalAnchor、ITextFrame.VerticalAnchorで設定できるようになります。

デモを試す

図形のテキストの位置

図形のグラデーションの種類とスタイル

図形をグラデーションで塗りつぶす際に、グラデーションの種類とスタイルをIFillFormat.GradientPathTypeとIFillFormat.TwoColorGradientで設定できるようになります。

デモを試す

図形のグラデーションの種類とスタイル

セルの範囲を指定して画像を追加

画像を追加する際に、指定されたセルの位置とサイズをGetRangeBoundaryで取得できるようになります。

デモを試す

セルの範囲を指定して画像を追加

チャート、図形、画像に名前でアクセス

チャート、図形、画像に名前を設定して、コードから名前を指定して各プロパティを変更できるようになります。

デモを試す

チャート、図形、画像に名前でアクセス

チャートのラベル角度

チャートのタイトル、軸ラベル、データラベルにおけるテキストの角度を設定できるようになります。

チャートのテキスト角度

チャートの誤差範囲

チャートの誤差範囲の表示とカスタマイズができるようになります。

デモを試す

チャートの誤差範囲

元年の表示書式

Excel(バージョン 1909)で提供された元年の表示書式 [$-ja-JP-x-gannen] を設定できるようになります。PDFに出力する際にも設定を保ったままで表示されます。

元年の表示書式

チャートテンプレート

チャートのデータソースとなるテンプレートセルとバインドして、データに合わせて動的にチャートを作成できるようになります。

デモを試す

テンプレート
チャートテンプレート(テンプレート)

実行結果
チャートテンプレート(結果)

画像データのバインド

テンプレートセルで画像データとバインドしてセルに画像を表示できるようになります。

デモを試す

画像データとのバインド

条件付き書式のサポート

テンプレートセルで条件付き書式を設定できるようになります。

デモを試す

テンプレート
条件付き書式のサポート(テンプレート)

実行結果
条件付き書式のサポート(結果)

数式のエクスポート

テンプレートセルで設定した数式をExcelファイルにエクスポートできるようになります。

デモを試す

数式のエクスポート

グローバル設定

テンプレートの動作をカスタマイズするプロパティを設定できるようになります。

  • TemplateOptions.InsertMode

    行の高さと列の幅をテンプレート全体で同じに保つかどうかを指定します。

    デモを試す

  • TemplateOptions.KeepLineSize

    テンプレートを展開する際に余分なスペースが必要になったときに、追加のセルを挿入するか、行と列全体を挿入するかを指定します。

    デモを試す

SpreadJSとの互換性を強化

V3J SP1では以下の機能が追加されます。

PDF出力を強化

V3J SP1では以下の機能が追加されます。

  • 背景画像の設定

    ワークシートのPDF出力時に背景の画像を設定できるようになります。

    デモを試す

  • 改ページ情報の取得

    ワークシートの改ページ位置を取得できるようになります。

    デモを試す

  • セル背景色の透過

    ワークシートのセル背景色を透過に設定できるようになります。

    デモを試す

  • ページサイズに合わせて用紙を選択

    PDF印刷プリセットの「ページサイズに合わせて用紙を選択」を設定できるようになります。

    デモを試す

  • 対応グラフの追加

    サンバーストとツリーマップに対応します。

    デモを試す

DioDocs for PDF

リダクションの強化

墨消しを設定している領域のデータをPDFから削除できるようになります。

デモを試す

リダクションの強化

TIFFの圧縮オプション

SaveAsTiffでPDFをTIFFとして保存する際の圧縮オプションを、TiffFrameSettings.Compressionで設定できるようになります。

PDFセキュリティの強化

「内容のコピー」と「アクセシビリティのための内容の抽出」を、StandardSecurityHandlerRev3.CopyContentとStandardSecurityHandlerRev3.CopyContentAccessibilityでそれぞれ個別に設定できるようになります。

署名の抽出

Signature.ContentでPDFに追加されている署名を抽出できるようになります。署名の情報を抽出してその情報が有効かどうかを確認できます。