JavaScript製品では「開発ライセンス」「配布ライセンス」をご用意しています。配布ライセンスでは、用途に合わせて本番環境用「配布ライセンス」と動作検証用「テスト配布ライセンス」のいずれかをお選びいただけます。企業単位/プロジェクト単位/部署単位での導入や特殊なアプリケーション開発でのご利用など、ご要望に応じて契約内容をカスタマイズすることも可能なので、お気軽に弊社までお問合せください。なお、「開発ライセンス」「配布ライセンス」はサブスクリプション契約となります。詳細については本ページの「サブスクリプション」をご確認ください。

対象製品
  • ActiveReportsJS
  • InputManJS
  • SpreadJS

上記以外の製品は、ライセンス体系が異なります。

Wijmoのライセンス体系を確認する

開発ライセンス

開発ライセンスでは、1人のユーザー(開発者)に対してアプリケーション開発に使用できる権利を提供します。JavaScriptのコードを直接記述する場合だけでなく、タグライブラリやデータ定義のような抽象化を通じたあらゆる方法で製品にアクセスする開発者に、必ずライセンスが必要になります。

開発ライセンスは、ライセンスを使用して開発するアプリケーションについて、テストを目的として60日間のテスト配布を許諾します。

ライセンスの譲渡、転売、貸借、貸与は、使用許諾契約書上の禁止事項に該当します。マイアカウントに登録を行った開発者本人のみが使用できます。

配布ライセンス

配布ライセンスでは、1つのプライマリドメインまたは1つのサブドメインに対してアプリケーションを配布できる権利を提供します。1配布ライセンス(ドメインライセンス)は、用途に合わせて以下のいずれかをお選びいただけます。

配布ライセンス:本番環境用(冗長構成など含む)
テスト配布ライセンス:60日間を超える動作検証用、ステージング環境用

配布ライセンスについて詳しく見る

なお、製品を以下の用途以外のために利用する場合、特別契約ライセンスとして固定料金やロイヤリティベース等の契約が必要です。

  • 同一法人内で利用するアプリケーションの開発に製品を使用する/社内システム開発を内製化する目的で製品を使用する
  • 特定の法人向けのアプリケーション開発に製品を使用する

特別契約ライセンスについて

サブスクリプション

「開発ライセンス」「配布ライセンス」にはサブスクリプション契約が付随します。契約期間や提供サービスなどの詳細は以下のとおりです。

開発ライセンス サブスクリプション

契約期間ライセンスのご購入から1年間(無償)
2年目以降の継続は契約更新が必要(有償)
ライセンス形態ユーザーライセンス
・ 1開発者につき1ライセンス必要
・ 1ライセンスにつき3台まで同時インストール可能
契約期間中の提供サービス製品のフリーアップグレード(契約期間中の最新バージョンと旧バージョンの提供)
回数無制限のテクニカルサポート(E-mail)
  • 契約終了後は以降にリリースする最新バージョンをご利用いただけません。契約期間内に入手したバージョンは永続的に利用可能です。
ご契約とサブスクリプション期間の例

2017年9月に開発ライセンスをご購入いただいた場合

サブスクリプション

サブスクリプションリニューアル

契約更新(リニューアル)は契約期間内であればいつでも次の1年を更新できますので、契約期間が満了を迎える前にお手続きください。契約満了前にお手続きすることで初期費用よりも安価な特別価格で契約更新が可能です。

サブスクリプションリニューアルを見る

配布ライセンス サブスクリプション

契約期間ライセンスキーの入手から1年間(無償)
2年目以降の継続は契約更新が必要(有償)
契約期間中の提供サービス配布ドメインの変更権
配布アプリケーションアップデート
  • アプリケーションの配布には、ご契約の配布ライセンス情報をもとに生成されたライセンスキーの入手が必要です。ライセンスキーははマイアカウントよりログインのうえ入手いただけます。
  • サブスクリプションの契約が終了しても、入手済みのライセンスキーを使用して、アプリケーションの配布は永続的に許諾されます。
  • 契約終了後、配布済みのアプリケーションに対するドメイン変更やモジュール変更が必要となった場合、再度配布ライセンスご契約が必要です。
ご契約とサブスクリプション期間の例

2017年9月に配布ライセンスをご購入いただいた場合

サブスクリプション
  • 上記は2017年9月に配布ライセンスを購入し、2018年1月に配布のためのライセンスキーを入手した場合の例です。
  • 配布ライセンスの契約期間開始日は、ライセンスキーを入手した日となります。

配布ドメインの変更権について

契約期間中は年1回までを限度として、配布済みアプリケーションの配布先ドメイン変更が許諾されます。年1回の利用がない場合、次年に持ち越されずその権利は消滅します。

配布ドメイン変更の例
  • アプリケーションをwww.grapecityA.comに配布後、www.grapecityB.comに移行する(配布時とは別のプライマリドメインにアプリケーションを移行する)
  • アプリケーションをwww.grapecity.comに配布後、www.jp.grapecity.comに移行する(サブドメインにアプリケーションを移行する)

配布アプリケーションのアップグレードについて

契約期間中は、配布済みアプリケーションに使用されている製品モジュールのアップグレードと再配布が許諾されます。

配布アプリケーションアップグレードの例
  • 配布済アプリケーションで使用されているSpread.Sheetsライブラリ(バージョン 10.xx.xx)をバージョン 11.yy.yyに更新し、再配布する
  • 配布済アプリケーションで使用されているInputManJSライブラリ(バージョン 1.x)をバージョン 2.yに更新し、再配布する

本提供サービスは、アプリケーションに使用されている製品モジュールのメジャーバージョン更新(※1)を許諾するものです。アプリケーションに使用されている製品モジュールのマイナーバージョン更新(※2)は契約終了後も可能です。

※1 ライブラリのバージョン番号、先頭二桁の変更を伴う製品モジュールの更新
※2 上記の※1以外の製品モジュール更新

特別契約ライセンス

製品を以下の用途以外のために利用する場合、特別契約ライセンスとして固定料金やロイヤリティベース等の契約が必要です。

  • 同一法人内で利用するアプリケーションの開発に製品を使用する/社内システム開発を内製化する目的で製品を使用する
    ※ 同一法人内:使用許諾契約を締結された企業内
    ※ 内製化:使用許諾契約を締結された企業が自社向けにシステムを開発する
  • 特定の法人向けのアプリケーション開発に製品を使用する

次のような利用ケースに該当する場合は特別契約が必要となりますので、営業部までお問い合わせ下さい。

例えば、

  • SaaS/ASPサービス(有償・無償問わず)として提供するアプリケーションを開発する場合
    ※ SaaS/ASPサービス:開発したアプリケーションをサーバー上に配布して、インターネットなどのネットワーク経由で第三者が使用するサービス
  • 販売(有償・無償問わず)を目的とした開発ツール(フレームワーク、SDKアプリケーション、開発プラットフォーム)を開発する場合

特別契約ライセンスについて詳しく見る

オプション契約

ライセンスのユーザー単位での導入が難しいケースでは、ご利用形態にあわせた個別契約も可能です。
企業・団体単位、プロジェクト単位、部署単位での導入や、サブスクリプションの複数年契約など個別に契約をご要望の際は、契約方法や価格についてオプション契約を用意しておりますのでお問い合わせください。

問合せ先を確認する