このページでは、弊社製品のライセンス保有について説明しています。ソフトウェアの開発と配布にあたり、自社利用の場合はもちろん、請負契約や派遣契約等が関係する場合のライセンス保有ガイドとしてご利用ください。

ユースケース:ライセンスの保有例

間違えやすいケースを例に、第三者への請負、派遣など多様なソフトウェアの開発/配布手法において、グレープシティ製品を正しく利用するためのライセンスの持ち方について分かりやすく解説します。

A社が開発したアプリケーションを、B社へ配布する場合

A社が開発したアプリケーションを、B社へ配布する場合

対象製品

.NET製品、JavaScript製品、LEADTOOLS

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要必要
B社不要不要

A社が開発したアプリケーションを、B社が配布する場合

A社が開発したアプリケーションを、B社が配布する場合

対象製品

.NET製品、JavaScript製品

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要不要
B社必要必要

対象製品

LEADTOOLS

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要必要
B社必要必要

A社がB社に開発を請負契約、開発したアプリケーションをA社がC社へ配布する場合

A社がB社に開発を請負契約、開発したアプリケーションをA社がC社へ配布する場合

対象製品

.NET製品、JavaScript製品

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要必要
B社必要不要
C社不要不要

対象製品

LEADTOOLS

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要必要
B社必要必要
C社不要不要

A社が協力会社(B社)の開発者と共同開発(出向・派遣)し、A社がC社へ配布する場合

A社が協力会社(B社)の開発者と共同開発(出向・派遣)し、A社がC社へ配布する場合

対象製品

.NET製品、JavaScript製品、LEADTOOLS

開発ライセンス配布ライセンス
A社必要必要
B社不要不要
C社不要不要

そのほかのケース

上記のケースに当てはまらない場合は営業部へお気軽にご相談ください。

なお、製品を以下の用途以外のために利用する場合、特別契約ライセンスとして固定料金やロイヤリティベース等の契約が必要です。

  • 同一法人内で利用するアプリケーションの開発に製品を使用する/社内システム開発を内製化する目的で製品を使用する
  • 特定の法人向けのアプリケーション開発に製品を使用する
    特別契約ライセンスについて詳しく見る

問合せ窓口

ツール事業部 営業部
メールアドレスsales@grapecity.com
電話番号048-222-3001
営業時間月~金 9:00~12:00/13:00~17:30