Benefits

特長

InputManPlus for WPFは、きめ細かな入力支援機能を提供するコントロールです。日本の業務アプリケーションに求められるデータ入力や編集機能を実現する画面設計を支援します。

用途に応じた入力

テキスト、日付時刻、数値、マスク、コンボボックスなど用途別に機能を最適化したコントロールを提供します。

日本仕様

日本市場のあらゆる入力シーンを想定して設計され、和暦、漢数字、ふりがな取得など多くの日本固有の入力機能を備えます。

検証機能

指定文字種意外の入力無効化や、全角を半角に、ひらがなをカタカナに自動変換するオートコンバート機能を搭載しています。

入力エラー通知

アイコンやツールチップによる視覚的なエラー通知アクションをプロパティ設定だけで実現します。

リッチな入力制御

キー操作によるフォーカスの移動や未入力項目の自動補完、キーボード/マウス/タッチ操作での入力を実現し、業務画面の操作簡易化を支援します。

統一した外観デザイン

WPFで提供されるテーマに合わせたテンプレートを複数用意。画面上のInputManコントロールを統一した外観に設定できます。

データ型や入力用途に合わせたコントロール

InputManは日付、数値、定型書式などの、さまざまな用途に適した入力領域を備えた画面を開発できます。テキストやマスク、日付時刻、数値といった入力コントロールと、和暦、祝日表示に対応したカレンダーコントロールを提供します。

また、IMEの操作や入力制限機能、検証エラー通知機能、文字種の自動変換などエンドユーザーの入力を手助けする数々の機能を用意しています。

データ入力の負担を軽減

日本市場向けのアプリケーションで快適な入力ができるように設計されています。たとえば、西暦で入力した日付を和暦で表示したり、アラビア数字で入力した数値を漢数字で表示したりできます。また、入力負担を軽減するふりがなの自動取得も可能。

さらに、文字化けの可能性があるサロゲートペア文字の制御や2バイト文字に適したバイト単位での文字数制御などを備え、文字種の多い日本語でのデータ入力を強力にサポートします。

データの品質を向上

InputManの各コントロールは、指定した文字種以外の入力を無効にする機能や、全角を半角に、ひらがなをカタカナに自動変換する機能を搭載しています。入力できる文字種を適切に制御することでデータ精度を高めるだけでなく、データチェックのためのコードを大幅に削減し、プログラム全体を簡潔にできます。

例外を検出した場合にエラー通知アクションを行う検証インジケータコントロールを備え、プロパティ設定だけでアイコンやツールチップによる視覚的なエラー通知を実現します。

住所入力を支援

JPAddressを搭載

日本の業務アプリケーションに求められる「住所」に関する入力を支援するための .NET Frameworkコンポーネント「JPAddress」を搭載しています。
郵便番号から住所の取得はもちろんのこと、住所から郵便番号の検索、カスタマバーコード(郵便バーコード)用キャラクタの取得など各種の自動入力に対応しており、顧客管理や配送管理、マーケティング活動などにおける企業情報の取得など業務アプリケーションのさまざまな課題を解決します。

郵便番号から住所情報を検索できるほか大口事業所個別番号からの事業所の情報、全国地方公共団体コード(JIS X 0401)、市外局番から都道府県名や市区町村名を取得することができます。取得できる住所情報は、漢字のほかにふりがなも取得することができます。
検索された住所情報は都道府県名や市区町村名を個別に取得できるため、都道府県名が別の入力フィールドに分割されている場合などでも柔軟に対応できます。

住所や大口事業所名から郵便番号を取得できる逆引き検索も可能ですので、入力済みの住所情報から郵便番号を自動入力したい場合に活用できます。事業所名は読み仮名でも検索ができるため、完全な事業所名を入力しなくても住所情報の検索が可能です。

最新の郵便番号データで運用

JPAddressでは住所検索用のデータベースとして専用の辞書ファイルを提供しています。辞書ファイルは日本郵便から公開される郵便番号データに従い毎月最新のデータに更新しますので、常に最新の情報でシステムを運用できます。

また、郵便番号から住所の取得はもちろんのこと、住所から郵便番号の検索、カスタマバーコード(郵便バーコード)用キャラクタの取得など各種の自動入力に対応しており、顧客管理や配送管理、マーケティング活動などにおける企業情報の取得など業務アプリケーションのさまざまな課題を解決します。任意のタイミングでアップデートできる辞書の自動更新機能をメソッドとして提供します。

最新版の辞書ファイルをクライアント環境に自動でダウンロードできるため、大規模な環境で運用するアプリケーションなどで、データをコピーする手間を削減します。

※辞書ファイルの更新には、別途「JPAddress 辞書更新サービス」をお申し込みいただく必要があります。

仕様

コントロール一覧

コントロール名機能概要
入力コントロール
テキストコントロール入力可能な文字種の制限、指定文字への自動変換、複数行表示、複数行での罫線表示や表示行数の指定、省略文字、オーバーフローチップ、入力候補値、透かし表示文字
マスクコントロール正規表現を使った書式設定、ドロップダウンリストでの表示やスピンボタンでの項目選択が可能な列挙型のフィールド、入力候補値、透かし表示文字
日付コントロール和暦表示に対応した入力および表示書式、入最大値・最小値の設定、ドロップダウンカレンダーの表示、スピンボタン、入力候補値、透かし表示文字
数値コントロール3桁区切り記号、小数点、負号、通貨記号、未入力値の入力および表示書式、ドロップダウン電卓の表示、スピンボタン、入力候補値、透かし表示文字
コンボコントロール
編集可否の設定、選択可否の設定、テキストエリアのカスタマイズ、リストコントロールの機能(マルチカラム、ヘッダ表示、項目ごとのスタイルなど)を備えたドロップダウンリスト
リストコントロール
マルチカラム、自動カラム生成、ヘッダ表示、項目ごとのスタイル、ソート、チェックボックスの表示
ドロップダウン電卓コントロールキー入力およびマウス操作による四則演算、メモリ機能、エラー表示機能、計算履歴の表示/非表示の切り替え、ボタンの表示スタイル
ドロップダウンカレンダーコントロール月をまたいだ複数日付の表示、日付や曜日単位での表示スタイル、国民の祝日や企業独自の休日、選択を許可しない日付、会計年度での表示
検証インジケータコントロールアイコンとツールチップで検証エラーを通知、アイコンの表示モード、点滅速度
拡張コンポーネント
IME管理コンポーネント入力コントロールにふりがな取得機能を提供、ふりがな文字列に対する変換候補一覧、フォーカス喪失時のIME状態の保持、IME状態を条件としたトリガーの設定
ショートカットコマンドInputMan独自コマンド(フィールド間の移動、ドロップダウンウィンドウの開閉、null値の入力、値の増減など)、任意のキーへの割り当て、標準コントロールでも使用可能なフォーカス移動コマンド
書式コンバーター表示用コントロールに対しInputManの書式設定機能(和暦、漢数字、負数、正規表現による定型書式、未入力時文字列)を提供

JPAddress

検索機能

  • 郵便番号から住所情報を検索
  • 大口事業所個別番号から住所情報を検索
  • 住所から郵便番号を取得
  • 大口事業所名から郵便番号を検索

必要システム

コンポーネントの種類

WPF用コンポーネント

開発環境

開発ツール

Visual Studio 2012/2013/2015/2017 日本語版

デザインツール

Blend for Visual Studio 2012/2013/2015/2017 日本語版
(必須ではありません)

開発言語

Visual Basic、C#

OS

 32ビット(x86)64ビット(x64)
Windows 7 日本語版
Windows 8.1 日本語版
Windows 10 日本語版
Windows Server 2008 日本語版
Windows Server 2008 R2 日本語版-
Windows Server 2012 日本語版-
Windows Server 2012 R2 日本語版-
Windows Server 2016 日本語版-

運用環境

フレームワーク

.NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7/4.7.1

OS

 32ビット(x86)64ビット(x64)
Windows 7 日本語版
Windows 8.1 日本語版
Windows 10 日本語版
Windows Server 2008 日本語版
Windows Server 2008 R2 日本語版-
Windows Server 2012 日本語版-
Windows Server 2012 R2 日本語版-
Windows Server 2016 日本語版-

ライセンス体系

利用範囲ライセンス種別 ライセンスの数え方 ライセンス価格
開発ユーザーライセンス 本製品の機能を組み込んだアプリケーションを開発できます。1人の開発者(製品の利用者)につき1ライセンス必要です。 価格表
配布ランタイムライセンス本製品の機能を組み込んで開発したクライアントサイドアプリケーションを配布できます。ランタイムフリーです。

ユーザーライセンス

  • 1つのユーザーライセンスで、同一の開発者が利用するコンピュータ3台までインストールが可能です。
  • 特定の旧バージョン製品をお持ちの方を対象とした、通常よりも安価なバージョンアップライセンスをご用意しています。詳細については以下のページを参照してください。
    バージョンアップライセンスについてはこちら

保守サービス

  • ユーザーライセンスには、ご購入から1年間ご利用可能な保守サービスが無償で付属します。1年後以降も保守サービスを継続利用される場合は、有償での契約更新が必要となります。
  • 保守サービスの詳細については、以下のページを参照してください。
    保守サービスについてはこちら

よくある質問

Q. IMEモードを変更できますか?

できます。.NET FrameworkのInputMethodクラスを使用してIMEモードを切り替えることが可能です。また、GcImeManagerによりIMEモードやIMEの変換モードの切り替えに対応しています。

Q. [Enter]キーで次のコントロールにフォーカスを移動できますか?

できます。ショートカットコマンドを登録することで、[Enter]キーにフォーカス移動の機能を割り付けることができます。

Q. 表示時と入力時で異なる書式に設定できますか?

数値コントロールと日付コントロールで設定できます。西暦で入力した日付を和暦で表示したり、アラビア数字で入力した数値を漢数字で表示したりすることが可能です。

Q. 文字数ではなくバイト数で入力文字の長さを制限できますか?

できます。MaxLengthUnitプロパティで、入力文字数の最大長を文字単位とするかバイト単位にするかを切り替えることができます。JIS2004で追加されたサロゲートペア文字や結合文字を、1文字または4バイトとしてカウントすることもできます。

Q. フォーカス取得時に表示文字を選択状態にできますか?

プロパティの設定で表示文字を選択しハイライト表示することができます。選択範囲は、すべてあるいはフィールド単位かを指定することも可能です。

Q. 和暦の元号の変更に対応していますか?

新しい元号が制定された場合、修正版での対応を予定しております。
なお、InputManでは和暦の元号をApp.xamlファイルで設定できるため、お客様自身で自由にカスタマイズすることもできます。

移行情報

  • InputMan for Silverlight 1.0Jからの移行
  • 異なるプラットフォームからの移行

  • 各製品の共存について

リソース