NuGetパッケージ/リリースノート

更新履歴はNuGetパッケージのページを参照してください。

SP1(2021/5/26)

DioDocs for Excel

数式を構文木(Syntax Tree)に解析

セルに設定されている数式を構文木に解析することで、数式の解析や修正、作成が可能になります。

デモを試す

数式を構文木(Syntax Tree)に解析

数式を値に置き換えてExcelファイルへ出力

XlsxSaveOptions.IgnoreFormulasプロパティを設定して、Excelファイルへ出力する際に数式のセルは値のセルとして保存できます。

デモを試す

数式を値に置き換えてExcelファイルへ出力

JSONをロードする新しいオーバーロードメソッド

Workbook.OpenメソッドでJSONファイルをインポートできるようになります。インポートする際にDeserializationOptionsを使用してオプションを設定することも可能です。

デモを試す

JSONをロードする新しいオーバーロードメソッド

PDFを開く際の動作を設定

PDFを出力する際にOpenActionScriptプロパティでJavaScriptのコードを設定することで、PDFを開いた際に特定のアクションを実行することができるようになります。

製品ヘルプを見る

テンプレート構文の強化(パフォーマンスの改善)

ProcessTemplateメソッドによる処理が改善され、テンプレート構文を利用したExcelファイルの生成がこれまで以上に高速になります。

SpreadJSとの互換性強化(セルの値にカスタムオブジェクトを適用)

SpreadJSとの相互運用性が強化されます。チェックボックスリストやラジオボタンリスト型のセルにカスタムオブジェクトを適用することで、複数の選択肢を選択できるようになります。この結果はPDFへ出力した場合のみ表示されます。

チェックボックスのデモを試す

ラジオボタンのデモを試す

SpreadJSとの互換性強化(要素ごとにJSONのインポートとエクスポート)

FromJsonとToJsonメソッドを使用して、ワークブックの以下の要素に個別にJSONの入力と出力ができるようになります。

  • スタイル(IStyle)
  • 範囲(IRange)
  • 入力規則(IValidation)
  • テーブル(ITable)
  • スパークライン(ISparklineGroup、ISparkline)
  • 条件付き書式(IFormatConditions)
  • 図形/グラフ/画像(Ishape)
  • スライサー(ISlicer)
  • コメント(IComment)
  • 定義された名前(IName)
  • ページ設定(PageSetup)
  • 保護設定(ProtectionSettings)

デモを試す

SpreadJSとの互換性強化(JSONのインポートとエクスポート)

以下のSpreadJSのプロパティおよびメソッドのJSONインポートとエクスポートに対応します。

  • numbersFitMode(日付または数値のデータ幅が列幅よりも長い場合の表示モードを指定)
  • iterativeCalculation(反復計算を有効にするかどうかを指定)
  • iterativeCalculationMaximumIterations(反復計算時の最大反復を指定)
  • iterativeCalculationMaximumChange(反復計算時の最大変更を指定)
  • scrollbarAppearance(skinとmobileの2つの列挙型を含むスクロールバーの外観を指定)
  • selectionMode(自動マージの選択モード)
  • HyperlinkTargetType(ハイパーリンクが設定されたドキュメントを開く方法を指定)
  • showFormulas(値の代わりに数式を表示するかどうかを指定)
  • allowAutoExpand(テーブルの自動拡張を有効にするかどうかを指定)
  • alt(図形、グラフ、画像の代替テキストを設定)
  • ignoreHidden(グラフが非表示の行と列のデータを表示する方法を指定)
  • displayNaAsBlank(グラフにて#N/Aセルを空白セルとして表示するかどうかを指定)
  • allowRotate(図形、グラフ、画像の回転を無効にするかどうかを指定)
  • showHandle(図形、グラフ、画像のハンドルを表示するかどうかを指定)

DioDocs for PDF

タグを利用したデータの抽出

タグ付きPDFのタグ(ツリー構造)を取得・解析してデータを抽出できるようになります。

デモを試す

タグを利用したデータの抽出

Type 1フォントのサポート

Type 1フォントを使用しているPDFドキュメントを画像に出力する際に正しくレンダリングされるように改善されます。

デモを試す

Type 1フォントのサポート

DioDocs for PDF(PDFビューワ)

グラフィカルな署名の追加

ビューワの注釈エディタのツールバーに追加される「署名を追加」を使用してPDFドキュメントへグラフィカルな署名を追加できるようになります。この署名は手書き、テキスト、画像から作成でき、作成後はスタンプ注釈として保存されます。

デモを試す

グラフィカルな署名の追加

スタンプ注釈の追加

ビューワの注釈エディタのツールバーに追加される「スタンプ注釈を追加」を使用してPDFドキュメントに画像を追加することができるようになります。

デモを試す

スタンプ注釈の追加

リンク注釈の追加

ビューワの注釈エディタのツールバーに追加される「リンク注釈を追加」を使用してPDFドキュメントにリンクテキストを追加することができるようになります。

デモを試す

リンク注釈の追加

タッチデバイスへの対応強化

タッチデバイスでビューワを使用する際のサポートを改善しました。iPhoneやiPad、その他のタッチデバイスで指やペン、スタイラスを使用して注釈とフォームフィールドの追加や編集、入力が実施できるようになります。

デモを試す

各種カスタマイズ機能の追加

以下のようなビューワのカスタマイズができるようになります。

  • SVGアイコンを使ったカスタムツールバーボタンの作成
  • サイドバーのカスタマイズ
    • サイドバーボタンの表示/非表示を切り替え
    • サイドバーボタンの順番の変更
    • カスタムサイドバーパネルの作成
  • CSSスタイルによるテーマ変更
  • 任意の言語でのローカライズ
  • 編集モードのフォームフィールドをロック
  • フォームフィールドのカスタム検証

デモを試す