2012年12月5日より販売を開始いたしました住所検索ライブラリ「JPAddress for .NET」の日本郵便の郵便番号データを反映し、常に最新の住所情報を利用できる定期更新サービス「JPAddress 辞書更新サービス(以下、「有償サービス」という)」を、以下の利用停止日を持ちまして提供終了させていただくことになりました。これに伴い、2021年5月末日を持ちまして新規/継続のご利用お申込みを終了いたします。有償サービスをご検討中およびご契約中のお客様には、大変ご迷惑とご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

提供終了する有償サービス

  • 辞書更新データを手動ダウンロードできるサービス(以下、「手動更新」という)
  • 辞書更新データを自動更新するサービス(以下、「自動更新」という)

※「InputMan」開発ライセンスのプロダクトキーでご利用いただける辞書更新サービスサーバーへの初回アクセスから90日間のテストサービス(以下、「テスト更新」という)も手動更新と同じ利用停止日で終了いたします。

利用停止日(有償サービス廃止日)

  • 手動更新/テスト更新:2021年7月末日
  • 自動更新:2026年3月末日

上記いずれも利用停止日の当日12:00をもって運用サーバーを停止し、有償サービスを終了します。

新規/継続利用の申し込みを終了する有償サービス

サービス種別クライアント数有効期間価格(10%税込)
辞書更新サービス10クライアント1年間49,500円
25クライアント1年間82,500円
50クライアント1年間115,500円
100クライアント1年間165,000円
500クライアント1年間330,000円

※ 501クライアント以上/1年間の配布無制限(いずれも要相談)も最終申し込み日をもって販売終了します。

最終申し込み日について

2021年5月31日(月)12:00まで新規/継続利用のお申し込みを受け付けています。以降はいかなるご理由でもお申込みいただけません。最終申し込み日までにお申し込みいただいた場合、弊社が定める利用停止日まで有償サービスの範囲をご利用いただけます。

【重要なご案内】JPAddress 辞書更新サービスご契約中のお客様について

2021年5月末日時点で有償サービスの申し込みが成立、またはご契約中でかつ自動更新のご利用に必要な認証IDをお持ちのお客様は、契約終了日の1年間が過ぎても「JPAddress 辞書更新サービス利用規約」に従い継続して自動更新を2026年3月末日までの期間ご利用いただけます。2026年4月以降は自動更新の運用サーバーを停止いたしますので、それまでの間に弊社にて推奨する代替手段(以下、「新機能」という)にて移行をご検討くださいますようお願い申し上げます。

  • 「InputManPlus」シリーズに収録される「JPAddress for .NET」の最新バージョンをご利用中のお客様
    下記「代替手段について」のご案内と同じ方法にて移行できます。
  • 「JPAddress for .NET(2012年12月発売)」旧バージョンをご利用中のお客様
    下記「代替手段について」の手動更新はご利用いただけます。自動更新をご利用いただく場合には、最新バージョンへのバージョンアップをご検討くださいますようお願い申し上げます。

「InputManPlus」「MultiRowPlus」シリーズをご利用中のお客様について

  • InputManPlus for Windows Forms
  • InputManPlus for ASP.NET
  • InputManPlus for WPF
  • MultiRowPlus for Windows Forms

※ 「MultiRowPlus」はJPAddress for .NETとの連携コントロールが含まれ「InputManPlus」シリーズおよび「JPAddress for .NET」と連携をすることで辞書更新サービスのご利用が可能です。単体製品として新機能をご利用いただけません。

「JPAddress for .NET」の最新バージョンが含まれる「InputManPlus」シリーズや、「MultiRowPlus」の連携コントロールをご利用中のお客様については、これまで辞書ファイル更新のために、JPAddress辞書更新サービスを利用されたことがなくても、新機能によりJPAddress辞書更新サービスと同等の機能をご利用いただけるようになります。

代替手段について

有償サービスで提供している「手動更新」と「自動更新」に代わる新機能を「InputManPlus」シリーズの修正版にてご提供いたします。.NET製品の修正版は、対象製品をご利用中のお客様であれば、保守サービス契約有無にかかわらず、アップデート版より入手いただけます。

手動更新

2021年5月14日より「JPAddress辞書ファイル作成ツール(以下、「本ツール」という)」の提供を開始します。本ツールを利用することで最新の辞書ファイルを自分で作成することができます。本ツールはアップデート版より入手可能です。詳しい手順・使い方は、ダウンロードしたファイルに含まれるReadMeをご確認ください。

自動更新

「InputManPlus」のサービスパックとして、自動更新を独自に構築・運用できる機能を提供します。このサービスパックを適用することにより、サーバーやネットワークフォルダに配置した辞書ファイルを、JPAddressのUpdate/UpdateAsyncメソッドを使用して自動更新できるようになります。本ツールと組み合わせることで、ご自身の自動更新サービスにおいて定期的に辞書ファイルを更新することが可能です。本ツールはアップデート版より入手可能です。

本件についてのお問合せ窓口

グレープシティ株式会社
ツール事業部 営業部
電話番号050-5490-4661(月~金 10:00~12:00/13:30~17:00)
メールアドレスsales@grapecity.com

情報の公開日

2021年5月14日(金)

※ 2021年7月末日の手動更新の利用停止に伴い、JPAddress辞書更新サービス利用規約 第14条「本サービスの廃止」に則し60日前を公開日とする。