いつでも最新の郵便番号データを使える安心をお届け

郵便番号から住所が自動入力されるしくみ

日本国内の住所情報は郵便番号で管理され、郵便番号データは日本郵便株式会社が定期的にメンテナンスしています。パッケージソフトや業務システムに搭載されている機能に郵便番号を入力すると、住所が自動的に補完されたり、住所から郵便番号を検索できたりするものがありますが、これらも郵便番号データがもとになっています。具体的には、ソフトウェアメーカーやシステム開発企業が郵便番号データをもとにした「郵便番号辞書」などとよばれるデータベースを別途作成してソフトウェアから参照させ、機能を実現しています。

郵便番号が変わったのにウチの業務システムでは古い住所のまま

住所情報は市区町村の再編や行政区域の変更、土地開発などで頻繁に変更されます。こうした変更は速やかに郵便番号データに反映され、毎月更新されています。しかし、業務システムの郵便番号辞書にいつでも最新情報が反映されているとは限りません。システムを保守管理している部門で辞書を作り直し、差し替える作業が発生するからです。そのため、更新頻度もそれぞれのシステムの運用状況によって異なります。住所情報が古いままだと業務フローに影響をおよぼす可能性がないとは言えません。たとえば、商品の誤配や遅配、住所全体の再入力が増えることによる別のミスの誘発などを引き起こします。

いつでも最新の住所情報を提供する「JPAddress 辞書更新サービス」

「JPAddress 辞書更新サービス」はパッケージソフトや業務システムの郵便番号辞書を自動更新する定額制のサービスです。グレープシティ製品「InputMan」の機能「JPAddress」を使って開発したソフトウェアであれば、ソフトウェアが自動的に辞書を最新の郵便番号データに更新します。「もしかしたら住所情報が古いかも?」という業務部門の不安を解消するとともに、システム開発を行う企業にとっては、更新のたびに郵便番号辞書を作り直したり、クライアントマシンに配布したりする手間をゼロにできます。サービスの利用料金は年額48,600円から(パソコンの台数などにより異なります)。月額にすると4,050円というリーズナブルな価格でいつでも最新の住所情報を使える安心を提供します。

「JPAddress 辞書更新サービス」を利用したい

「JPAddress 辞書更新サービス」は「JPAddress」の機能を業務システムに組み込み、JPAddress辞書更新サービスをお申し込みいただくことで利用できます。システムが .NETテクノロジーベースであればデスクトップアプリケーション(Windows Forms、WPF)や、Webアプリケーション(ASP.NET Web Forms)で利用可能です。コンポーネントの組み込みはシステムを開発した企業や保守を担当する部門で簡単に行えます。

「JPAddress 辞書更新サービス」のメリット

JPAddressが組み込まれたシステムは、JPAddress固有の郵便番号辞書を内部に保有しています。更新時にはシステムがインターネットを通じてグレープシティのサーバーから新しい辞書を自動的にダウンロードし、古いものと差し替えます。更新のタイミングは、JPAddressを組み込む際に自由に設定できるので、毎月同じ日に更新したり、システムを起動する際に更新したり、業務フローに合わせて任意に決められます。自動更新ではなく、手動で郵便辞書をダウンロードしソフトウェアに適用することも可能です。ただし、料金は自動手動とも同じです。

JPAddress for .NETの郵便番号辞書は、日本郵便株式会社の「郵便番号データ」の更新から15日間以内に提供されますので、常に最新の住所情報を利用できます。

JPAddress 辞書更新サービス 料金プラン

JPAddress 辞書更新サービスの利用料金は1年間の定額制です。郵便番号辞書を配布するクライアントマシンの台数によって変わる段階的なプランを用意していますので、運用環境に合わせた適切な料金でサービスをご利用いただけます。
また、運用開始前にテストを行いたい場合は開発ライセンスのプロダクトキーで90日間辞書更新サービスをお試しいただけます。

サービス種別クライアント数有効期間価格(8%税込)
辞書更新サービス10クライアント1年間48,600円
25クライアント1年間81,000円
50クライアント1年間113,400円
100クライアント1年間162,000円
500クライアント1年間324,000円

※501クライアント以上の価格詳細につきましては、弊社営業部までお問合せください。

ご利用までの流れ

JPAddress 辞書更新サービス(以下、本サービスといいます)はグレープシティへのお申し込みによりご利用いただける有償のサービスです。本サービスのご利用期間は12ヶ月間です。初年度のご利用期間はサービスの開始月を含む13ヶ月後の月末までとなります。本サービスを継続してご利用する場合は、有効期間内に更新のお手続きが必要です。

辞書更新サービスのお申込み方法

JPAddress 辞書更新サービスをお申込みの際には、見積書と申込書を発行いたしますので、開発ライセンスの製品番号(英字4桁-数字6桁)をご用意の上、弊社営業部までお問い合わせください。

本サービスをお申し込みいただいたお客様には、通知書にてお客様の認証ID(※1)と辞書ファイルダウンロードURL(※2)を郵送します。
※1 認証IDとは、辞書ファイルのダウンロードするために必要な認証のためのキーです。
※2 辞書ファイルダウンロードURLとは、辞書更新サービスサーバーから辞書ファイルをダウンロードするためのURLです。

サービスの利用開始にあたって

本サービスは、前述の認証IDによりご利用いただけます。
辞書ファイルの自動更新機能を利用する際、および辞書更新サービスサーバーから手動にて直接辞書ファイルをダウンロードする際の両方でこの認証IDを使用します。

  • 自動更新でご利用いただく場合
    認証IDは、アプリケーションに実装された辞書の更新メソッドへの組み込みが必要です。
    認証IDの組み込み方法については、ご利用のアプリケーションの開発元にお問い合わせください。
  • 辞書ファイルを手動でダウンロードする場合
    手動でWebサイトからダウンロードする場合は、ログイン時のIDの代わりとしてご利用いただけます。証書に記載されたURLにアクセスし認証IDを入力の上、最新の辞書ファイルをダウンロードしてください。
    ダウンロードした辞書ファイルは、配布先のコンピュータの所定の位置にコピーします。

サービス利用の継続方法

本サービスを継続してご利用になる場合は、有効期間内にサービスの更新を下記までお申し出ください。
サービスを更新する場合、認証IDはそのままご利用いただけます。

サービスのテストについて

アプリケーションの開発時やメンテナンス時のテストでは、「InputMan」の開発ライセンスに、無償で1回分付属するテストサービス(※)をご利用ください。製品のプロダクトキーを認証IDの代わりに利用することができますので、サービスのお申し込みは不要です。
なお、付属するテストサービスでは期間が不足する場合や、ご利用後に再度テストが必要な場合は、サービスをお申し込みください。
※辞書更新サービスサーバーへ初めてアクセスした日から90日間利用可能で、辞書ファイルのダウンロード回数が「100ダウンロード/1日」に制限されています。

お申込み・お問い合わせ

製品・サービスに関するご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問合せください。

グレープシティ株式会社 ツール事業部 営業部

JPAddressの詳細および必要システムは製品情報ページをご覧ください。

InputManPlus for Windows Forms
InputManPlus for ASP.NET
InputManPlus for WPF