2017年以降に発売された.NET製品には「保守サービス」が付属しております。
保守サービスをご契約中のお客様は、フリーアップグレードのお手続きを行うことで、
お持ちの開発ライセンスを最新バージョンへバージョンアップできます。

フリーアップグレードの条件

フリーアップグレードは、以下の条件をすべて満たすお客様に提供されるサービスです。

  1. アカウントの作成と対象製品のライセンス登録が行われていること。
  2. 対象製品の保守サービスが契約期間中であること。
    ※ 保守サービスの契約が終了している場合は、フリーアップグレードを行うことができません。
  3. 対象製品を最新バージョンのときに購入していること。
    ※ 旧バージョンとなった後に購入された製品には、フリーアップグレードの権利が付属しません。

お手続きの方法

最新バージョンへのバージョンアップを希望される場合は、マイアカウントにログイン後の「ライセンス情報の管理」ページにある「フリーアップグレード」ボタンから申請できます。契約期間が終了している場合には、申請ボタンは表示されません。

フリーアップグレード
別画面で「フリーアップグレード申請」のページが表示されますので、バージョンを選択し、「条件と制限」に同意の上、ご申請ください。

注意事項

  • 弊社で最新バージョンへのお手続きが完了した時点で、フリーアップグレードの対象になった旧バージョンのライセンスは無効になります。その後に旧バージョン製品を使用することはできません。
  • フリーアップグレード後に、ライセンスを元の旧バージョンへ戻すことはできません。
  • フリーアップグレード後に、既存のプロジェクトを最新バージョンでメンテナンスするには、移行ツールなどを使用したプロジェクトの移行が必要です。移行方法については、各製品の製品ヘルプから、移行に関する情報をご確認ください。
  • フリーアップグレードの手続きを行われる前に、トライアル版を試用されたうえで、最新バージョンでの動作を確認されることをお勧めいたします。

よくある質問

■1. 最新バージョンを入手できるまでにどのくらい時間がかかりますか?
ご申請から最新バージョンのご提供までには、1~3営業日程度のお時間をいただいております。

■2. フリーアップグレード後も、元の旧バージョンは使用できますか?
いいえ、使用できません。弊社で最新バージョンへのお手続きが完了した時点で、対象となった旧バージョンのライセンスは無効になります。

■3. 複数開発ライセンスを所有しています。そのうちの一部だけをフリーアップグレードできますか?
「3開発ライセンス」や「5開発ライセンス」など、複数ライセンスの商品に対してフリーアップグレードを行われた場合、すべてのライセンスが最新バージョンへバージョンアップします。一部のライセンスだけをバージョンアップすることはできません。

■4. バージョンアップライセンスをフリーアップグレードできますか?
バージョンアップライセンスとして購入された開発ライセンスも、フリーアップグレードの対象です。また、フリーアップグレード後に提供される最新バージョンは、通常の開発ライセンスですので、ライセンス認証時に旧バージョンのプロダクトキーは不要となります。

■5. コアサーバーライセンスをフリーアップグレードできますか?
コアサーバーライセンスは、フリーアップグレードの対象外です。
フリーアップグレード後の最新バージョンでサーバーアプリケーションを作成し、配布する場合、最新バージョンのコアサーバーライセンスが別途必要になります。ライセンスはバージョンごとに異なりますので、旧バージョンのコアサーバーライセンスで、最新バージョンのサーバーアプリケーションを配布することはできません。

■6. 最新バージョンより古いバージョンへフリーアップグレードできますか?
フリーアップグレードのバージョンアップ先は、常に最新バージョンのみです。たとえば、最新バージョンの一つ前のバージョンには、フリーアップグレードすることができません。
また、所有されているバージョンよりも古いバージョンへ、ダウングレード(バージョンダウン)することもできません。旧バージョン製品のライセンスを必要とされる場合は、「旧バージョン」をご覧ください。

問い合わせ窓口

ツール事業部 カスタマーサービス

営業時間こちらの案内をご覧ください。
メールアドレスsales@grapecity.com
電話番号050-5490-4662