移行情報

MultiRow

旧バージョンからの移行「MultiRow for Windows Forms 5.0J~8.0J」

MultiRow for Windows Forms 10.0Jは、5.0J/6.0J/7.0J/8.0Jとの上位互換が保たれており、旧バージョンで作成したVisual Studioのプロジェクトは、付属の移行ツールを実行することで最新バージョンである10.0Jに移行できます。

移行手順について確認する

なお、MultiRow for Windows Forms 10.0Jと旧バージョンの機能的な違いについては、以下のPDF資料をご覧ください。

バージョン比較表を見る

旧製品からの置き換え「El Tabelle for .NET 3.0J、El Tabelle MultiRow 4.0J」

MultiRow for Windows Forms 10.0Jは、El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンとはアーキテクチャが異なります。El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンが表計算コントロールから派生しているのに対して、MultiRow for Windows Forms 10.0Jは1レコード複数行表示に対応するグリッドコントロールとして新規に設計されているため、製品間に互換性がなく、プロジェクトの移行ができません。移行ツール等も用意されていないため、移行の際には大幅な修正が必要になります。

MultiRow for Windows Forms 10.0Jでは、El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンからの置き換えをする場合には、El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンに対応する機能を使用するか、別のアプローチが必要になることがあります。El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンからの置き換えを支援するために、以下の情報を提供しています。

El Tabelle MultiRow 4.0Jの置き換えガイドを見る
El Tabelle MultiRow 4.0Jの機能比較表(zip形式)を入手する
El Tabelle MultiRow 4.0Jのメンバ対応表(zip形式)を入手する
El Tabelle MultiRow 4.0Jの比較サンプルコード集(zip形式)を入手する

El Tabelle MultiRow 4.0J以前のバージョンで作成したテンプレートファイルをMultiRow for Windows Forms 10.0Jのデザイナで読み込み可能な形式に変換するツールもご用意しています。

El Tabelle テンプレート変換ツールをダウンロードする

DenpyoMan 1.0J/1.5Jからの移行

MultiRow for Windows Forms 10.0Jは.NET Framework上に構築されておりActiveXで構築された DenpyoMan 1.0J/1.5Jとは互換性はなく、移行ツールは提供していませんが、DenpyoManと同等の機能を用意しておりますので、置き換えを検討できます。
DenpyoManの各クラスに対応するMultiRow for Windows Forms 10.0Jのクラスの対応表の資料を公開していますので、移行時の参考資料としてご利用ください。

DenpyoMan とのメンバ対応表(zip形式)を入手する

DenpyoManで作成したテンプレートファイルをMultiRow for Windows Forms 10.0Jのデザイナで読み込み可能な形式に変換するツールもご用意しています。

El Tabelle テンプレート変換ツールをダウンロードする

各製品の共存について

開発環境・運用環境ともに、以下の旧バージョンや関連製品との共存が可能です。

  • MultiRow for Windows Forms 8.0J
  • MultiRow for Windows Forms 7.0J
  • MultiRow for Windows Forms 6.0J
  • MultiRow for Windows Forms 5.0J
  • El Tabelle MultiRow 4.0J
  • El Tabelle for .NET 3.0J

MultiRow for Windows Forms 10.0Jは、同一プロジェクト内でMultiRow for Windows Forms 5.0J/6.0J/7.0J/8.0Jと併用することはできませんが、El Tabelle MultiRow 4.0Jとは名前空間が異なるため併用することができます。

CalendarGrid

旧バージョンからの移行「CalendarGrid for Windows Forms 1.0J」

CalendarGrid for Windows Forms 2.0Jは、1.0Jとの上位互換が保たれており、旧バージョンで作成したVisual Studioのプロジェクトは、付属の移行ツールを実行することで最新バージョンである2.0Jに移行できます。