Benefits

特長

InputManJSは、テキスト、マスク、日付時刻、数値、コンボなど用途別に最適化された入力用コントロールを収録したJavaScript製品です。Webアプリケーションにおけるストレスフリーのきめ細かい入力フォームを開発できます。

他の対応プラットフォームを見る

高速・軽量

すべてのコントロールがパフォーマンスとファイルサイズの観点から最適化されています。ページ上に多数のコントロールが存在しても、軽量かつ高速な操作性を提供します。

用途に応じた入力

テキスト、日付時刻、数値、マスク、コンボなど用途別に機能を最適化したコントロールを提供し、エンドユーザーに快適で正確な入力を促します。

日本仕様

日本生まれのInputManシリーズの機能を継承したInputManJSは、日本市場のあらゆる入力シーンを想定して設計され、和暦、漢数字、ふりがな取得など多くの日本固有の入力機能を備えます。

タッチ対応

タッチキーボードでの入力のほか、タッチ操作によるスピン、ドロップダウン、スクロール、文字選択、コンテキストメニューの表示といった基本操作に対応しています。 さらに、タッチ操作専用のツールバーも搭載します。

人気フレームワークへの対応

InputManJSのコントロールは、AngularJS/Angularのディレクティブを備えReactやVue.jsといった人気のJavaScriptフレームワークにも対応します。また、TypeScriptを使用した開発も可能です。

マルチブラウザ・マルチデバイス対応

クライアントサイドで動作するInputManJSは、WindowsやLinux、iOSのいずれのOSでも動作し、デバイスによらずHTML5に対応するほとんどのブラウザで使用可能です。

データ型や入力用途に合わせたコントロール

InputManJSは特定文字種、日付、数値、定型書式などの、さまざまな入力用途に適したコントロールを備えます。テキストやマスク、日付時刻、数値、コンボといった入力コントロールと、和暦、祝日表示に対応したカレンダーコントロールや、複数列や画像も表示できるリストコントロールを提供します。

実行時にはエンドユーザーがわかりやすいように区切り文字や通貨記号などのリテラル文字を表示できますが、開発者はリテラル文字を除いたデータを簡単に取得できます。また、入力時と表示時で異なった書式を定義できるほか、書式に応じた文字種への自動変換などエンドユーザーの入力を手助けする数々の機能を用意しています。

日本特有の表現に対応

和暦や漢数字表記

西暦で入力した日付を和暦で表示ことが可能です。和暦は「元年」表示や年号をカスタマイズできるため、年号の改訂にも柔軟に対応できます。また、アラビア数字で入力した数値を漢数字で表示といった表現もできます。

日本語の入力制御

半角・全角、ひらがな・カタカナなど日本語にマッチしたフィルタ機能と文字種の自動変換機能を備えています。たとえば半角の英数字やカタカナを全角に自動変換したり、半角カタカナを入力禁止に設定したりすることが可能です。また、文字化けの可能性がある環境依存文字やサロゲートペアの入力規制、あるいはバイト単位での文字数制御など、文字種の多い日本語でのデータ入力を強力に支援します。

ふりがな取得

漢字交じりのテキストを入力した際に、そのふりがなを取得する機能を提供します。ふりがなの形式は、全角ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナに対応。アルファベットのふりがなをひらがなやカタカナで取得することも可能です。

快適な入力操作

フォーカス遷移

矢印キーやEnterキーでコントロール間のフォーカスを移動したり、入力完了時に次のコントロールへ自動的にフォーカス遷移する機能を搭載します。これにより、エンドユーザーがフォーカス移動を行うための操作を削減し、ストレスフリーの入力を提供できます。

スピン機能

日付時刻、数値、マスク、コンボコントロールでは、値を増減するスピンボタンを表示することができます。上下矢印キーでのスピン動作の有効/無効やスピンボタンによる値の増減量を指定できます。

未入力時の代替テキスト

値が入力されてないとき、ウォーターマークを表示できます。数値コントロールでは、ゼロとNull値で異なるメッセージを表示することも可能。さらに日付時刻コントロールでは、和暦で表示できない日付が入力された際の代替テキストも表示できます。

入力検証とエラー通知

多様な検証条件に対応

検証コントロールを使って、InputManJSコントロールへの入力検証を実施できます。検証のタイミングは、入力中やフォーカス移動時、もしくは開発者による任意のタイミングを設定可能です。また検証ルールには空欄チェックや入力値の範囲チェックなどのほか、独自の検証ロジックを設定することもできます。

視認性に優れたエラー通知

入力データの検証結果をグラフィカルなUIで通知できます。メッセージ付きのツールチップによる通知やアイコン表示のほか、チェック結果に応じたコントロール状態の設定も可能です。

目的別に入力を補助する多彩なドロップダウン

コンボ

コンボコントロールのドロップダウンリストには高度なカスタマイズ機能が搭載されており、アプリケーションの要件に応じた様々なリスト表示を行うことが可能です。複数列やリストヘッダーの表示、またテンプレート機能を利用することで画像表示やリストアイテムのレイアウト変更にも対応します。

カレンダーと日付時刻ピッカー

日付時刻コントロールには、視認性や操作性を高めて入力をサポートするドロップダウンのカレンダーと日付時刻ピッカーが搭載されています。

ドロップダウンカレンダーでは和暦や複数月の表示、休日や祝日の表示スタイル変更などが可能です。また、見やすいUIで日付と時刻を選択できる日付時刻ピッカーは、タッチでのスワイプ操作にも対応しています。要件に応じて使い分けていただくことで、ユーザーに快適な入力体験を提供できます。

数値パッド

数値コントロールでは数値パッドのドロップダウン表示が可能です。タッチによる入力にも対応しており、モバイル環境でもストレスフリーな入力を実現します。

ドロップダウンプラグイン

InputManJSのコントロールをテキスト表示部、お使いのJavaScriptライブラリやHTML要素をドロップダウン部として、自由なドロップダウン付きコントロールを実現することができる「ドロップダウンプラグイン」を搭載しています。

ドロップダウン部での様々なデータ表現はもちろんのこと、テキスト表示部でGcTextBoxコントロールやGcMaskコントロールの機能を活用にすることにより、直接入力したデータやドロップダウンで選択したデータを文字種制限したり書式設定したりして表示することが可能です。

タッチ操作のサポート

InputManJSはマルチタッチ機能に対応しています。タッチ操作によるスピン、ドロップダウン、スクロール、文字選択、コンテキストメニューの表示といった基本操作のほか、タッチ操作専用のツールバーが用意されておりタッチ環境においても入力操作を支援します。

収録コントロール

テキスト

高度な入力制御を実現する文字列入力コントロールです。入力文字種の制限や入力データのふりがな取得、特定文字種へのオートコンバートなどに対応しています。

デモを試す

複数行テキスト

テキストコントロールの機能に加えて複数行の入力にも対応する入力コントロールです。文字列の折り返しや入力行数の制御、スクロールバー表示などを搭載しています。

デモを試す

マスク

電話番号や郵便番号などの定型書式を正規表現を使って設定できる入力コントロールです。また、書式に設定した列挙体の項目を順次表示するスピン機能も搭載しています。

デモを試す

数値

数値入力に特化したコントロールです。ドロップダウンする数値パッドを備え、表示書式、入力時の書式として桁区切りや小数点、通貨記号、負号、漢数字などの設定が可能です。また、ゼロとNull値の区別にも対応します。

デモを試す

コンボ

高性能なコンボボックスを実現できるコントロールです。容易に項目を絞り込める自動フィルタ機能を搭載するほか、ドロップダウンリストでは複数列表示や多段の項目レイアウト、画像の表示などが可能です。

デモを試す

リスト

様々なリスト表示に特化したコントロールです。リストの複数列表示やヘッダー表示機能を搭載しています。また、テンプレート機能の活用により、リストへの画像表示やリストアイテムの多段表示なども可能です。

デモを試す

日付時刻

日付や時刻の入力に特化したコントロールです。和暦をはじめとする日本固有の表示に対応しています。またスピンボタンやドロップダウンするカレンダーやピッカーなど、視覚的な入力サポート機能も豊富に搭載しています。

デモを試す

カレンダー

豊富な機能を備えたカレンダーコントロールです。和暦や複数月の表示、休日や祝日の表示スタイル変更機能などを搭載するほか、月-日や年-月カレンダー切替、曜日や週番号クリックによる一括の日付選択などにも対応しています。

デモを試す

検証

InputManJSコントロールへの入力検証を行うコントロールです。入力中やフォーカス移動のタイミングで空欄や入力値範囲の検証を実施できます。検証のタイミングとルールは開発者が独自に設定することも可能です。

デモを試す

InputManJSデザイナ

InputManJSコントロールのプロパティやデザインをGUIで設定できるデザイナで、コーディングレスで効率的な開発を実現できます。開発環境に合わせてオンライン版とVisual Studio Code拡張機能版(Angular開発向け)のご利用が可能です。

オンライン版を試す VSCodeの拡張機能を入手する

V2Jの新機能

新搭載の「リストコントロール」と「コンボコントロール」により、Web上で多機能なリストボックスやコンボボックスを表示できるようになりました。また、「検証コントロール」や「ドロップダウンプラグイン」機能、「デザイナ」の追加により、既存コントロールを使用した開発でも、InputManJSをより便利に、効率的にお使いいただけるようになりました。

詳しく見る

デモアプリケーション

コントロール一覧

InputManJSに収録されている全てのコントロールを一覧形式でご確認いただけるデモです。

デモを試す

Wijmoとの連携

InputManJSとWijmoの連携によって実現できる様々な機能を確認できるデモです。

デモを試す

ユースケースデモ

お問い合わせフォームやSpreadJSを併用した業務システム画面などの使用例を確認できます。

デモを試す

パフォーマンス

InputManJSのコントロールを1画面に配置したときのパフォーマンスを確認できます。

デモを試す

無料ですべての機能をお試しいただけます

今すぐダウンロードして試す

必要システム

ブラウザ

ブラウザInternet Explorer 11、Microsoft Edge、Chrome、Safari 5.1以上、Firefox、 iOS(Safari、Chrome)

※ Android用ブラウザはサポートしていません。

JavaScriptフレームワーク

AngularJS
Angular〇(V2〜V7)
React
Vue.js
Knockout